メインメニューを開く
コリントス産の壺に描かれたケートス、ペルセウス、アンドロメダー。ΚΗΤΟΣ の字が添えられている。

ケートス古希: κῆτος, kētos)はクジラ類やアザラシなどの「海獣」を意味するギリシア語だが、ギリシア神話においては本来の姿をやや離れ、一種の怪物として登場する。 ラテン語化されたケートゥスcetus)の形で参照されることも。今日でも、鯨類を Cetacean と呼ぶのはケートゥスが語源とされる。

概要編集

鯨やイルカのような大きく膨れた胴体に犬の頭部を持ち、下半身は魚。尾鰭は扇形で二つに割れている。出自についてはゼウスないしポセイドーンによって作られたとも、テューポーンエキドナの間に生まれた[1]とも言われており、伝承によって差異がある。

最も有名なエピソードにおいては、ケートスはポセイドーンによって作り出され、エチオピア人の王国を崩壊させるために送り込まれる。王妃カッシオペイアは、自らの美貌を誇示し、女神ヘーラーや海のニュムペー達よりも美しいと吹聴したため、ポセイドーンの怒りをかった。ポセイドーンが仕向けたケートスを鎮めるには、娘のアンドロメダーを生贄にするしかなく、アンドロメダーは鎖に繋がれ、海岸の岩に縛り付けられた。束縛されたアンドロメダーがケートスに喰われようとした所に、メドゥーサを退治した英雄ペルセウスが通りかかった。ケートスはペルセウスによって退治され(剣で倒されたとする話と、メドゥーサの首を突き付けられ石と化したとする話とがある)、アンドロメダーは救われ、ペルセウスの妻となったという。

エトルリアに伝わったケートスは、死者の魂を来世に運ぶプシュコポンポスの役割を担ったため、骨壷や石棺に多くのケートスが描かれている[2]

また、ケートスの姿は、東洋におけるマカラに影響を与えたという意見もある。[3]

キリスト教におけるケートス編集

ギリシャ語訳聖書七十人訳聖書)のヨナ書第二章の中で、嵐を鎮めるために海に投げ込まれたヨナを救うために、神はケートスを遣わしたとされている[2]。他にも創世記マタイによる福音書の記述にもケートスが登場する。ギリシャ語訳聖書が一般的だった初期キリスト教の教会装飾には、ケートスと考えられる海獣のモチーフが多く見られる。しかし、ギリシャ語訳聖書の原本であるヘブライ語聖書や、その翻訳である共同訳聖書では神が遣わしたのは「大きな魚」となっており、ケートスが現れるのはギリシャ語訳聖書とウルガタ聖書の一部である。古代ローマ文化の影響が過去となり、ギリシャ語訳聖書を使用しなくなった西方キリスト教圏では、ゴシック期にはケートスのイメージは巨大魚のイメージに置き換わっている[2]

脚注編集

  1. ^ 久保田悠羅F.E.A.R. 『ドラゴン』 新紀元社
  2. ^ a b c 金沢百枝 『ロマネスクの宇宙:ジローナの『天地創造の刺繍布』を読む』 東京大学出版会 2008 ISBN 978-4-13-086037-6 pp.116-129.
  3. ^ Boardman, John (2015). The Greeks in Asia. Thames and Hudson. ISBN 0500252130. 

参考文献編集

  • ブレンダ・ローゼン『妖怪バイブル』(ガイアブックス) 143ページ
  • キャロル・ローズ編、松村一男訳『世界の怪物・神獣事典』(原書房) 173~174ページ

関連項目編集