メインメニューを開く

HOKUGINギャルリ・ミレー(ホクギン ギャルリ・ミレー、HOKUGIN GALERIE MILLET)は、富山県富山市中央通りにある、ジャン=フランソワ・ミレー(JFミレー)とバルビゾン派の絵画作品を中心とする美術館。富山県博物館協会会員。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ギャルリ・ミレー
HOKUGIN GALERIE MILLET
HOKUGIN GALERIE MILLET.jpg
ギャルリ・ミレー外観
ギャルリ・ミレーの位置(富山県内)
ギャルリ・ミレー
富山県内の位置
施設情報
正式名称 HOKUGIN ギャルリ・ミレー
収蔵作品数 53点
館長 山下富雄
事業主体 ギャルリ・ミレー運営委員会
富山県富山市富山大学、中央通商店街振興組合など)
開館 2012年平成24年)9月1日
所在地 930-0044
富山県富山市中央通り二丁目1番20号 ルシーダタワー1階
位置 北緯36度41分23.2秒 東経137度13分8.3秒 / 北緯36.689778度 東経137.218972度 / 36.689778; 137.218972座標: 北緯36度41分23.2秒 東経137度13分8.3秒 / 北緯36.689778度 東経137.218972度 / 36.689778; 137.218972
外部リンク キャルリ・ミレーホームページ
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

富山市中心市街地の賑わいを創生しようと、北陸銀行が所有するジャン=フランソワ・ミレーとバルビゾン派の絵画作品を展示するため設立し、2012年平成24年)9月1日中央通りさんぽ〜ろ商店街の中ほどにある、ルシーダタワー1階に開館した街なかの小さな美術館である[1]

美術館の空間は、北陸銀行が提供し、運営は、富山県、富山市、富山大学、中央通商店街振興組合などで構成された任意団体である、ギャルリ・ミレー運営委員会が行っている[1]

小さな美術館ではあるが、ミレーの作品は、大作「羊の毛を刈る女」を含め14点、そのほかバルビゾン派の、ジャン=バティスト・カミーユ・コローシャルル=フランソワ・ドービニージュール・デュプレ、写実主義の画家ギュスターヴ・クールベなどの作品を39点、計53点を所蔵しており、20〜30点を常設展示し年2回ほど入れ替えられる。

また、企画展示コーナーでは各種企画展を開催している。

主な所蔵作品編集

ジャン=フランソワ・ミレー編集

  • 「羊の番人」 1840年1845年
  • 「母と子」 1843年 - 1845年頃
  • 「森の中の恋人たち」1843年 - 1847年
  • 「丘の上の羊飼い、夕方の効果」 1847年 - 1850年
  • 「羊の毛を刈る女」 1860年
  • 「兎のいるアプルモン渓谷の日の出」 1860年 - 1862年
  • 「洗濯する女」
  • 「牛に水を飲ませる農婦」
  • 「夕暮れの村の道」
  • 「釣り人と青い服の少女」
  • 「オイディプスとアンティゴネ」
  • 「鵞鳥番の少女」

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー編集

  • 「森の中の水飲み場」 1872年
  • 「田園の夕暮れ」

シャルル=フランソワ・ドービニー編集

  • 「ブゾンの小島」 1851年
  • 「セーヌの川辺」
  • 「モレ=シュル=ロワンへの道」

ジュール・デュプレ編集

  • 「風車のある風景」 1850年代前半
  • 「池で水を飲む牛」 1870年代初め
  • 「昼下がりの牧場」
  • 「たそがれ」

ギュスターヴ・クールベ編集

  • 「水の中の二人」
  • 「岩山の風景、ジュラ」
  • 「柳」
  • 「メジエール近郊」
  • 「海岸風景」
  • 「山間の滝」

その他の作品編集

など

展示室・施設編集

  • 常設展示室
  • 企画展示コーナー
  • エントランス、ロビー、受付、事務室など
  • 駐車場なし

開館時間および休館日編集

  • 開館時間
    • 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “「街なか美術館」開館 富山市中央通りギャリル・ミレー にぎわい創出へ”. 北日本新聞. (2012年9月2日34面) 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集