メインメニューを開く

ガバラ (Gabara) は、怪獣映画ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』などに登場する架空の怪獣。別名「凶悪怪獣」。

目次

概要編集

いずれの作品でも基本設定は「カエルが突然変異した怪獣」であるが、小さな頭部や長い首、直立2足歩行という特徴を持つほか、実際のカエルにはない爪や牙、角、耳介たてがみなどを持っており、体表のイボと尾がない点を除けば、カエルの要素は残っていない。丸い目や潰れ気味の鼻など、顔立ちも当時のゴジラに近い。

登場作品編集

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』(1969年)

『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』のガバラ編集

  • 身長:53メートル
  • 体重:2万3千トン

ガマガエルが核爆発の影響を受けて巨大化した怪獣。性格は意地悪で、弱い者いじめを好む。名称は、一郎をいじめるガキ大将・三公のあだ名と同じ。格闘戦の際に手から流す電流を武器としているが、ゴジラには敵わないため、その腹いせにいつもミニラをいじめている。ゴジラの教育を受けたミニラに戦いを挑み、一郎とミニラの作戦によって敗北した直後にゴジラへ不意打ちを仕掛けるが、背負い投げを受けて退散する。

  • スーツアクターは覚幸泰彦。これが初の着ぐるみ怪獣役となる[1]
  • デザイン・頭部造形は利光貞三、胴体は八木康栄による。頭の角の形状は、同じ利光によるキングギドラと共通している。造形物は『行け! グリーンマン』にも流用されている。
  • 当初名前は「ゲバラ」だったが、同年に映画『ゲバラ!』が公開されたことを受けて変更された[1]

『行け!ゴッドマン』のガバラ編集

ウシガエルが核実験の影響によって巨大化した怪獣。口から毒ガスらしき物を吐くが、風で吹き散らされ、ゴッドマンにはほとんど命中しなかった。ブルドーザーの運転手や子供たちを襲うが、ゴッドスパークで倒される。劇中に登場した怪獣としては珍しく、家屋1軒のみであるがセットを壊している。

  • 本編開始時には、ウシガエルが核実験で変異するシーンが毎回流される。

『行け! グリーンマン』のガバラ編集

「グリーンマン対ガバラ その1 - その3」に登場。近所の庭に出現して子供たちを飲み込む。グリーンマンと格闘するが、ファイヤーファインディングで気絶した間に腹から子供たちを取り出され、手榴弾で抵抗するもグリーンマンブレスターで倒される。

  • 着ぐるみは前2作でも用いられたものの流用だが、眼は瞳の無い白目である。

『GODZILLA 怪獣黙示録』のガバラ編集

アニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』の前日譚に当たる小説『GODZILLA 怪獣黙示録』に登場。アマゾンの熱帯雨林に生息する。体長は10メートルほどと小柄だが、現地の野生動物などを殺戮して遊ぶ習性を持っている。アマゾンに迷い込んだ少年イチローの協力を得た現地人の少女ミラにより右目を爆弾付きの矢で射られ、自らの放電能力が災いし爆弾が起爆、テルミット爆発で頭部を負傷して川へ倒れ込み、そのまま肉食魚やワニに捕食されて最期を迎える[2]

脚注編集

  1. ^ a b 『東宝特撮映画大全集』 ヴィレッジブックス、2012年、132 - 135頁。ISBN 9784864910132 
  2. ^ 監修:虚淵玄、著者:大樹連司『GODZILLA 怪獣黙示録』角川書店、2017年10月25日。ISBN 978-4-04-106181-7