メインメニューを開く

カロリナ・スプレムKarolina Šprem, 1984年10月25日 - )は、クロアチアヴァラジュディン出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス・ダブルスとも優勝はないが、シングルスで準優勝が3度ある。自己最高ランキングはシングルス17位、ダブルス181位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長174cm、体重61kg。

カロリナ・スプレム
Karolina Šprem
Tennis pictogram.svg
Karolina Sprem cropped.jpg
カロリナ・スプレム
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
出身地 同・ヴァラジュディン
生年月日 (1984-10-25) 1984年10月25日(35歳)
身長 174cm
体重 61kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2001年
引退年 2011年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 280勝186敗
シングルス 266勝170敗
ダブルス 14勝16敗
生涯獲得賞金 $1,298,606
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2005)
全仏 3回戦(2006)
全英 ベスト8(2004)
全米 1回戦(2003-06・08・10)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2006)
全英 1回戦(2005)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 17位(2004年10月11日)
ダブルス 182位(2006年5月8日)

来歴編集

スプレムは9歳でテニスを始め、2001年に17歳でプロに転向した。2003年5月のストラスブール国際で予選から勝ち上がり決勝に進出しシルビア・ファリナ・エリアに 3–6, 6–4, 4–6 で敗れて準優勝となった。続くウィーン大会でも予選から勝ち上がって決勝に進出しパオラ・スアレスに 6–7(0), 6–2, 4–6 で敗れ2大会連続で準優勝している。

4大大会2003年ウィンブルドン選手権で初出場。1回戦でイベタ・ベネソバを 6-2, 7-6(6) で破り初戦を突破し2回戦で森上亜希子に 3–6, 3–6 で敗れている。

スプレムは2004年ウィンブルドン選手権2回戦で第3シードのビーナス・ウィリアムズを 7–6(5), 7–6(6) で破る殊勲を挙げた。3回戦で第22シードのメガン・ショーネシー、4回戦で第21シードのマグダレナ・マレーバを破りノーシードからベスト8に進出した。準々決勝ではリンゼイ・ダベンポートに 2–6, 2–6 で敗れた。アテネ五輪にも出場し、シングルスは3回戦で杉山愛に 6–7(6), 1–6 、エレナ・コスタニッチと組んだダブルスも2回戦で杉山愛&浅越しのぶ組に 3–6, 5–7 で敗れている。

スプレムは2001年から2006年までの6年連続でフェドカップにクロアチア代表として出場した。2007年5月のBNLイタリア国際のシングルス2回戦でカテリナ・ボンダレンコに敗れた試合を最後に右肘の手術を受け10カ月間ツアーから離れた。2008年3月から復帰したが、好成績を挙げることが少なくなり4大大会でも2回戦を超えられず、シングルス・ダブルスともWTAツアーのタイトルを獲得することは出来なかった。

スプレムは2011年4月のエストリル・オープン予選1回戦でヘザー・ワトソンとの試合を途中棄権した試合が最後の出場となった。

2012年7月にキプロスのテニス選手マルコス・バグダティスと結婚した[1]。10月に第1子の長女を出産した[2]

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 3回 (0勝3敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–3)
ティア IV & V (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2003年5月24日   ストラスブール クレー   シルビア・ファリナ・エリア 3–6, 6–4, 4–6
準優勝 2. 2003年6月14日   ウィーン クレー   パオラ・スアレス 6–7(0), 6–2, 4–6
準優勝 3. 2005年9月25日   コルカタ カーペット (室内)   アナスタシア・ミスキナ 2–6, 2–6

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 通算成績
全豪オープン A 1R 4R 2R 1R A 1R 2R 1R 5–7
全仏オープン A 1R 2R 3R A 1R 1R 1R A 3–6
ウィンブルドン 2R QF 1R 3R A A 1R 2R A 8–6
全米オープン 1R 1R 1R 1R A 1R LQ 1R A 0–6

脚注編集

外部リンク編集