ケニー・GKenny G正式名 ケネス・ゴアリック - Kenneth Gorelick、1956年6月5日 - )は、アメリカ合衆国サックス奏者。

ケニー・G
Kenny G
KennyGHWOFMay2013.jpg
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのセレモニーにて(2013年)
基本情報
出生名 Kenneth Bruce Gorelick
生誕 (1956-06-05) 1956年6月5日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州シアトル
ジャンル スムーズ・ジャズフュージョンAC
職業 ミュージシャン、ソングライター、音楽プロデューサー
担当楽器 サクソフォーンフルート
活動期間 1973年 -
レーベル アリスタ・レコード (1982年-2006年)
コンコード・ジャズ (2008年-現在)
公式サイト www.kennyg.com

1980年代スムーズジャズの第一人者として活躍し、特にアリスタ・レコード時代には大きなセールスを記録した。主にソプラノサックス奏者として知られるが、アルトサックステナーサックスウインドシンセサイザーなどを演奏することもある。

経歴編集

ワシントン州シアトルにてユダヤ系の家庭に生まれた。母親から与えられたサックスでグローヴァー・ワシントン・ジュニアのコピーなどから奏法を学ぶ。学生バンドを経て1973年に17歳でバリー・ホワイトのバックバンド「ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ」に参加してプロ活動を開始[1]ワシントン大学 (ワシントン州)卒業後にはジェフ・ローバーの率いるジェフ・ローバー・フュージョンに加入し、2枚のアルバムに参加[1]

1982年アリスタ・レコードからケニー・G名義でソロ・デビュー。以降、多数のソロ・アルバムを発売すると共に、ホイットニー・ヒューストンナタリー・コールマイケル・ボルトンアレサ・フランクリンら多くのアーティストとのコラボレーションを行っている。

1987年に『デュオトーンズ』からシングルカットされた「ソングバード」がビルボードのポップチャートで4位を記録[2]。インストゥルメンタル曲としては異例の大ヒットとなる。1992年には『ブレスレス』が全米2位を記録し[2]、同アルバムに収録された「フォーエヴァー・イン・ラヴ」は1994年第36回グラミー賞で最優秀インストゥルメンタル作曲賞を受賞[3]

 
1998年

1997年、「最も長いロングトーンをするサックス奏者(45分47秒)」(→循環呼吸)として、また1999年には「累計アルバム売上枚数の最も多いジャズ・アーティスト」として、それぞれギネスブックにも掲載されている(ただし前者に関しては、コスタリカのサックス奏者ジョバンニ・エスカリエンテが、非公式ながら90分45秒の記録を持つとの主張もある)。

2008年、長年所属していたアリスタより離れ、コンコード・レコードに移り、ラテン音楽を中心とした『ロマンスの足おと』を発表。2010年のアルバム『ハート・アンド・ソウル』は、ロビン・シックベイビーフェイスといったゲスト・ボーカリストを迎えて制作された[1]

批評編集

彼のヒットにより、彼に類似した音楽性(ポップス性)を持つアーティストが1990年代から多く出てきた。このようなことから彼はスムーズジャズを推進したアーティストといえるが、一方で彼の音楽性は『ジャズに非ず』というのがジャズやフュージョンの奏者からの批判である(そもそもフュージョンをジャズと分離して考える論者もいるが)。ジャズ史上最も著名なアーティストの一人ルイ・アームストロングの曲をオーバーダビングした曲を『クラシックス〜キー・オブ・ケニー・G』で発表したとき、パット・メセニーリチャード・トンプソンはこれを厳しく批判した。このような批判と彼の功績――功罪をもって、「別格」と彼を称する者も多い。

エピソード編集

TBSテレビで毎年お正月の時期に放送されているバラエティ特番『さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル』で「ケニー・Gと一緒に演奏して、急性骨髄性白血病で亡くなった父親に聴かせてあげたい」といった依頼者の女子高生(当時。高校2年生)の夢をかなえたことがある(ただし、「レーベルの契約上、一緒に演奏することはできないが、演奏を聴くことはできる」という条件の下で行われた)。依頼者が彼の前で演奏したのは彼の代表曲でもある「The Moment」(当初は依頼者の父親が生前好きだった石原裕次郎の『夜霧よ今夜も有難う』を演奏する予定だった)で、演奏中に最後のワンフレーズだけ依頼者とセッションした。お返しに依頼者とその家族(母親と妹)に向けて『夜霧よ今夜も有難う』を生演奏でプレゼントしている。その夢がかなった依頼者は現在、東京国際学園高等部の教員として活動している[4]

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『シティ・ライツ』 - Kenny G (1982年、Arista)
  • 『G・フォース』 - G Force (1984年、Arista)
  • 『愛のめざめ』 - Gravity (1985年、Arista)
  • デュオトーンズ』 - Duotones (1986年、Arista)
  • シルエット』 - Shilhouette (1988年、Arista)
  • ブレスレス』 - Breathless (1992年、Arista)
  • 『ミラクルズ』 - Miracles: The Holiday Album (1994年、Arista)
  • 『ザ・モーメント』 - The Moment (1996年、Arista)
  • 『クラシックス〜キー・オブ・ケニー・G』 - Classics: in the Key of G (1999年、Arista)
  • 『フェイス』 - Faith: A Holiday Album (1999年、Arista)
  • 『パラダイス』 - Paradise (2002年、Arista)
  • 『ウィッシズ』 - Wishes: A Holiday Album (2002年、Arista)
  • 『デュエット』 - At Last... The Duets Album (2004年、Arista)
  • ムード・フォー・ラヴ』 - I'm in the Mood for Love... The Most Romantic Melodies of All Time (2007年、Arista)
  • ロマンスの足おと』 - Rhythm & Romance (2008年、Concord)
  • 『ハート・アンド・ソウル』 - Heart & Soul (2010年、Concord)
  • 『ナマステ』 - Namaste (2012年、Concord)
  • 『ブラジリアン・ナイツ』 - Brazilian Nights (2015年、Concord)

ライブ・アルバム編集

  • 『ケニー・G・ライヴ』 - Kenny G Live (1989年、Arista)
  • An Evening of Rhythm & Romance (2009年、Eagle Rock)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『モンタージュ〜ケニー・G・グレイテスト・ヒッツ』 - Montage (1990年、Arista)
  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (1997年、Arista)
  • Ultimete Kenny G (2003年、Arista)
  • 『ウィンター・ワンダーランド〜ザ・グレイテスト・ホリデイ・クラシックス』 - The Greatest Holiday Classics (2005年、Arista)
  • 『エッセンシャル・ケニー・G』 - The Essential Kenny G (2006年、Arista)

映像作品編集

  • 『ケニー・G/ライブ』 - Kenny G Live (1990年、Arista)
  • 『ロマンスの足おと〜Rhythm & Romance コンサート 2008』 - An Evening of Rhythm & Romance (2009年、Eagle Vision)
  • 『ライヴ・アット・モントルー1987/1988』 - Live At Montreux 1987 / 1988 (2010年、Eagle Vision)

TV出演編集

  • 音遊人(みゅーじん)(テレビ東京)2006年2月18日

脚注編集

  1. ^ a b c Yanow, Scott. “Kenny G - Biography & History”. AllMusic. 2015年11月30日閲覧。
  2. ^ a b Kenny G - Awards : AllMusic - 2012年11月23日閲覧
  3. ^ Heckman, Don (1994年3月2日). “The 36th Annual Grammy Awards : Jazz : Giants Living and Dead Cited”. Los Angeles Times. 2015年11月20日閲覧。
  4. ^ 井戸川 知裕先生”. 東京国際学園高等部. 2012年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月17日閲覧。(出演当時の様子を綴っている)

関連項目編集

外部リンク編集