愛河里花子

日本の女性声優 (1967-)

愛河 里花子(あいかわ りかこ、本名:岩田 菜穂美〈いわた なほみ〉、旧姓:川添1967年昭和42年〉[6]10月7日[4] - )は、日本声優女優アトミックモンキー所属。

あいかわ りかこ
愛河 里花子
プロフィール
本名 岩田 菜穂美(いわた なほみ[1]、旧姓:川添[2]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[3]
生年月日 (1967-10-07) 1967年10月7日(56歳)
血液型 O型[4]
職業 声優女優
事務所 アトミックモンキー
配偶者 岩田光央
著名な家族 AKIKO(義妹)
岩田陽葵(義姪)
公称サイズ(時期不明)[1]
身長 / 体重 152 cm / 42 kg
活動
活動期間 1990年 -
デビュー作 三郎(『三丁目の夕日』)[5]
女優活動
活動期間 1974年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

神奈川県横浜市出身[3]。夫は声優の岩田光央

略歴 編集

神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業[1]

子役出身で、1974年劇団日本児童[7]1987年からはグループこまどりに所属していた[5]。テレビドラマ『それゆけ!レッドビッキーズ』などに出演。アニメ声優のデビュー作は、『三丁目の夕日』の三郎[5]

2009年11月、長年所属していた大沢事務所[1]よりアトミックモンキーに移籍。翌2010年NPO法人「声と未来」を設立、理事長を務める。

2023年(令和5年)、『サザエさん』の放送開始時からフグ田タラオ役を演じ続けてきた貴家堂子の急逝に伴い、同年3月5日放送回より2代目としてタラオ役を引き継ぐ[8]

人物 編集

出演 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1990年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
2023年

劇場アニメ 編集

1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2006年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2022年

OVA 編集

1992年
1994年
  • すすめ!ゴジランド シリーズ(1994年 - 1996年、ラドンキングキドラ二郎アンギラス) - 4作品[一覧 7]
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2006年
2008年
2011年
  • ノラゲキ!(地上の女)
2013年
  • 侵略!!イカ娘 コミックス14巻オリジナルアニメDVD付限定版(悟郎の母)
時期未定

Webアニメ 編集

2010年代
  • なんちゃって!(2010年、歌)
  • ポテッコベイビーズ(2010年、ナガナガ・ヤムヤム
  • 斉木楠雄のΨ難 Ψ始動編(2019年、斉木久留美)
2020年代

ゲーム 編集

1997年
1998年
1999年
2000年
  • ねっとDEぱら(美濃部ゆかり)
2002年
2003年
2004年
2007年
2008年
2010年
2013年
2014年
2018年

ドラマCD 編集

  • 金月真美Story Telling
  • スクライド サウンドエディション(箕条晶)
  • 超兄貴ショー
  • LOVELESS(店の奥さん)
  • ロックマン危機一髪(レゲー)
  • ジャングルはいつもハレのちグゥ ドラマCD1、2(ハレ
  • その手をどけろ(吉野美央)
  • 超魔神英雄伝ワタル ドラマアルバム1 - 4(ドード、はにぃ、ドッ子、お春どん、マユミとリカコ〈パイデーツ〉、オカマのドード)
  • 夏色の砂時計ドラマCD「夏の終わりに…」(川村真魚)
  • 爆竜戦隊アバレンジャー「爆竜ファイヤーノコドン、常夏ハワイで、大アバレ!(『てれびくん』2003年9月号付録CD)」(アロハイビスカスカンク役)
  • 話が違う
  • 大爆発
  • 戦え!ブラザーソルジャー(通信兵、侍女)

吹き替え 編集

映画(吹き替え) 編集

ドラマ 編集

アニメ 編集

特撮 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

舞台 編集

  • キュービズム(1992年)
  • トリロジー(1993年)
  • エデンの丘で(1994年)
  • ダークサイドオブザムーン(1994年)
  • 碧い彗星の一夜(1994年2月9日 - 14日)
  • はじめてのニッポン by 佐久インターチェンジ(2004年9月4日・5日)

ラジオ 編集

CD 編集

  • 超兄貴ショー(ベンテン 役)
  • 〜こどもの暮らしを楽しむ言葉をちりばめた〜昔ばなしとお歌(愛河自身と今井ゆうぞうの企画よる童話読み聞かせCD)
  • ゆる蔵CD『水木土火地火土天会計』(ラジオ大阪)
  • V-station THE BEST(〃)
  • ソロCD『毒気』(ビクターエンタテインメント
  • SLAVE&QUEEN(岩田光央と共演、シングル「オー・チンチン」〈ビクターエンタテインメント VIDL-30357、1998年9月23日〉の3曲目)
  • とっとこハム太朗ぜーんぶハムハムソング!
  • ポケモンはらはらリレーメディアファクトリー)ポケットモンスターED
  • ラプラスにのって(メディアファクトリー)ポケットモンスターED
  • まじめにふまじめ かいけつゾロリ(イシシとして)
    • あじゃぱー
    • ゼッコーチョー!
  • 『テルテル坊主』(ハレとして)ジャングルはいつもハレのちグゥED
  • ころころここたま! / ここんぽいぽいここったま!(ゲラチョとして)かみさまみならい ヒミツのここたまED
  • ここたまハッピ〜パラダイス! / うたおう♪ここったまーち!(ゲラチョ)かみさまみならい ヒミツのここたまED

バラエティ 編集

CM 編集

その他コンテンツ 編集

脚注 編集

シリーズ一覧

  1. ^ 『ポケットモンスター』(2019年 - 2022年)、『めざせポケモンマスター』(2023年)
  2. ^ 第1シリーズ(2020年)、第2シリーズ(2021年)、第3シリーズ(2022年)
  3. ^ 第1シリーズ(2021年)、第2シリーズ(2022年)
  4. ^ 『ハムハムランド大冒険』(2001年)、『ハムハムムージャ!幻のプリンセス』(2002年)、『ハムハムグランプリン オーロラ谷の奇跡 リボンちゃん危機一髪!』(2003年)、『はむはむぱらだいちゅ! ハム太郎とふしぎのおに絵本塔』(2004年)
  5. ^ 『だ・だ・だ・だいぼうけん!』(2012年)、『まもるぜ!きょうりゅうのたまご』(2013年)、『うちゅうの勇者たち』(2015年)、『ZZのひみつ』(2017年)、『ラララ♪スターたんじょう』(2022年)
  6. ^ 『NewStage2 こころのともだち』(2013年)、『NewStage3 こころのともだち』(2014年)
  7. ^ 『よめるよ かけるよ ひらがな』『かぞえられるよ かず1・2・3』(1994年)、『ゴジラとあそぼう たしざん』『ゴジラとあそぼう ひきざん』(1996年)
  8. ^ 『ピカチュウのふゆやすみ クリスマスであそぼ! 雪であそぼ!』(1998年)、『ピカチュウのふゆやすみ2000 こおりであそぼう クリスマスの夜』(1999年)、『ピチューとピカチュウのふゆやすみ2001 デリバードのプレゼント ホワイトストーリー』(2000年)
  9. ^ 「ハム太郎のおたんじょうび 〜ママをたずねて三千てちてち」(2002年)、「ハムちゃんずの宝さがし大作戦 〜はむはー! すてきな海のなつやすみ〜」(2003年)、「ハムちゃんずと虹の国の王子さま 〜せかいでいちばんのたからもの〜」「ハムちゃんずのめざせ! ハムハム金メダル! 〜はしれ! はしれ! だいさくせん!〜」(2004年)
  10. ^ 「ユメノツボミ」「ふぶきのなつやすみ」
  11. ^ X』(2008年)、『SPECIAL』(2018年)
  12. ^ 『最強ペンギン伝説!』(2008年)、『X 天空の7戦士』(2009年)

出典 編集

  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑(2009年版)』VIPタイムズ社、2009年4月1日、423頁。ISBN 978-4-904674-00-0 
  2. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.27('92〜'93)』連合通信社・音楽専科社、1992年、8頁。 
  3. ^ a b サルの故郷 (2009年12月10日). “愛河里花子”. アトミックモンキー. 2019年11月19日閲覧。
  4. ^ a b 愛河 里花子(出典:VIPタイムズ社)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年11月21日閲覧。
  5. ^ a b c d 「ボイス・レヴュー 第30回 愛河里花子」『アニメージュ 1992年5月号』徳間書店、平成4年(1992年)5月10日、雑誌01577-5、170頁。
  6. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』小学館、2007年、139頁。ISBN 978-4-09-526302-1 
  7. ^ 子役時代に特撮で活躍した人気声優6人をピックアップ!「まどマギ」「プリキュア」などで活躍するあの人たちも”. Character JAPAN. 2017年11月16日閲覧。
  8. ^ a b 『サザエさん』フグ田タラオ役の後任は愛河里花子「朗らかなタラちゃんを大切に」 3月5日放送回から担当”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年2月26日). 2023年2月26日閲覧。
  9. ^ 週刊TVガイド 1982年2月12日 76頁「出番です」コーナー(川添菜穂美)
  10. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、182頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  11. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、90頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  12. ^ a b c ポケットモンスター”. メディア芸術データベース. 2021年12月26日閲覧。
  13. ^ a b CHARACTER”. 無限のリヴァイアス Official Web. サンライズ. 2023年3月30日閲覧。
  14. ^ WILD ARMS TV”. メディア芸術データベース. 2021年12月26日閲覧。
  15. ^ CAST”. BONES-株式会社ボンズ. 機巧奇傳ヒヲウ戦記. ボンズ. 2023年6月16日閲覧。
  16. ^ ゲートキーパーズ”. GONZO. 2016年12月16日閲覧。
  17. ^ GATE KEEPERS”. メディア芸術データベース. 2021年12月26日閲覧。
  18. ^ a b とっとこハム太郎”. メディア芸術データベース. 2021年12月26日閲覧。
  19. ^ ジャングルはいつもハレのちグゥ : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月2日閲覧。
  20. ^ スタッフ”. アニメあたしンち. 2022年11月22日閲覧。
  21. ^ 手配者リスト RUM”. KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。
  22. ^ CAST”. GIRLS und PANZER. 2014年7月8日閲覧。
  23. ^ キャラクター No.036 クルミ”. TOKYO MX * オンライン. 怪盗ジョーカー. 東京メトロポリタンテレビジョン. 2022年10月12日閲覧。
  24. ^ ヒミツのここたま公式ホームページ”. 2015年8月27日閲覧。
  25. ^ キャスト”. TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」公式サイト. 2016年6月20日閲覧。
  26. ^ 最新作『イナズマイレブン アレスの天秤』のPVに吹雪士郎(CV:宮野真守)の姿が!? 新情報盛り沢山のレベルファイブ新作発表会レポート”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  27. ^ 第4話まで。
  28. ^ キャスト”. キラキラハッピー★ ひらけ!ここたま. バンダイ. 2019年8月15日閲覧。
  29. ^ イシシ|キャラクター”. アニメ『もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ』公式サイト. 2020年2月13日閲覧。
  30. ^ “「かいけつゾロリ」第3シリーズのOP聴けるPV公開、冒険家の女の子ミラ役に悠木碧”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年2月22日). https://natalie.mu/comic/news/466710 2022年2月22日閲覧。 
  31. ^ スタッフ キャスト”. アニメ「不滅のあなたへ」公式サイト. 2021年3月12日閲覧。
  32. ^ CAST”. MUTEKING公式サイト. 2021年3月27日閲覧。
  33. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. メディア芸術データベース. 2016年8月12日閲覧。
  34. ^ “スタッフ・キャスト”. メトロポリス 公式サイト. https://www.bandaivisual.co.jp/metropolis/staff.html 2016年5月5日閲覧。 
  35. ^ ドラえもん のび太とロボット王国”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  36. ^ 名探偵コナン ベイカー街の亡霊”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  37. ^ ドラえもん のび太とふしぎ風使い”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。
  38. ^ CAST”. ガールズ&パンツァー最終章 公式サイト. 2019年6月21日閲覧。
  39. ^ “「薄明の翼」山下清悟×スタジオコロリドによる新作ポケモンアニメ「ユメノツボミ」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年6月4日). https://natalie.mu/comic/news/431054 2021年6月4日閲覧。 
  40. ^ ふぶきのなつやすみ”. ポケモンアニメシリーズ「POKÉTOON」公式サイト. 2021年10月8日閲覧。
  41. ^ “名探偵ピカチュウの日本語吹替えは西島秀俊!”. 映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト. https://meitantei-pikachu.jp/info/?page=2019/05/03/pikachu/ 2019年5月3日閲覧。 
  42. ^ 音響監督 三間雅文 twitter(2019年5月3日)”. 2019年5月3日閲覧。
  43. ^ キャラクター”. 映画『絵文字の国のジーン』公式サイト. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2017年12月8日閲覧。
  44. ^ “羽佐間道夫、野沢雅子、関智一、鈴村健一がイルミネーションの「FLY!」で吹替”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年12月21日). https://natalie.mu/eiga/news/554053 2023年12月21日閲覧。 
  45. ^ 王様戦隊キングオージャー 第12話 6人目の王様”. 東映. 2023年5月14日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集