スムーズジャズ

ポップスに近い聴きやすいジャズ
スムーズ・ジャズから転送)

スムーズジャズまたはスムースジャズ (Smooth jazz) とは、1980年代末にアメリカラジオ局が使い始めた、ジャズのジャンルに関する音楽用語の一つである。フュージョンクロスオーバーの流れから派生した様式で、1990年代にはジャンル名として確立された。

スムーズジャズ
Smooth jazz
様式的起源 フュージョン
ポップ・ミュージック
リズム・アンド・ブルース
文化的起源 1970年代アメリカ合衆国
使用楽器 サクソフォーンギターピアノトランペットシンセサイザーエレクトリックベースドラムス
目次: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
主なレーベル / 脚注 / 関連項目 / 外部リンク

概要編集

ポップ・ジャズは古くから存在するが、スムーズ・ジャズの直接的なルーツはフュージョンとみなされている[1]。スムーズ・ジャズは、特に聞き心地が良いことから、テレビやラジオのBGMとして使用されることも多い。イージーリスニング、ミドル・オブ・ザ・ロード(中道)の現在進行形でもあるともいえる。アメリカには、スムーズ・ジャズ専門のラジオ局がある。

アメリカの『ビルボード』誌によれば、フュージョンと共にコンテンポラリー・ジャズに属され、近年のラジオ・ステーションではNAC(ニュー・アダルト・コンテンポラリー)というフォーマットで呼ばれていることもある。

1970年代半ばから後半にかけて、リー・リトナーラリー・カールトンアル・ディ・メオラスタッフザ・クルセイダーズジョージ・ベンソングローヴァー・ワシントン・ジュニアらのフュージョンが流行した。チャック・マンジョーネの「フィールズ・ソー・グッド」[2](1978)やスパイロ・ジャイラの「モーニングダンス」[3]などは、ポップ・チャートでもヒットした。1980年代前半まではフュージョン人気が続いたが、1980年代後半にフュージョンが飽きられてきたことから、レコード会社にとって新ジャンル名が必要とされた。この時期にケニー・Gが登場し、スムーズ・ジャズの最も早い時期のミュージシャンになった。[4]。その後もナジーハリー・コニック・ジュニアノラ・ジョーンズらが活躍した。

主なミュージシャン編集

0–9編集

A編集

B編集

C編集

D編集

E編集

F編集

G編集

H編集

J編集

K編集

L編集

M編集

N編集

O編集

P編集

ハードキャッスルのプロジェクト。

R編集

S編集

T編集

U編集

W編集

Y編集

主なレーベル編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集