メインメニューを開く

グラナダ』(GRANADA) は、ウルフチームが開発した全方位任意スクロールのシューティングゲーム。ゲームデザイン及びメインプログラマーは豊田利夫1990年4月20日X68000で発売。同年11月16日にメガドライブへの移植版が発売された。

グラナダ
ジャンル 多方向スクロールシューティング
対応機種 X68000
開発元 ウルフチーム
発売元 ウルフチーム
デザイナー 豊田利夫
シナリオ 井上一義
プログラマー 豊田利夫
音楽 宇野正明
桜庭統
塩生康範
美術 石井史人
人数 1人
メディア 5インチ2HDフロッピーディスク3枚組
発売日 日本 199004201990年4月20日
デバイス MIDI対応
テンプレートを表示

概要編集

8方向移動と2種類の強弱のあるショット、砲座固定を駆使して戦う。

画面右下に小さく表示されたレーダーを頼りに広大なマップ内を移動。そこに点在する指定目標物を全て破壊するとボスが登場、もしくはボスエリアへの侵入が可能になる。ボスを倒すことで1ステージクリア。

X68000版は、5インチフロッピーディスク3枚組。うち1枚をまるまるオープニングに使用しており、オープニングを見ない場合は、残りの2枚で起動できる。

ゲーム内容編集

自機の装備編集

  • ショット
    2連装で高速連射される。自機の移動に追従して砲台が回転し、発射方向を16方向に撃ち分ける事が可能。
  • ブラスター
    通常ショットの16倍の威力がある。発射すると大きな反動により、自機が発射方向の逆ベクトルを受け若干移動する。足場の悪い場所では落下即死や敵との接触等のリスクがあるが、それを逆手に取り高速移動や回避動作とすることもできる。
  • オプション装備
    ステージ毎に種類の異なる特殊装備が点在し、拾うことで装備、使用できる。4段階まで強化できるが被弾により一定の耐久力を消耗すると消滅する。消滅すると大幅な戦力ダウンとなるが、盾として使用し自機への被弾を防ぐ使い方を迫られるケースもある。
    回収しなくても攻略することは可能だが、無ければボス等で苦戦を強いられるケースが多い。
  1. リフレクター
    自機の近辺を浮遊し近辺の敵へ自動攻撃を行なう。自機のショットを当てることで周囲にショットをばらまき、曲がり角から安全な攻撃ができる。またブラスターを当てることで一定時間高速連射状態になる。非常に気まぐれな動きをするが、アルゴリズムを熟知することでかなり的確な支援行動を取らせることができる。耐久力も相当あるため、敵からの攻撃を防ぐ盾としても有用。
  2. エパレット
    自機両側面やや後ろに装備される誘導ミサイル。ショットに連動してミサイルを射出する。連射はやや遅い。攻撃力は低いが、弾数制限がないこともあり非常に頼れる武器。
  3. ヒドン
    自機を追尾し、自機が停止すると自機正面で停止する。ブラスターを命中させることで非常に大きな爆風を発生する爆弾。誘導アルゴリズムを熟知することで地形に引っ掛けることが可能になりテクニカルな爆撃ができる。
  4. クロムレック
    接触する事で敵にダメージを与える球状の武器。ショットボタンを押すと自機の周囲を回転し、ショット停止に合わせて停止する。ブラスター射撃に連動して索敵し敵を攻撃する。連続して接触させ続けることで耐久力のある基地などを速攻で破壊できる反面、敵に重ねる事が前提のため、被弾による消失が早い。
  5. ポールバニアン
    丸いタンクのような装備。自機前方にやや重なり固定。ブラスターに連動して一定距離に射出されショットをばら撒いた後に自機に戻ってくる。射出されている状態にさらにブラスターを当てることでさらに遠くに飛ばすこともできる。地形に影響しないため、床がない地形の先に待機している敵への攻撃などに優位である。

演出編集

オープニングとエンディング、ステージ毎に登場人物等のるグラフィックが表示される。メガドライブへの移植の際にはステージ間デモが割愛された。

ストーリー編集

2016年10月、レアメタルの利権を巡って勃発した「アフリカ南北戦争」は、長距離核兵器に代わって投入された戦術機動兵器(Maneuver Cepter=MC)によって激化の一途を辿っていた。

開戦からしばらく経った頃、前線では異状が発生していた。国籍不明の重機動兵器が、南北両陣営の兵器という兵器をことごとく破壊していた。判っているのは「グラナダ」という名称のみ。やがて誰ともなく「グラナダ」は、「アフリカの神」「兵士の亡霊」と呼ばれるようになった。

「グラナダ」のパイロットであるレオン藤堂は開戦1ヶ月前、日本である依頼を受けた。だが、彼に依頼を伝えたエージェントは程なく命を落とす。不審を抱きながらも「グラナダ」に搭乗した彼は、やがて自分が欺かれたことを知る。

レオンは「グラナダ」を起動させた。エンジンがアフリカの空に咆哮する。目指す地はナイジェリア。目的は――報復。

他機種版編集

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1グラナダ
  199011161990年11月16日
  1990年
メガドライブウルフチーム  ウルフチーム
  RENO
4メガビットロムカセット[1]  T-32023
  49036
-
2グラナダ
プロジェクトEGG
  200402212004年2月21日
Windowsウルフチームサンソフトダウンロード--
X68000版の移植
3グラナダ
プロジェクトEGG
  201205152012年5月15日
Windowsウルフチームサンソフトダウンロード--
メガドライブ版の移植
メガドライブ版
  • X68000版の1/6程度の容量しかないため、オープニングやステージ間デモ、エンディング等が割愛または短縮されている。また、ハードの性能の違いにより色数や解像度、3重スクロール等の描画にも差がある。しかし、それらデモ等の割愛、短縮に加えロムカセット特有の読み込みの速さにより結果的にゲームテンポが向上した。ゲーム全体の速度もX68000版に比べやや速めに設定されている。さらに、ボタンが3つに増えた事により「ショット」「ホールド」「ブラスター」を個別に操作が可能になった。この事により「砲台を固定したままブラスターを撃つ」といった操作が容易になり、X68000版に比べて遊びやすくなっている。
  • X68000版にあったボーナス面は削除され、代わりにオリジナル面が追加されている。
  • MC68000Z80の2つのCPUを持つメガドライブで、MC68000側でもサウンドの処理を一部荷担するソフトがほとんどだった中、このソフトではZ80側のみでサウンドを処理する事に成功している。重厚なX68000版に比べやや軽い感じのBGMになっているが、メガドライブ独自のアレンジもかかっているBGMもある。

音楽編集

他のウルフチーム作品同様、桜庭統が担当。

共作者として塩生康範も数曲担当しているが、ゲームがリリースされた時には既に退社していたため、本名ではなくウルフチームとしてクレジットされている。

X68000版は、内蔵のFM音源の他に、ローランドMT-32CM-32LといったMIDI音源に対応。当時は同社専属コンポーザーで初期の作風を伺うことができる。起動時に[登録]キーを押し続けておくとMIDIを使える。ゲームの設定変更からの切り替えは不可。

サントラサウンドトラック
  • 通常版
    Maneuver Cepter GRANADA(東芝EMI TOCT-5933、生産中止)
    バンドアレンジを含む。X68000内蔵音源版を収録。MIDI音源版は含まれていない。
  • オンライン販売
  • グラナダ X68000リマスタード・サウンドトラックス (EggMusic)
    アレンジはなく、X68000内蔵音源とMIDI音源版を収録。
  • グラナダ メガドライブ・サウンドトラックス (EggMusic)
    メガドライブ版の音源を収録。

スタッフ編集

X68000版
  • 原案、ゲーム・デザイン、プログラム:豊田利夫
  • サブ・プログラム:小倉唯克
  • マップ・デザイン:豊田利夫、松島正幸、ながたひろかず、佐藤学
  • ビジュアル・ピクチャー:佐藤学
  • ビジュアル・シーン:ながたひろかず、牛島勇二、松島正幸、佐藤学
  • 音楽:宇野正明、桜庭統塩生康範
  • サウンド・エフェクト:塩生康範
  • ストーリー、マニュアル:井上一義
  • アートワーク:石井史人
  • ビジネスワーク:浅沼穣、かやのひろゆき
  • テクニカル・アドバイザー:えのもとだいすけ
  • スペシャル・サンクス:福島和行
  • エグゼクティブ・プロデューサー:秋篠雅弘
メガドライブ版
  • 原案、ゲーム・デザイン、プログラム:豊田利夫
  • グラフィック:佐藤学、松島正幸、ながたひろかず
  • 音楽:宇野正明、桜庭統
  • アートデザイン:石井史人
  • ビジネスワーク:浅沼穣、宇野正明、五島賢次、飯島公人、かやのひろゆき
  • スペシャル・サンクス:福島和行
  • プロデューサー:秋篠雅弘

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー32/40点(MD)[2]
ファミ通23/40点(MD)[3]
メガドライブFAN21.60/30点(MD)[1]
Sega Pro83%(MD)[2]
Mean Machines82%(MD)[2]
メガドライブ大全肯定的(MD)[4]
メガドライブ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計23点(満40点)になっている[3]
  • ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、21.60点(満30点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.42 3.68 3.40 3.76 3.52 3.82 21.60
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、元ネタとしてナムコから稼働された『アサルト』(1988年)を挙げた上で、「業務用ハードの高性能をフル活用した"原作"に対して、壮大なスケール感はそのままに、演出やボスの動きに拡大・縮小を駆使し、"初期"ウルフチームの高い技術力を発揮している」と評価し、またX68000版と比較した上で「画面の解像度こそ負けているが、体感スピードは上昇。さらに、BGMは一段と磨きがかかっている」と評している[4]

関連作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 55頁。
  2. ^ a b c Granada for Genesis (1990) - MobyGames”. Blue Flame Labs. 2018年5月27日閲覧。
  3. ^ a b グラナダ まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月31日閲覧。
  4. ^ a b 「Chapter 03 1990年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、57頁。ISBN 9784872338805

外部リンク編集