メインメニューを開く

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ カスカベえいがスターズ!)は、2014年4月10日バンダイナムコゲームスから発売されたニンテンドー3DS用ソフト。『クレヨンしんちゃん』ニンテンドー3DS用ソフトの第2作目となる。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!
ジャンル エイガチック・アニメアクションRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 インティ・クリエイツ
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1人
メディア 3DSカード
発売日 2014年4月10日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
テンプレートを表示

概要編集

クレヨンしんちゃんの劇場版21作品[1]をもとにしたアクションゲームが収録されている。前作「クレヨンしんちゃん 宇宙DEアチョー!? 友情のおバカラテ!!」同様、キャラクターが滑らかな動きをしたり、会話するときにズームアップしたりする「アニメアクション」仕様になっている。また、本作ではすれちがい通信に対応している。多数の劇場版キャラクターが登場し、その声優のほとんどが劇場版と同じであることや、新たに台詞を収録してあるところも本作の特徴である。そのため、キャラクター同士の掛け合いも実現している。

ストーリー編集

しんのすけの住む春日部で、映画の祭典「カスカベ映画祭」が開催されていた。そんなとき、しんのすけは変わった形のカチンコを見つける。しんのすけがそれを鳴らすと、どこからともなく撮影スタッフがやってきて、その場にいたカスカベ防衛隊の友達も巻き込んで映画撮影が始まった。わけも分からぬまま撮影が終わると、スタッフたちは消え、かわりに二人の女性がやってきた。彼女らはしんのすけがそのカチンコで映画撮影をすること(「撮エイガ」)ができると知ると、しんのすけに「撮エイガ」の「カントク」になるよう依頼した。

登場人物編集

キャラクターボイスは基本的に新たに収録されたものである。ただし、★をつけたキャラクターボイスはライブラリ出演、代役の声優には△をつけてある。

キャラクター編集


本作オリジナルキャラクター編集

劇場版キャラクター(声あり)編集

  • チャコ(声:小林愛)
  • トラックの男(声:真殿光昭
  • 白衣の男(声:石丸博也)
  • ジャスティス・ラブ(声:小林清志
  • つばき(声:齋藤彩夏
  • ニセしんのすけマン(声:矢島晶子)
  • ファ・イヤーン
  • ジャッキー(声:渡辺明乃
  • 時雨院時常(声△:速水奨
  • アセ・ダク・ダーク(声:銀河万丈
  • マタ・タミ(声:堀江由衣
  • プリリン・アンコック(声△:東山奈央)
  • ビクトリア(声△:植田佳奈
  • SKBEボーイズ
  • ニワトリ(声:藤原啓治)
  • 金有タミコ(声:釘宮理恵
  • 未来のひろし(声:藤原啓治)
  • 未来のひまわり(声:こおろぎさとみ)
  • 愛(花嫁(希望)軍団)
  • スノモノ・レモン(声:愛河里花子
  • サンデー・ゴロネスキー(声:飯塚昭三
  • ソースの健(声:辻親八)
  • ロボとーちゃん(声:藤原啓治)


その他のキャラクター(声なし)編集

  • 桜ミミ子
  • 北かすかべ博士
  • ルル・ル・ルル
  • ミスターハブ
  • リング・スノーストーム
  • ヒエール・ジョコマン
  • 東松山よね[3]
  • チーママ・マホ
  • おおぶくろ博士
  • アンジェラ青梅
  • 草津
  • ドクターアカマミレ
  • テナガザル
  • ケン
  • 大蔵井高虎
  • 堂ヶ島少佐
  • 下田長九朗
  • 天城
  • スウィートボーイズのボス
  • マイク
  • ミライマン(シリマルダシ)
  • アミーガスズキ
  • アミーゴスズキ
  • お駒夫人
  • 丸越カツヒコ
  • 蒲田みゆき
  • ケツだけ星人
  • マック・ラ・クラノスケ
  • 四膳守
  • ブンベツ
  • マイハシ
  • 金有増蔵
  • 未来のみさえ
  • 未来のしんのすけ
  • ライム
  • プラム
  • イツハラさん
  • ヘガデル博士
  • ジャガー
  • マッシュ
  • ナーラオ
  • ヨースル
  • ゲッツ
  • マズマズ・イケーメン
  • まーきゅん
  • モックン
  • キンキン・ケロンパー
  • ボインダ・ド・ヨーデス
  • ウラナスビン
  • しょうがの紅子
  • コロッケどん
  • キャビア
  • トリュフ
  • ピギー
  • 横綱フォアグラ錦
  • グルメッポーイ


挿入歌編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 追加コンテンツを含むと22作品。
  2. ^ 2015年のテレビシリーズからは同じく郷里大輔が演じていた双葉商事の部長も引き継いでいる。
  3. ^ 「東松原よね」と誤表記。
  4. ^ BGMとして収録。

外部リンク編集