ケシ科(ケシか、Papaveraceae)は双子葉植物に属するケシヒナゲシハナビシソウなどを含む。

ケシ科
Blauer indischer Mohn.jpg
Meconopsis simplicifolia
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: ケシ科 Papaveraceae
  • 本文参照

特徴編集

一年草または多年草で、一部は小型の低木は羽状に切れ込み状の鋸歯(掌状に中裂と裂辺に浅裂がある(クサノオウタケニグサ))のある単葉で、複葉になる事もあり、茎から直に着く(ケシ,アツミケシ,ハカマオニケシ,アザミケシ,ヒナケシ,オニケシ)物と,葉柄を持つ種(タケニグサ)がある.普通は互生であり、まれに対生輪生で、根出葉(根生葉)を出す種(オサバグサ)も存在する。両性で、放射相称十字相称または左右相称になり、単生するか総状花序または集散花序につく。は2個、まれに3個。花弁はふつう4枚、またさらに多数のもの、あるいは全くないもの(タケニグサ)もある。雄蘂は2個、4個または多数ある。子房は上位で、ふつう1室であるが多数の室に分かれるものもある。胚珠は多数あり、子房の内側に突出する側壁上につけるが、底部に胚珠が1つあることもある。果実蒴果または痩果となり,大型に育つ種類(タケニグサ)でも,種子は非常に小さく,所謂罌粟粒である。北半球暖帯から亜寒帯に多く、約40属800種ある[1]医薬品強力鎮痛剤麻薬(モルヒネ)原料のケシを初めとして各種アルカロイドを含み、有毒の種も多い。日本にはオサバグサタケニグサ※ケナシチャンパギク含む、クサノオウヤマブキソウリシリヒナゲシなどが自生し、ナガミヒナゲシアツミゲシなどが帰化している。

分類の経過編集

近縁な群としてケマンソウ科コマクサムラサキケマンなど)があり、これをケマンソウ(キケマン)亜科として含める場合もある(新エングラー体系など)。クロンキスト体系ではこの広義ケシ科をケシ目としている。現在のAGPIIIではケシ科に含めている。

花の形態が、キンポウゲ科に類似する(子房が多数の心皮からなり雄蘂も多数ある)ものと、フウチョウソウ科アブラナ科に類似する(雄蘂が少数で子房が2心皮からなる)ものがあるため、ケシ科はこれら2つの群を進化的に結ぶものと考えられてきた(そのため新エングラー体系ではアブラナ科などもケシ目に入れている)。しかし近年の分子系統学的研究から、アブラナ目とは直接は関係ないことが明らかになり、APG植物分類体系ではケシ科をキンポウゲ目に入れている。

 
ハナビシソウの一種、Eschscholzia glyptosperma
 
ヒマラヤの「青いケシ」
Meconopsis betonicifolia

編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 福原達人 (2016)「ケシ科」『改訂新版 日本の野生植物 2』p.103

参考文献編集

  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編『改訂新版 日本の野生植物 2』、2016年、平凡社

関連項目編集