メインメニューを開く

クリストファー・グレッグ・ナーブソンChristopher Gregg Narveson, 1981年12月20日 - )は、アメリカ合衆国アラパホ郡イングルウッド英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBクリーブランド・インディアンス傘下に所属。

クリス・ナーブソン
Chris Narveson
クリーブランド・インディアンス (マイナー)
Chrisnarvesonbrewers.tif
ブルワーズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コロラド州アラパホ郡イングルウッド英語版
生年月日 (1981-12-20) 1981年12月20日(37歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 MLBドラフト2巡目(全体50位)でセントルイス・カージナルスから指名
初出場 MLB / 2006年9月8日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
NPB / 2014年4月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとマイナー時代編集

2000年MLBドラフト2巡目(全体50位)でセントルイス・カージナルスから指名され、6月27日に契約。

2004年8月11日ラリー・ウォーカーとのトレードで、ルイス・マルティネスと共にコロラド・ロッキーズへ移籍。

2005年3月30日金炳賢とのトレードで、チャールズ・ジョンソンと共にボストン・レッドソックスへ移籍。

カージナルス時代編集

2005年8月8日ウェイバーでカージナルスへ移籍。

2006年9月8日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。10点ビハインドの7回裏から4番手として登板し、2回を投げ2安打2失点3奪三振だった。翌年からはまたマイナー暮らしが続いた。

2007年10月29日FAとなった。

ブルワーズ時代編集

2007年12月3日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。

2009年に3シーズンぶりにメジャーへ昇格し、先発とリリーフの両方で合計21試合に登板した。

2010年は主に先発5番手として初の規定投球回数に到達し、防御率は4.99ながらも自己最多の12勝を挙げた。

2011年も2年連続の二桁勝利を挙げ、ブルワーズの29年ぶりの地区優勝に貢献した。規定投球回数には僅かに届かなかったが、防御率は前年よりも改善した。プレーオフでは先発投手を4人以内で回すことが可能なため、ナーブソンはブルペンに回ることになった[1]

2012年は左肩の回旋筋腱板再建手術を受けたため、シーズン序盤に2試合登板にとどまった。

2013年10月1日にFAとなった[2]

ヤクルト時代編集

2013年12月25日東京ヤクルトスワローズと契約に合意した事が球団から発表された[3]

シーズンを通して1軍登録され、規定投球回に到達したのが石川雅規のみという投手陣の中でチーム2位のイニング数を記録している。しかし4勝11敗と大きく負け越し、防御率も4.53と悪く2014年12月2日に自由契約公示され退団した[4]

マーリンズ時代編集

2014年12月6日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[5]

2015年8月5日にメジャー契約を結んで25人枠入り。10月12日にFAとなった[6]

2016年1月9日にマーリンズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[7]4月3日にメジャー契約を結んで25人枠入りした。主にリリーフ投手として起用されたが、4月21日DFAとなり[8]、23日に40人枠から外れる形でAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ降格した。8月9日に再びメジャー契約を結んで25人枠入りしたが、19日にDFA、21日に40人枠から外れる形でAAA級ニューオーリンズへ配属された。10月11日にFAとなった[9]

インディアンス傘下時代編集

2017年2月14日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[10]

投球スタイル編集

フォーシームの球速は80mph台後半に過ぎないが、スライダーカーブチェンジアップの3つの変化球を投じる。2010年以降はチェンジアップを投げる割合が増えており、2011年は全投球のうち34%をチェンジアップが占めており、31.8%のジェレミー・ヘリクソン、30.8%のジェフ・フランシスらを抑えてメジャー最多だった[11]

先発ローテーションの中心を担う力はないが、先発5番手としては安定した成績を残している。通算防御率は4.62だが、投球内容から本来あるべき防御率を算出するxFIPは通算で4.12と、防御率よりも良い値が示されている[12]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2006 STL 5 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 9.1 6 1 5 0 1 12 1 1 5 5 4.82 1.18
2009 MIL 21 4 0 0 0 2 0 0 0 1.000 205 47.0 45 7 16 1 2 46 4 0 22 20 3.83 1.30
2010 37 28 0 0 0 12 9 0 3 .571 724 167.2 172 21 59 3 5 137 6 0 96 93 4.99 1.38
2011 30 28 0 0 0 11 8 0 0 .579 699 161.2 160 17 65 1 1 126 4 1 82 80 4.45 1.39
2012 2 2 0 0 0 1 1 0 0 .500 41 9.0 10 2 4 0 0 5 0 0 8 7 7.00 1.56
2013 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0.00 1.00
2014 ヤクルト 24 24 1 0 0 4 11 0 0 .267 593 137.0 136 16 53 0 2 96 6 3 75 69 4.53 1.38
2015 MIA 15 2 0 0 0 3 1 0 0 .750 121 30.1 24 7 9 0 2 32 0 0 15 15 4.45 1.09
MLB:7年 112 65 0 0 0 29 19 0 3 .604 1838 427.0 418 55 159 5 9 358 16 2 228 220 4.64 1.35
NPB:1年 24 24 1 0 0 4 11 0 0 .267 593 137.0 136 16 53 0 2 96 6 3 75 69 4.53 1.38
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号編集

  • 60(2006年)
  • 38(2009年 - 2014年)
  • 45(2015年 - 2016年)

脚注編集

  1. ^ Norris Goode, Tyler(2011-10-01). Asheville Roberson High alum Chris Narveson focuses on helping Milwaukee Brewers win. citizen-times.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  2. ^ October 2013 minor league transactions MiLB.com
  3. ^ クリス・ナーブソン投手と契約 東京ヤクルトスワローズ (2013年12月25日)
  4. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月4日閲覧。
  5. ^ Joe Frisaro (2014年12月9日). “Narveson, 7 others sign Minors contracts with Marlins”. MLB.com. 2015年10月13日閲覧。
  6. ^ “Transactions | marlins.com” (英語). MLB.com. (2015年10月12日). http://m.marlins.mlb.com/roster/transactions/2015/10 2015年10月13日閲覧。 
  7. ^ “Marlins' Chris Narveson: Invited to Marlins spring training” (英語). RotoWire Staff. MLB.com. (2016年1月14日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/marlins-chris-narveson-invited-to-marlins-spring-training/ 2016年1月15日閲覧。 
  8. ^ Glenn Sattell (2016年4月21日). “Marlins recall Urena; designate Narveson” (英語). MLB.com. 2016年4月27日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年2月15日閲覧。
  10. ^ Indians invite LHP Chris Narveson to Major League Camp”. Indians.com (2017年2月14日). 2017年2月15日閲覧。
  11. ^ Major League Leaderboards » 2011 » Pitchers » Pitch Type Statistics|FanGraphs Baseball
  12. ^ Chris Narveson » Statistics » Pitching|FanGraphs Baseball
  13. ^ DeNAの1安打勝利は4年ぶり プロ野球35度目、セ16度目スポーツニッポン2014年5月10日配信

関連項目編集

外部リンク編集