メインメニューを開く
まいどはやの車両(清水町ルート)

まいどはやは、富山県富山市で運行されているコミュニティバス。富山市と富山商工会議所、地元商業者等が出資する第三セクター企業(タウンマネージメント機関)「まちづくりとやま」が富山地鉄バスへ運行を委託している。

まいどはや」は富山弁で「こんにちは」や「ごめんください」を意味する。

目次

概要編集

2000年(平成12年)夏、富山商工会議所が創立120周年記念事業の一環としてコミュニティバスを3か月間試験運行、利用者アンケートを添えて富山市にコミュニティバスの実現を打診し、その結果、「まちづくりとやま」が富山地方鉄道に運行を委託する形で、2001年(平成13年)3月に中央ルート、2002年(平成14年)4月に清水町ルートの運行が開始された[1]。運行車両は4台で、いずれも富山市が富山地方鉄道に運行支援として無償で貸与している。

運賃は小学生以上1乗車100円。9時台 - 19時台の運行で、中央ルート、清水町ルートとも、1時間につき3本運行している。また、富山地方鉄道が導入したIC乗車カードecomyca(えこまいか)」も利用可能である。

路線編集

両ルートともに循環運行で、下記に示すように片周り運行である。なお、いずれのルートも富山駅前のバスターミナルには乗り入れしていない。

鉄道との接続編集

( )内は、まいどはやの停留所の名称

車両編集

 
まいどはや中央ルートの車両(旧デザイン)
 
まいどはや清水町ルートの車両(旧デザイン)

両ルートとも小型ノンステップバスを使用しており、通常は中央ルートは日野・レインボーHR7m、清水町ルートは三菱ふそう・エアロミディMJ7mである。2010年3月8日より2週間、中央ルートの一部便に日野・ポンチョを改造した電気バスを試験投入している[2]。当初は2月のダイヤ改正にあわせての投入が予定されていたが、車両のトラブルにより時期に遅れが生じた[3]

旧デザインは雷鳥のイラストを描いたものが使用されていたが、日野・ポンチョへの車両の更新の際に青色をベースとしたデザインに変更されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集