クラーケンノルウェー語等:クラーケ krake)は近世ノルウェーに伝わっていた海の怪物。巨大タコとみなすことが通念となっている。近代の学者は実在のダイオウイカとすれば説明がつくとする。

クラーケン対巨大ダコ
船を襲うクラーケン
(上)頭足類クラーケン[注 2]
W・H・リザーズ英語版(刻)。R・ハミルトン著〈ナチュラリスト・ライブラリー〉文庫本『水陸両生食肉目』(1839年)より。[6]
巨大ダコが船を襲う色彩画
—モンフォール画の複製。彩色木版画[2][1]
(左)準最大種「コロッサル蛸」(フランス名:プールプ・コロッサル)が船を襲う図[注 1]。(右)同じく彩色付きの複製画。

まるで島のようで、周りに魚群が集まるので着地して漁労をおこなえる、とか、吐き戻したもので撒き餌のように魚群を集めて養い、摂食期になるとこれを食らって、長時間かけて消化する等と書かれている。

北欧人がアイスランド沖(グリーンランド海域)に出現したと伝える巨魚か巨鯨ハーヴグーヴァと同一であろう、との主張もみられる。ただクラーケには多数の角があり、もしくは腕・触手が生えている等とされる。

クラーケについて初めて言及したのは、北欧を探訪したイタリア人ネグリ英語版(1700年)で、のちダノノルウェー人のエーイェゼ英語版(エゲデとも。1729年)、ポントピダン英語版司教(1753年)らが詳述したが、後者が有名である。

フランスの軟体動物学者ドニ=モンフォール英語版(1801年)が「クラーケン蛸」を発表し、蛸のイメージが定着した。小説家ユーゴーヴェルヌも影響を受けて危険な巨大軟体動物を作品に登場させている。

概説編集

クラーケン(クラーケ[注 3])については、つとにダノノルウェー人のハンス・エーイェゼ英語版(ハンス・エゲデ)が『古いグリーンランドの新しい解釈』(1729年)で、多頭で有爪のシーモンスターであるという近世ノルウェーの伝承にふれ、中世より北欧に伝わるハーヴグーヴァ(島のような伝説上の怪物。幻の鯨とも解説される)と同一と記述する。

そしてエーリク・ポントピダン英語版司教(『ノルウェー博物誌』、1753年)がクラーケンを講じて世界に知らしめた。ここに既ににタコ説がみられるが[注 4]ドニ=モンフォール英語版が「クラーケン蛸」を発表した事実が著名である。

モンフォールは、帆船の襲撃例を[注 5]、別種「コロッサル蛸」の仕業と特定したが、その版画は二つの巨大種の区別をあやふやに英国で複製・模写された[注 6]。フランスでもユーゴーの小説(1866年)の人食いタコ、ヴェルヌ作『海底二万里』(1869–1870年連載)の巨大イカに関して言及されている[注 7]。のちに動物学者らが、伝説のクラーケンのダイオウイカ説を立てている。

リンネが記載したミクロコスモス属(雑多な生物の集合体)は、間接的にはクラーケンではあるが[注 8]、リンネは頭足類はみな「セピア属」で別分類としている[注 9]、ところがセピア属の「セピア・ミクロコスモス」種という頭足類を発表したという誤報が、後々まで拡散している[注 10]

また、スウェーデン人オラウス・マグヌスが作成した、海の怪物の絵をちりばめたことで有名な地図『カルタ・マリナ』(1539年)にも、クラーケンが描かれているのではないかとの推論がある。まず地図には人間を襲う巨大ロブスターが描かれているが、オラウスの著書では、船をも襲うロブスターの姿をした怪物の画はポリュプス(タコ)を示している。また一名「あごひげ鯨」という、触手のようにしなう多数のトゲを頭部から突出させる怪物が地図に載っており、これも候補とされる。

名称編集

クラーケン(英語: kraken[ˈkrɑːkən])は、 ノルウェー語の kraken, kakjen に由来するが、それは-n が付いた定冠詞形である[12][13][12]

原典はデンマーク語だが現地語であるノルウェー語では[注 11]、クラーケ(仮名転写ノルウェー語: krake; [ˈkra:'ke])が標準形で、現在では巨大なシーモンスターほどの意味である[14][15]

ノルウェー語 krakeには複数の意味があるが、'曲がり樹、変形して伸びた樹'の意味の語は、古ノルド語 kraki(’竿'[16])に由来するが[15]、海獣の意味のクラーケも同じ語源ではないかと推察されている[15]。スウェーデン語の krake ('海の怪物'の意)も、krake ('竿')が語源とされる[17]

ただし、フィンヌル・ヨウンスソンの解説では、krake には'鉤縄 dregg'や''の意味があり、多足類(タコ・イカ)を連想させるとしている。また、別称の horv は harv の異形だと説明しており、この語には'馬鍬'の意があり、 タコ・イカの動作がまるで海を鋤くようだから、と理由づけている[18]

シェトランド方言英語版またはノルン語で krekin は'鯨'を意味する隠語(タブー回避語)で、同根語であるとされる[17][19]

別称としてsøe-krake, kraxe, horv[20] søe-krabbe, søe-horv, anker-trold等(デンマーク語形)が挙げられている[21][注 12]

クラーケンとの同一視も見られるハーヴグーヴァ[24]、異名リングバック英語版lyngbakr)を挙げることができるが[25]、やや古い例では『矢のオッドのサガ』英語版のサガで別々の怪物として語られている[26]

初出歴編集

 
オラウス地図の二頭の怪物:(左)"獰猛な歯"のほうは「豚鯨」、(右)"眼光爛爛とした角を持つ"ほうは「あごひげ鯨」とゲスナーが命名している[27][28]。左はあるいはクラーケン?[29][注 13]
—オラウス・マグヌス, カルタ・マリナ (1539)年

クラーケ[ン]についての最初の記述は、フランチェスコ・ネグリ英語版の著作『北方旅行』(初版パドヴァ本、1700年)に見える「シュ=クラク」(sciu-crak)のくだりであることが突き止められている[31][33]。ここでは、シュ=クラクは巨大な"魚"(魚介類)で、多数の角と足を持つととされる。また、シーサーペントとも明確に区別される[34]

ハンス・エーイェゼが、『古いグリーンランドの新しい解釈』(デンマーク語1729年、英訳1745年[35])でクラーケンに言及し、複数の頭と爪をもつ巨大生物とし、アイスランド民間につたわるハーヴグーヴァと同一視したが、後者は伝説上の「鯨」と解説される[36]

クラーケン(ノルウェー語: krake)名を用いて、その怪物を解説した初出がポントピダン英語版司教の『ノルウェー博物誌 Det første Forsøg paa Norges naturlige Historie』(1752–53年)だと述べられることがあるが[37]、ドイツ語での解説ではポントピダンがその国の言葉でクラーケンについて詳しく知ることができる初めての史料だと述べたに過ぎない[38][39][注 14]

ポントピダンがクラーケンの知名度に大きく貢献したのは確かである[42]。ポントピダンはクラーケンが複数の足を持つとも、島や砂州のように巨大であるとも描写し、巨蟹、ヒトデ類、ポリュプス(蛸)のたぐいであると仮説を立てた[43]

エーイェゼ編集

ハンス・エーイェゼ(ハンス・エゲデ)著『古いグリーンランドの新しい解釈 Det gamle Grønlands nye perlustration』(1729年、ドイツ訳1730年、英訳1745年)[35]の脚注に、長文にわたってクラーケ(英訳名:クラーケン kracken)の説明が行われている[44][注 15]

地元ノルウェー民間から得た情報によれば、その体長は数マイルにおよび、浮上すると海を覆いつくすかのようであり、”多頭で、いくつもの鉤爪を持っていた”。その鉤爪で獲物を捕らえ、それは船も人間も魚類も他の動物もいとわず、海の深淵に引きずり込んでしまう.[44]

ノルウェーの漁民らの言い伝えによれば、魚を集めて浮上しているクラーケンの上には、まるでそれが魚釣りの足場(砂州、fiske-grund)のように乗っかることができるが、不幸にもクラーケを釣りあげてたら最後、その名を唱えて海底に戻させないといっかんの終わりだと信じられていた[47][48]。エーイェゼはまた、クラーケとは「海のあやかし」・「海のお化け」 (デンマーク語: søe-trold og [søe]-spøgelse)の部類に属しており[51]、同じ部類の化け物にドラウ"(デンマーク語: Drauen、定型)がいるとしている[52][53][注 16]

エーイェゼは、クラーケがアイスランド人がハーヴグーヴァと呼ぶ怪物と同じとみなしたが、後者についてなんら伝聞をもたないので詳述はできないとしている[24][注 17]

ハーヴグーヴァ編集

エーイェゼがクラーケンをハーヴグーヴァという怪物と同一視したことは既述したが[23][24]、これは『王の鏡』英語版c. 1250年)という書物を股引きして得た知識のようである[注 18][56][57][39][23][注 19]

その後、ダーヴィット・クランツドイツ語版の『グリーンランド史 Historie von Grönland』(1765年)も、クラーケンをハーヴグーヴァと同一と説いている[59][60]

ハーヴグーヴァは、中世13世紀、古ノルド語の文献に記載されているが[注 20][61][62][注 21]、近年の学者の著述でもクラーケンと同義に扱われることがあり[64][23]、ハーヴグーヴァも含めるならその生息域は、(あくまで伝説的な『矢のオッドのサガ』英語版の上では)、ヘッルランド(カナダのバフィン島)にも及ぶことになる[65][注 22]

否定論

『王の鏡』のハーヴグーヴァは、じつは巨鯨の目撃者が虚飾を交えて伝えたに過ぎない、という意見も見られる[66]ハッルドール・ヘルマンソンアイスランド語版も、ハーヴグーヴァを鯨の一種と説明する[36]

フィンヌル・ヨウンソン(1920年)は、上述したように語形よりクラーケンはあきらかに 頭足類 (北欧語だと「墨吐き」類と呼ぶ)の一種だと推察しており、ハーヴグーヴァ由来ではないとして否定的である[18]

ポントピダン編集

のちにデンマーク=ノルウェーベルゲン司教[注 23]ポントピダン英語版は、その著書『ノルウェー博物誌』(1752年。実際は第2巻、1753年)において、クラーケンの説明をおこなっている[67]

クラーケンは、浮上するとまるで列島か環礁に間違えられるとされ、その間には小魚が泳ぎ交うのだという[22][68]。ノルウェーの漁師は、豊漁が見込めるゆえに、あえてクラーケンのいる真上で操業するのだという[69]。今でも「クラーケンの上で漁をしてきたんだな」という俚諺が伝わっている[70]

しかしクラーケンは、最強の軍艦さえも海底まで引きずり込める恐ろしい怪物である[71][72][73]。そして、危険はこの生物じたいにとどまらず、潜水した時に生じる渦巻でもあり[74][72]、それは有名なモスケン島周辺メイルストロムのようだと形容されている[75][76]

摂食習性として、数か月もっぱら捕食に専念すると、その後の数か月はもっぱら排泄物を出し続け、その海は濃厚になって濁るが、よい芳香を発して魚類をひきよせるという[74]。これは頭足類が墨袋の墨を放出したとすれば合致するという後年の学者の考察がある[77]

分類学的試論編集

ポントピダンは、1680年にアルスタハウグに漂着した海棲生物の個体を、クラーケンかと推論したが、長い腕か触手がついており、これをカタツムリかナメクジ類のように伸縮させてまさぐっているうちに磯にからまってしまった未熟な個体だったのではないかと推察していた[78][73][76][79]。後年、博物学者の ポール・バーチ英語版が、この過去例をおそらくダイオウイカと推論しており[80]、文学者のフィンヌル・ヨウンソンも同意見であった[81]

しかし、ポントピダン自身は、当初クラーケンをカニ類だとも示唆し、タコ類かヒトデ類(厳密にはクモヒトデ目改めカワクモヒトデ目テヅルモヅル類)ともしており、特定をひとつの生物に絞り込めてはいない[82]

まずポントピダンは巨蟹の特定が妥当であるかのごとく、krabben という別名が、もっともその性質に近い、という考えを呈している[22][83][76][注 24]

「メデューサの頭」。クラーケンの幼生とされる(漁夫伝説)。
テヅルモヅル属 Gorgonocephalus caputmedusae(旧名 Astrophyton Linckii[86])。リンネの「アステリアス属カプト・メドゥーサエ属」こと「メデューサ頭」はこれではないかとのライマン英語版の推察がある [87]。北海にもいる種である[88]
Gorgonocephalus eucnemis[89]。同属のこの種が、英国北部で「シェトランド・アルゴス(Shetland Argus)」と呼ばれるテヅルモヅル種ではないかと、ベル英語版が考察、「メデューサ頭」もその言及か、としている[90][91]。棲息分布は広い[91]

しかしさらに続けて、クラーケンと、古代ローマの大プリニウスが『博物誌』第9巻第4章で「アルボル」と呼んだ、まるで樹枝のような多数の足を持つ生物[注 25] との引き比べをしている[92][93]。ただしポントピダンは、大プリニウスの「アルボル」と、類似した8本足の「ロタ rota」という伝説生物を混合していることを念頭に置かねばならない[94][93]、その古代例を、クラーケンとみなしていたことが窺える[95]

そしてクラーケンはタコ類(ポリュプス)[100]または「ヒトデ類」、であると断じた[101]

もっとも「ヒトデ類」は大雑把な言い方で、具体的にはポントピダンはステラ・アルボレセンス(Stella Arborescens )という当時の博物学名で特定しており[注 26][103]、いまはそういう学名の生物はなく、クモヒトデ綱クモヒトデ目ということになる[104]。さらにつきつめるとその生物は、旧定義の「Astrophyton 属」種だが[105][106][注 27]、現定義だとテヅルモヅル属(Gorgonocephalus)属に分類し直されており、北欧で見つかるいずれかの種が該当する[注 28][107]

ローマ古典の「アルボル」(と「ロタ」が混合された8本足生物)は、タコ説が有力に見えるが[108]、けっきょく司教はクモヒトデ説をより好んでいる、とベルナール・ユーヴェルマンスは解説する[109]

そしてクモヒトデ説には、傍証材料がある。すなわちリンネ当が「メデューサの頭(caput medusæ)」種と呼ぶ「ヒトデ」は、クラーケンの幼生だ漁師たちのあいだに言い伝っていた。 そしてポントピダンは、当時の博物学者の鑑識眼にしたがい[注 29]、「メデューサの頭」は、これが前述の「ステラ・アルボレセンス」と同一生物だ、と結論した[注 30][110]。この「メデューサの頭」は、ノルウェーではごく頻繁に浜辺に打ちあげられる漂流物ということで、ドイツのフォン・ベルゲン英語版は、もしクラーケンんの子供というのが本当ならば、海はその怪物で溢れてしまう、と揶揄している[111][112]。「メデューサの頭」もテヅルモヅル属説が提唱されている[113][注 31]。テヅルモヅルは腕が分岐するクモヒトデでだが[119]、現状はクモヒトデ目でなくカワテヅルモヅル目に分類される属である[120][注 32]。腕には腕針がついている[119]

ポントピダンはいまいちど古代例を考査し「このクラーケもやはりポリュプス(蛸)の仲間に違いない」とも述べているが、その例は大プリニウス第9巻第30章から引いて「オザエナ」(ラテン語: ozaena)と呼んでいる巨大生物のことである[121]。この「オザエナ」というのは、「臭いやつ」という程の意味のポリュプス(蛸)の異称で特に大型のものを指すわけでなく、大型例はカルテイア英語版の町の養魚池にやってきて、しばしば塩漬け魚を盗みにやってきたポリュプス(蛸)のことなのである。「そのすさまじい息で犬どもを苦しめ、こんどは、その触手の先端で鞭うったのであった」というくだりをラテン語で引用していることからそれは間違いない[93][122][123][注 33]

最後にポントピダンはポリュプス(タコ)や「ヒトデ類」は、総じてコルス・トロル(デンマーク語: kors-trold、'十字あやかし'の仲間で、「それらはかなり巨大なものもおり、... 海洋最大のものさえいるのだ」としている。この「コルス(十字)」というのは、それら生物の体の回転対称性への言及だと説明される[121][93]

ドニ=モンフォール編集

フランスのドニ=モンフォール英語版は、著述した『軟体動物の一般的・個別的博物誌 Histoire Naturelle Générale et Particulière des Mollusques』(1802年)のなかで[124]、2種の巨大ダコがいるという認知をおこなっている[7]

このうち「コロッサル蛸」と称したのは、大プリニウスに引用される某地方官が著述した大ダコ(ジブラルタル湾岸の町カルテイアの魚泥棒のポリュプス、既述)と同一だとしており[125][126]、同地方官によれば大ダコは海の難破者や素潜り漁師をも吸盤でバラバラに引き裂く(ラテン語: distrahit)、人殺しの怪物だと伝聞されている[127][128][129][130]。モンフォールは、この 「コロッサル蛸」をいささか誇張し、三本マストの帆船を襲う巨大ダコの版画におさめて併記した[7][131]

もう一種、「クラーケン蛸」は、モンフォールによれば地球上最大の生物で、大プリニウスの怪物ダコなどをはるかに凌ぐ大きさなのだとした[132][133]。そしてクラーケンは、 大プリニウスの「(海の)アルボル」、すなわち「アルボル・マリヌス」と同一だと脚注している[134]

脚注では、幾つか他の博物誌上例も、クラーケンと同一視できるとする[135][136]。ひとつはドイツ人パウリーニ英語版が発表した「モンストルム・マリヌム(海の怪物)」で、論文では「海蟹」(ドイツ語: Seekrabbe)ともされるが[137][138]、これはゲスナーが Cancer heracleoticus と称したカニ種(フィンランド沿岸にときお這い上がってくるという蟹)に似ていると説明されており[137][133]、後年の海洋生物学者はヒキガニ属英語版だろうと特定した[139] 。つぎにカール・アウグスト・フォン・ベルゲン英語版が「最大海獣」(bellua marina onium vastissima)だとした北欧俗名トロルワル(trolwal、「あやかし鯨」)・ドイツのトイフェルヴァル(Teufelwal、「デビル鯨」)が挙げられている[140][136]

アンゴラ沖の大ダコ、サン=マロ奉納画編集

モンフォールは、「コロッサル蛸」の章で、当時のフランス船舶がアフリカ南部アンゴラ沖で、巨大な頭足類に襲われたとする事例に触れており、これをコロッサル蛸の仕業と位置づけ、当事者によってサン=マロの教会(サン=トマ礼拝堂)に収められた奉納画をもとに、その場面のの版画を掲載した[141][142][1][2]

イギリスでは同じ場面を描いたモンフォール画模写が発行されたが、ロバート・ハミルトンの著作(1839年)の掲載画は、見出しが「クラーケン蛸」に置換されている[注 34]

モンフォールは当時の蛸(フランス語: poulpe)の普通種が、学名 Sepia octopodia に分類されることに倣っていたのであったが[144]、英語圏の博物学者も、この分類にしたがいタコのことも「(八足)カトルフィッシュ」[6][4]などと呼ぶようになっていた。ただし、現在の英語では「カトルフィッシュ」は「コウイカ」の意味にとらえる。

戦艦ヴィル・ド・パリ編集

モンフォールは巨大ダコが船を沈めることができるとした事件を事実としたうえで、1782年に英国軍支配下の10隻(拿捕されたフランス戦艦も含む)もの数が一度に失われた事件を検証し、荒波等ではとうてい説明がつかない、大ダコの関与、あるいは10匹もの数が関与した、という仮説を述べている。最初に異常警報を発砲したのは、フランス籍の戦列艦ヴィル・ド・パリであったが、最初に荒波に沈み、他船も同じ沈没の最期をたどった[145][146][147]。これは、暴風の直撃で十分に説明がつくとされ[131]、モンフォールのタコによる沈没説は、"無謀な虚実"とさえ言われている[147]

 
ナイアガラ号が1813年に目撃したという生物。全長200フィート (61 m)だと報告されことを受け、そのような巨大タコのイメージ画を当時のアメリカの博物学者が掲載している。

ただモンフォールは、これらに関連して知己の軟体動物学者ド・フランス英語版に「もし自作の[蛸に]からまれた船が受け容れられるなら、次作はコロッサル蛸に一個艦隊やっつけさせるさ」とうそぶいたことが伝わっている[148][149][4]

ナイアガラ編集

また1813年 、乗客船ナイアガラ号が、リスボンからニューヨークに向かう航行中に、なんらかの海棲生物を目撃した。全長200フィート (61 m)だと目測され、それは貝殻に覆われ、鳥が群がって止まっていたという。アメリカのサミュエル・L・ミッチル英語版が、これを発表し、モンフォールのクラーケンに言及して、タコの姿として想像図を掲載した[150]

メアリー・セレスト号編集

メアリー・セレスト号が見つかったとき(1872年)、この船が無人となった理由として様々な検証・臆測がなされたが、その中には「乗員が全てクラーケンの餌食になった」という説も存在した。海難事件の40年後弱の1904年に書かれた某記事の憶測である[注 35][152][注 36]。タコ説とは突拍子もないようだが、ありうる可能性のうちに入る、とセレスト号を題材にしたノンフィクション作家は述べている[152]

リンネのミクロコスモス属編集

 
ヨーロッパで俗に「海ぶどう」と呼ばれる頭足類の卵塊。

分類学の父と謳われるカール・フォン・リンネが、『自然の体系』英語版1735年)に、ミクロコスモス属という分類を発表し[注 37]、これを"さまざまな異種に覆われた[生命]体"(ラテン語: Corpus variis heterogeneis tectum)と説明して、該当生物(他の博物学者の発表例)を列記した[139][153][154][注 38]

リンネがミクロコスモス属に挙げた種類というのは、4出典3種類であった[注 39][158][139][156]。 すなわちトマス・バルトリン英語版著『希少生物解剖誌』で「ケトゥス」(≈鯨)の一種とされるハーヴグーヴァ[159]、パウリーニの「モンストルム・マリヌム(海の怪物)」(巨蟹。既に触れた)[137]、そしてフランチェスコ・レディ『動物内に見られる動物の観察』(イタリア語、1684年; ラテン語 1686年)[160][161]の「ホヤ類」(ナツメボヤ属 Ascidiaに現在では比定)である[139][162][注 40]

スウェーデンの海棲生物学者スヴェン・ルズヴィ・ロヴェーン英語版は、この「クラーケン」の博物誌についていろいろ考察を述べているが、『自然の体系』第6版(1748年。スウェーデン語属名を付記した版[163])に「kraken」の記載があるとするが[139]、ミクロコスモス属の項にはその属名が空欄になっている(少なくともNCSU蔵本を見る限りでは[155][164]

ただし、第7版(1748年。ドイツ語属名を付記版[163])は、ミクロコスモス属を「海ぶどう(Meertrauben)」と付記しており、これはイカ・コウイカ類の卵塊の民間名である[165][166][注 41][168]

また、フランスのルイ・フィギエ(1860年)が、リンネが(『自然の体系』初版、1735年で)セピア属ミクロコスモス種という(Sepia microcosmus)という頭足類を発表した[169][170][171]と誤って記述したことが指摘されている[172]。しかし、近年の書籍に至りこれらの誤認は波及している[174]

英語版リンネ編集

イギリスの博物学者トマス・ペナント英語版は、普通種のタコ(Sepia octopodia)の英名を "eight-armed cuttlefish" (八本足カトルフィッシュ)と記載しており、インドの諸島では、幅2ファゾム (3.7 m)、足の長さ9ファゾム (16 m)の個体も見つかると記載している[4][5]。そしてウィリアム・タートン英語版は、リンネの『自然の体系』英訳において、この9ファゾムの長さのタコの例を転載している[注 42][4][175]

しかしリンネにも言及したクラーケン考察は、のちにも踏襲され、たとえばジェームス・ウィルソン英語版『ブラックウッズ・エディンバラ・マガジン』英語版に考察を執筆しており[176]、英国教養人にクラーケンの知識がひろまり、テニスンがこれを題材に詩を書きあげるに至っている[64]

図像学編集

 
「想像上のクラーケン」
— ジョン・ギブソン(1887年)[177]

モンフォールが掲載した「コロッサル蛸」が船を襲う版画がよく言及されるが、これはモンフォール本人によれば「クラーケン蛸」とは別種である[1]。しかし、クラーケン蛸が船を襲う画として解説されることもしばしばである[4][178]

英国ではモンフォールに模した版画が、「クラーケン」と改題されて出版された[6][177]ことは既に述べた。

ポントピダンに遡ると、シー・サーペントの版画は掲載するが[179]、それいがいのクラーケンがは見えない。

ただ、エイイェーゼは、"複数の頭に、幾つもの爪"を持つ生物としており、ネグリも角をもつと描写している[180]。そして、古い地図に描かれた「あごひげ鯨」がクラーケンを表しているのではないかと言う近年の仮説も見られる(§オラウス・マグヌスに詳述)。

また、19世紀の例として、アイルランドケリー県ディングルに、双頭で角をもつという生物の漂着が報告されており、発見者を名乗る者がその絵画を作成したとされる[181]。その発見者は絵を携え、話を交えてそ見物料を取って巡業したそうである[182]

オラウス・マグヌス編集

エビのように書かれたポリュプス
"M"と印された怪物
—『カルタ・マリナ』(1539年、部分)。
巨大エビが人を捕る
—ヘンリー・リー(1875年)の複製、原画はオラウス・マグヌス『北方諸民族誌』(1555年)
"クラーケンは、ザリガニやロブスターとして描かれています"[183]
 
聖ブレンダン一行の「島鯨」上陸。近くに「幸運島 fortunate isle」。

スウェーデン人の オラウス・マグヌスは「クラーケ[ン]」という名前を用いていないが、さまざまなモンスターの画をその地図『カルタ・マリナ』(1539年)や著書にちりばめていることが知られ、これらのいずれかが「クラーケン」を表してないか、その試論がみられる。

オラウスの著書によれば、ある種の「鯨」は、長い歯をもち、それは"イノシシやゾウの牙のようで"、大きな眼をまもっていると書いており、これが"角を生やすことができる(飛び出さすことができる)"としている。そしてそれは角質のように硬いが、しなやかにもできるのだとする[184][30]。だが、この「牙形態」のほうは「豚鯨」(ドイツ語: Schweinwal)、「角形態」のほうは「あごひげ鯨」(ドイツ語: Bart-wal)というふうに、別種としてスイスの博物学者ゲスナーが命名している。ゲスナーによれば、「星のようなあごひげ」が、上顎・下顎の周囲を取り巻くのだという[185][28]。そして、これは北欧人の伝えるクラーケンのでないかと推論もみえる[29]

また、オラウスの地図は"クラーケンやら他のモンスターの図像が満載される"と述べる近年の学者もいる[23]

ジョン・アシュトンの著作(1890年、和訳『『奇怪動物百科』、2005年』) は、かなりの紙面をさいてオラウスの怪物についての解説をおこなっており[186]、有角(あごひげ)の鯨についても引用している[187]。ただアシュトンの持論は、オラウスがクラーケン(巨大ポリュプス)を「ザリガニやエビの姿で描いた」というものである[188]ポリュプスは「タコ」であるはずなのに、オラウスの著書では、「ポリュプス蛸について(De Polypis)」の章の上の挿絵が、人間を捕らえた巨大エビの場面であり[189][184][30]、同様の巨大エビが地図にも表れる[190][191]。博物学者のヘンリー・リーもまた、オラウスのこの挿絵は、巨大イカ類が襲った事件を、多足のロブスターとして誤って描写したのだろう、と意見している[192]

ただオラウスの地図の説明文が、必ずしも書籍とは一致しない。オラウスの地図の左下( アイオナ島[注 43])に"M"と記される人間をハサミでとらえた怪物は、詳しい説明文が欠如している[193][注 44]。ただ、この地図と関連するテキストとされる『Auslegung』には、何等分かされた地図のこの区域は、アイルランドから「幸運の島 Insula Fortunata」に至ると書かれていることを付記すべきであろう[194][注 45]

ダイオウイカ編集

 
通報艦アレクトンが遭遇した"ピューヴル(お化けダコ、クラーケン)"
アンリ・クーパンフランス語版著(第4版、1912年)[1903年][197]
ブイエ著(1866/1867年)に言及しているが、そのときの挿絵は船がこれほど小さく描かれていない[198]

1861年11月、カナリア諸島から出航したフランス海軍通報艦アレクトン は、海面にクジラより大きな未知の海洋動物を発見し、銃撃ののち、ロープでからめとろうとした。このときちぎれた胴体の一部が採取され、ダイオウイカ属と鑑定されている[199][200]。そのときのイカは、乗員がスケッチしており、フレデリック・ブイエフランス語版艦長が出版した紀行録にはそれを元にアレンジした巨大イカの挿絵が掲載された[198]。後年、動物学者アンリ・クーパンフランス語版は、元の絵より背景の船が極小化された複製画を掲載したうえで、「ルイエ〔ママ〕氏は、いささか贔屓目に目撃し描画した」と主張している[注 46][197]

1873年、モーゼス・ハーヴェイ牧師英語版に発見された個体が、初の完全標本となり、まぎれもなく実在する巨大イカ、Architeuthis属との認定を受けた(A・E・ヴェリル教授英語版の発表論文、1882年)[201][202]。以後、このダイオウイカこそがクラーケンの正体ではないかとの所見が文献にみられるようになる[203][204]

現代的な船舶は自走能力が高く風の有無にかかわらず航行可能であるため、仮にクラーケンが実在したとしても襲われることはまず無い、という考え方がある。もちろんこれは「船舶が故障や燃料切れを起こしておらず、十分な自走能力を備えている」「船舶自体に十分な大きさがある」「クラーケンのサイズや運動能力が一定の範囲内に収まっている(全長が数kmに達する活発な生物であれば、タンカー空母級の船舶を襲うことも考えられる)」といった場合の話である。加えて、この怪物が北欧の海に特有であると限るようなことでもない。

クラーケンのモデルではないかと取り沙汰されることの多いダイオウイカ(学名:genus Architeuthis)は現生最大級の頭足類(巨大イカ)であり、平均全長約10m、信用に足る最大個体の記録は全長約13mである。しかし、推定全長20mともされる不確定記録がある。

ダイオウホウズキイカ属(学名:genus Mesonychoteuthis)は現生最大とされ、その全長はダイオウイカを上回る14mに及ぶ。また、ダイオウイカと同様、推定全長20mとの不確定記録がある。

古代種説編集

かつて深海だった三畳紀の地層に、多数のイクチオサウルスの化石が発見されているが、古生物学者マーク・マクメナミン英語版の分析によれば、同時多数の死滅ではなく、時間をかけて集積された死骸であるとする。そして生きたままの状態のものもあるが、背骨のディスクなどがパズルのように綺麗に並んで見つかっている。あくまで仮説にすぎないが、クラーケンのような巨大節足動物が玩具にしていたのではないかと発表している。もちろん憶測にすぎないとの反論もあり(海棲生物学者ロジャー・ハンロン英語版)、現代の蛸は収集癖はみられるが、食べ終わった動物の骨を並べて遊びをするような行動は確認されない、と飛躍をうったえている[205]

文学への影響編集

 
ジュール・ヴェルヌの小説 『海底二万里』のための挿絵
19世紀、クラーケンのモデルとされる巨大ダイオウイカが航行中の船舶の間近に現れた様子。未知の海洋動物の出現に乗員達が警戒している。

フランスの小説家ヴィクトル・ユーゴー『海の労働者』英語版(1866年) の中で、人を襲う大蛸を登場させ、それが伝説上のクラーケンであり、現地の チャンネル諸島ガーンジー方言等)でピューヴル(pieuvre)と呼ばれる怪物だとし、この後者の名前をフランス語に定着させた[206][207][208][注 47]。ユーゴーの蛸はそののち、ジュール・ヴェルヌSF冒険小説海底二万里』(1870年)で巨大イカ(クラーケン)が登場する描写に影響を及ぼしたとされるが[210]、ヴェルヌはまた、実在した軍艦アレクトンの巨大イカ遭遇事件にも取材しているとされる[211]潜水艦を襲撃する怪物を、ヴェルヌはクラーケンとも、イカ(フランス語: calmar)ともタコ(フランス語: poulpe)とも呼んでいて整合性はとれていない[212]

英語圏では、H・G・ウェルズも怪物化されたタコのイメージを作品に取り入れた[213]。また アルフレッド・テニスン『ザ・クラーケン』英語版(1830年)と題して不規律ソネット体の詩を創作しており[64]ハーマン・メルヴィル作『白鯨』(1851年)の「第59章イカ」にもクラーケンの面影がうかがえると当時の評論家にも論じられていた[214][215]

大衆文化編集

ギリシア神話をモチーフとしたレイ・ハリーハウゼン監督の特撮映画『タイタンの戦い』(1981年アメリカ製)に登場するクラーケンは、ワニのような皮膚、魚の(ひれ)様の大小の突起物を持つ人型の胴体に、手と爪があり関節の無いタコの触手様の4本の腕、(くちばし)のあるともサルともつかない頭部を具えた「異形(いぎょう)の巨大怪獣」として描かれている。おそらくこれはいわゆるトレミー48星座の内に描かれた『くじら座(ケートス)』の視覚イメージをそのまま拡張させたものと考えられるが、この一種独特の個性を放つクラーケンのイメージは、それ自体が、後に続く多くの海の怪物・怪獣に大きな影響を与えている。

1998年のアメリカ映画『ザ・グリード』では、客船を襲った正体として巨大なタコの化け物が登場する。 2006年のアメリカ映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』には、幽霊船の船長デイヴィ・ジョーンズに操られるタコのような触手と、イカのようなエンペラを持ったクラーケンが登場する。ジャック・スパロウを船ごと海中へ飲み込むが、後にデイヴィ・ジョーンズに殺害され、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』のワンシーンに岸に打ち上げられた姿で登場。

水野良の小説『ロードス島戦記』(1983年初出)等、フォーセリアを舞台にした小説では、水の精霊の上位種としてクラーケンが設定されている。

J・K・ローリングの作品『ハリー・ポッター』シリーズ1997年初出)では、ホグワーツ魔法魔術学校の池にクラーケンをモチーフとしたと思われる巨大イカが棲んでいる。この巨大イカは昼休みに生徒と一緒に泳いだり、浅瀬で日向ぼっこしているところを生徒に足をくすぐられたり、池に落ちてしまった生徒(デニス・クリービー)をに戻してあげたりと、無害かつ温厚な性格をしている。

ロールプレイングゲーム(RPG)の世界では、プレイヤーキャラクターの進行を妨げる敵としての、頭足類をモチーフとしたモンスターの名前にしばしば「クラーケン」の名が使用される。『ザ・ブラックオニキス』(1984年初出)に登場するものが例として挙げられる。

注釈編集

  1. ^ アフリカ南部のアンゴラ沖にて襲われたとする船乗りの絵をもとにしている[1][2]
  2. ^ "クラーケン。セピア属、イカ・タコ類とされる(ドニ=モンフォール画に模す)"という見出しがついている。原文の"cuttle fish"は、当時の語義にならい「イカ・タコ類」とするが、現在は「コウイカ類」の意味にとられてしまう。これはそもそもリンネがタコもイカもコウイカも同じセピア属に分類したせいであり[3]、英語でセピア属の標準英名を"cuttle-fish"と決めた結果、タコの標準英名が "eight-armed cuttle-fish"となってしまった[4][5]
  3. ^ 原語のノルウェー語や、もちいられている公用語のデンマーク語ではkrakeが標準形で、krakenだと定冠詞形だが、英語では後者の形態が 単語となってしまっている。
  4. ^ 原文で言えばポリュプ説(廃語:polypus)、すなわち蛸の説であるとユーヴェルマンスが語釈しているが[8]澁澤龍彦はこの「ポリプ」は蛸ではなく「ポリプ」(腔腸動物?」だと解釈したので齟齬が生じる[9]
  5. ^ アンゴラ沖。
  6. ^ 英国版画(冒頭図。上掲画像のR・ハミルトンの著〈ネイチャーズ・ライブラリー(文庫)〉)。ここでクラーケンを旧い分類のセピア属としているが、結果タコなのに" cuttle-fish"の一種とされている。これは現今では「コウイカ」と捉えられてしまいがちだが、過去の語彙においては「蛸も含む生物の総称」と読む解くべきである[5]
  7. ^ ユーゴー、ヴェルヌに加えH・G・ウエルズの小説も挙げられる[10]
  8. ^ リンネが『自然の体系』英語版第2版(1740年)で示すミクロコスモス属の第1例はトマス・バルトリン英語版がケトゥス(≈鯨)の一種としたハーヴァグーヴァだが、そこでクラーケンについて述べておらず、同一と結びつけたのはエイイェーゼであった。第2例は論文集中のパウリーニ英語版の「モンストルム・マリヌム(海の怪物)」(パウリーニの解説では"Seekrabbe、「海蟹」ともされる)だが、それをクラーケンだと断じたのも別人(モンフォール)である。
  9. ^ またミクロコスモス属の別例としてフランチェスコ・レディの「ホヤ類」も加わっていおり、リンネの『自然の体系』初版の和訳ではミクロコスモス属を「ホヤ」だとする[11]
  10. ^ フィギエ。誤謬をユーヴェルマンスが指摘。
  11. ^ エーイェゼやポントピダンによる文献はデンマーク語で著されている。しかし地元ノルウェー民から採取した情報である。
  12. ^ この søe はデンマーク語で、ノルウェー語では sjáでないと「海」の意味にならない。ここでは定冠詞接尾語(-en, -n)をはずしたが、英訳や[22]、英語の解説では Kraxen, Krabben 等の語形が使われる[23]
  13. ^ ただし、オラウスが後に書いた書籍によると、これらは同じ種で、目を守るために牙もついており、突出可能でしなうことのできる多数の角も持つとしている[30]
  14. ^ ポントピダンが初出と言う誤解は近年でも根強くありつづけている。
  15. ^ 欄外にある節題名は「ノルランのクラーケ伝説 Fabel om Kraken i Nordlandene」で[45]、英訳題名は「ノルウェーのクラーケン物語、亡霊と騙られしもの也 A Norway Tale of Kraken, a pretended phantom」と拡張されている[46]。原文にあるノルラン(Nordland)というのはエーイェゼの生国でデンマーク統治下ノルラン・レーン(現今のヌールラン県以北)だが、生誕地は今はノルラン県(ヌールラン県])でなく・トロムス・オ・フィンマルク県ハーシュタに組み込まれる。
  16. ^ 既に注記したとおり、欄外に記される英語の節題名には「亡霊(phantom)と騙らる」と加筆されている。
  17. ^ 英語の学術書をみると、Machan は、なぜかこの該当箇所の注を無視した本文のみの言及で、、エーイェゼが「クラーケ[ン]」の語は明言ぜずに、「怪獣 Bæst」や「恐ろしい海獣 forfærdelige Hav-Dyr」のたぐいとしか記述しておらず、とした[23][52]レオ・ルイックビーは、脚注から引用しているが、クラーケンでなくハーヴグーヴァの項に記述した[54]
  18. ^ 『アイスランド王の鏡 Speculum Regale Islandicum』とについて、 トルモドゥス・トルファエウス英語版より得たとエーイェゼがしている。『王の鏡』にはアイスランドやグリーンランド海域のクジラ類・アザラシ類についての詳述があり[55]、そのなかにハーヴグーヴァの描写もみられる。
  19. ^ 1917年版『王の鏡』}の英訳では、ハーヴグーヴァが kraken と英訳されている[58]
  20. ^ 『王の鏡』(1250年頃)では、最大のシーモンスターでグリーンランド海を棲息域とするとされる。
  21. ^ ブシュネルは13世紀のアイスランド文学も含めるようだが、『スノッリのエッダ』には単語のみの記述であり、『矢のオッドのサガ』がハーヴグーヴァやリングバックに言及するのは[63]、より新しい稿本(14世紀末)のみである。
  22. ^ Mouritsen & Styrbæk (2018)(頭足類の本)では、怪物ハーヴグーヴァとリングバック鯨を区別している。
  23. ^ 正確には、ノルウェー国教会ボルグヴィン司教区 (en) 司教。
  24. ^ ちなみに、スェーデンのヴァレンベリ家(ワレンバーグ財閥)創始者のヤーコプ・ヴァレンベリ (著述家)スウェーデン語版 の著書(仮訳題名)『ガレー船上の我が息子 Min son på galejan』(1781年)に、次のように語られている:
    クラーケは、蟹魚(スウェーデン語: Krabbfisken)ともいう。さほど大きいわけではないさ、頭と尾を入れても我国のカルマル県沖のエーランド島の全長に(すなわち85 mi または 137キロメートル])に及ばない。ここいらの漁師はみな、なんらかの[クラーケン]話を持っている。海底にひそみがちな奴で、つねに無数の小魚の大群に取り巻かれておって、それが餌となって通過する。ポントピダン司教が書いてたが、わしの記憶が正しければ、食餌の時間はいちどに3か月以上かかり、それをまた3か月かけて消化する。その間、大量の排泄物を出して、より小さめな魚どもの大群を養っておるのさ。それゆえ、国の漁師たちは、その潜み場所をなんとか探し当てようとして、 最有利なかたちで職業を営むものさ。あ奴は、少しずつ水上してくるんだが、水面下ten - twelveファゾム [18 - 22 m; 60 - 72 ft]までやってきたら、船はあたりから退散したほうがよい。するといきなり浮島みたいに上がってきて、鼻孔からトロルヘッタン海流みたいに噴水させ、そこいらじゅうのたうち回るので、海水が渦巻いてその環がだんだんと何マイルも先まで広がるんだ。こ奴こそ聖書ヨブ記レヴィアタンに違いない。一匹標本があればよろしいがな、わが邦の自然好きな紳士たちがそれ用の室をしつらえてくださるなら、(旧属領の)スウェーデン領ポメラニアの残軍兵たちに手ずから運ばせるのだがな[84][85]
  25. ^ 「アルボル」だと単に'樹木'の意なので、「海アルボル/アルボル・マリヌス arbor marinus」と後述のモンフォールは呼んでいる。
  26. ^ "ロンドレゲスナーがステラ・アルボレセンス(Stella Arborescens )としていた[生物]"
  27. ^ 現今定義の「Astrophyton 属」は、西大西洋つまりアメリカ産種1種のみなので、妥当でない。
  28. ^ ライマン英語版が定義した旧Astrophyton 属のうち、北欧の海域に生息するのが A. linckii、A. eucnemis、A. lamarcki 。
  29. ^ 英国ウェールズの博物学者グリフィス・ヒューズ英語版の著作。
  30. ^ ポントピダンは、幼生というより、むしろ卵なのではないかと意見するが、むしろ余談であろう。肝心なのは「ステラ・アルボレセンス」との同定である。
  31. ^ ユーヴェルマンスが使った"Gorgon's head"という呼称は、 Astrocladus euryale種の通称名でもあり、その旧名 Asterias euryale は[114]、北欧の博物学者が俗説の子クラーケンに特定した種のひとつであるとブルーメンバッハはしている[115]。しかし A. euryale は南アフリカに発生する種である。ブルーメンバッハはもう1種 Euryale verrucosum を挙げているが[116]、これは現在の採用学名が Astrocladus exiguus で[117]、太平洋種である[118]
  32. ^ 岡西はツルクモヒトデ目 Euryalae とするが[119]、これは旧名で廃されている。
  33. ^ オザエナが「臭いやつ stinkard」という意味のタコの異称であることは、ゲルハートのラテン文・英語対訳で確認できる。ただしポントピダンが引用した犬との格闘の箇所 "Namque et afflatu terribli canes agebat.." は、ゲルハート論文ではラテン語は空白であり、英訳("were pitted against something uncanny, for by its awful breath it tormented the dogs, which it now scourged with the ends of its tentacles")のみで確認できる。
  34. ^ "The Kraken supposed a sepia or cuttlefish"。「セピア属、カトルフィッシュとされる」は今では語弊があるが、当時は蛸もセピア属に分類されていたため、蛸も「八足カトルフィッシュ」という事になった。現在はカトルフィッシュといえばもっぱらコウイカのことである。[143]。他にも、アメリカの動物学者A・S・パッカード英語版が、モンフォールの絵をクラーケンとみなして解説を行っている[4]
  35. ^ J・L・ホーニブルックが記事を執筆したのは、38年後の1904年だったので1860年代の遭難と勘違いしている。船名も誤記しているが、1933年の後編で訂正されている。ホーニブルックによれば、当時アメリカの科学者に諮ってなんらかの海棲生物的説明が依頼されたが、具体的な生物仮説は出されなかった。しかし、海の生態系がよりわかってきたといことで、筆者が独自に大型タコ説を出している[151]
  36. ^ ちなみに、これより数年後の1913年には、自称生存者であるアベル・フォスダイクによる、サメ襲撃の目撃を主張する手記が19発表されたが、捏造とみなされ邪説視されている{[sfnp
  37. ^ この名は、μικρός欧字転写以下同様]:mikros、意:little, small、小)と κόσμοςkosmos、意:world, etc. 世界、ほか)の組み合わせからなる古代ギリシア語 μικρόκοσμος (mikrokosmos) を元とした既存のラテン語microcosmus であり、「little world, small world、小さな世界」との語義を持つ。
  38. ^ ロヴェーン英語版は、説明文をtegmen ex heterogeneis compilatisとしているが[139]、これはラテン=スウェーデン語の第6版(1748年)の文言である[155]。第2版は"testa"に始まっていた以外は、"tegmen"より後は同文だった[156]
  39. ^ これらの出典がリンネの『自然の体系』では第2版以降になって現れたが、蛇足を言うなら1733年の講義で発表されていたと目される[139]。講義の内容はフィンランド人の受講者メンナンダー英語版がノートに記録されていた(ストックホルムの王立図書館蔵)[157]
  40. ^ 尾索動物の一種を指す学名としては無効名 (Nomen nudum)ではなく、Microcosmus属は存在する。cf. Microcosmus sabatieri
  41. ^ じつは"Meer=Trauben"の異綴りで、すでに1740年のラテン語・ドイツ語対訳版には記載される[154]。 第9版(1956年)は第6版と同様だとされるが[163]、やはりフランス語属名が空欄になっている[167]
  42. ^ ウィリタートンは学名をSepia octopusa [ママ]と誤記した。
  43. ^ アイオナ島は 聖ブレンダンともゆかりの深い地である。
  44. ^ ただし、ノルウェー近くの大エビは、ラテン語で gambarus(<ギリシア語: κάμμαρος)すなわちロブスター等のエビだとされていた。
  45. ^ 「幸運の島 Insula Fortunata」については、聖ブレンダンの一行が巨魚に着陸する版画は、Caspar Plautius の著作(1621年)の挿画[195]en:Wolfgang Kilian(刻)[196]、でも巨魚の隣に島名がみえる。
  46. ^ 元の出典にある通り、描画したのはブイエ本人でなく次官のロドルフ海尉であり、これをアレンジしたエドゥアール・リウーの挿絵が使われていた。
  47. ^ ユーゴーはタコをインク&ウォッシュで描いた絵を残している[209]

出典編集

脚注
[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Lee (1875a), pp. 100–103.
  2. ^ a b c Nigg (2014), p. 147: "The hand-colored woodcut is a reproduction of art in the Church of St. Malo in France".
  3. ^ Heuvelmans (2015), pp. 155–156.
  4. ^ a b c d e f g Packard, A. S. (March 1872). “Kraken”. The Connecticut School Journal 2 (3): 78–79. JSTOR 44648937. https://books.google.com/books?id=azw6AQAAMAAJ&pg=PA78. 
  5. ^ a b c Pennant, Thomas (1777). “Sepia”. British ZoologyIV: Crustacea. Mollusca. Testacea. Benjamin White. pp. 44–45. https://books.google.com/books?id=2jufx-kXitoC&pg=PA44 
  6. ^ a b c Hamilton (1839). Plate XXX, p. 326a
  7. ^ a b c Denys-Montfort (1801), p. 256, Pl. XXVI
  8. ^ Heuvelmans (2015), p. 124: Pontopiddian.. it had to be some kind of "polyp" (octopus) or star fish
  9. ^ 澁澤 (1994) [1978], p. 33
  10. ^ 世界大百科事典 第2版の解説”. コトバンク. 2021年1月17日閲覧。
  11. ^ 廣󠄁田 (2020), pp. 179180.
  12. ^ a b Kraken [ˈkrɑːkən] : Norw.方言》〜《原義》 pole, post : -n は定冠詞。 -n. クラーケン。 竹林滋ほか 『新英和大辞典』(第6版)研究社、2002年3月22日。ISBN 978-4-7674-1026-5 
  13. ^ “kraken”. Oxford English Dictionary. V (1 ed.). Oxford University Press. (1933). p. 754. "Norw. kraken, krakjen, the -n, being the suffixed definite article"  = A New English Dictionary on Historical Principles (1901), V: 754
  14. ^ ノルウェー百科事典 Store norske leksikon s. v. "kraken
  15. ^ a b c kraken”. Bokmålsordboka | Nynorskordboka. 2022年1月28日閲覧。
  16. ^ Cleasby & Vigfusson (1874), An Icelandic-English Dictionary, s.v. "kraki" '[Dan. krage], a pole, stake'
  17. ^ a b krake” (スウェーデン語). Svenska Akademiens ordbok. 2022年1月28日閲覧。
  18. ^ a b Finnur Jónsson (1920), pp. 113–114.
  19. ^ Jakobsen, Jakob (1921), “krekin, krechin”, Etymologisk ordbog over det norrøne sprog på Shetland, Prior, p. 431, https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=wu.89099475378&view=1up&seq=483&q1=krekin ; Cited in Collingwood, W. G. (1910). Review, Antiquary 46: 157
  20. ^ Pontoppidan (1753a), p. xvi(?)
  21. ^ Pontoppidan (1753a), p. 340.
  22. ^ a b c Pontoppidan (1755), p. 210.
  23. ^ a b c d e f Machan, Tim William (2020). “Ch. 5. Narrative, Memory, Meaning /§Kraken”. Northern memories and the English Middle Ages. David Matthews, Anke Bernau, James Paz. Manchester University Press. ISBN 9781526145376. https://books.google.com/books?id=lnTnDwAAQBAJ&pg=PT202&q=kraken 
  24. ^ a b c Egede (1741). p. 48: "Det 3die Monstrum, kaldet Havgufa som det allerforunderligte, veed Autor ikke ret at beskrive" p. 49: " af dennem kaldes Kraken, og er uden Tvil den self jamm; som Islænderne kalde Havgufa"; Egede (1745). p. 86: "The third monster, named Hafgufa.. the Author does not well know ow to describe.. he never had any relation of it." p. 87: "Kracken.. no doubt the same that the Islanders call Hafgufa"
  25. ^ 廣田 (2020), p. 180、注10.
  26. ^ Szabo (2008). Monstrous Fishes and the Mead-Dark Sea: Whaling in the Medieval North Atlantic. Leiden: BRILL. p. 217. ISBN 9789047432418. オリジナルの2008-05-13時点におけるアーカイブ。. https://archive.org/details/rvaroddssaga00boergoog 
  27. ^ Olaus Magnus (1887), Brenner, Oscar, ed., “Die ächte Karte des Olaus Magnus vom Jahre 1539 nach dem Exemplar de Münchener Staatsbibliothek”, Forhandlinger i Videnskabs-selskabet i Christiania (Trykt hos Brøgger & Christie): p. 7, https://books.google.com/books?id=elFLAAAAYAAJ&pg=RA12-PA7, "monstra duo marina maxima vnum dentibus truculentum, alterum cornibus et visu flammeo horrendum / Cuius oculi circumferentia XVI vel XX pedum mensuram continet" 
  28. ^ a b Gesner, Conrad (1670). Fisch-Buch. Gesnerus redivivus auctus & emendatus, oder: Allgemeines Thier-Buch 4. Frankfurt-am-Main: Wilhelm Serlin. pp. 124–125. https://books.google.com/books?id=X81YAAAAcAAJ&pg=RA1-PA124 
  29. ^ a b Nigg, Joseph (2014). “The Kraken”. Sea Monsters: A Voyage around the World's Most Beguiling Map. David Matthews, Anke Bernau, James Paz. University of Chicago Press. pp. 145–146. ISBN 9780226925189. https://books.google.com/books?id=BT2NAgAAQBAJ&pg=PA145 
  30. ^ a b c Olaus Magnus (1998). Foote, Peter. ed. Historia de Gentibus Septentrionalibus: Romæ 1555. Fisher, Peter;, Higgens, Humphrey (trr.). Hakluyt Society. p. 1092. https://books.google.com/books?id=8uEkAQAAMAAJ&q=sprouts+horns 
  31. ^ Beck, Thor Jensen (1934 ), Northern Antiquities in French Learning and Literature (1755-1855): A Study in Preromantic Ideas, 2, Columbia university, p. 199, https://books.google.com/books?id=xywvAAAAIAAJ&q=Negri, "Before Pontoppidan , the same " Krake ” had been taken very seriously by the Italian traveler , Francesco Negri" 
  32. ^ Eberhart, George M. (2002). “Kraken”. Mysterious Creatures: A Guide to Cryptozoology. ABC-CLIO. p. 282ff. ISBN 1-57607-283-5. https://books.google.com/books?id=z9gMsCUtCZUC&pg=PA282 
  33. ^ 廣田 (2020), p. 180、注14、ジョージ・エバーハート[32]に拠る。
  34. ^ Negri, Francesco (1701), Viaggio settentrionale, Forli, p. 184–185, https://books.google.com/books?id=4J4rt2nDFhkC&pg=PA184, "Sciu-crak è chiamato un pesce di smisurata grandezza, di figura piana , rotonda , con molte corna o braccia alle sue estremità" 
  35. ^ a b Pilling, James Constantine (1885). Proof-sheets of a Bibliography of the Languages of the North American Indians. Smithsonian Institution Bureau of Ethnology: Miscellaneous publications 2. U.S. Government Printing Office. pp. 226–227. https://books.google.com/books?id=Jw4VAAAAIAAJ&pg=PA226 
  36. ^ a b Halldór Hermannsson (1938), p. 11
  37. ^ Anderson, Rasmus B. (1896). Kra'ken. 5 (new ed.). D. Appletons. p. 26. https://books.google.com/books?id=MNk7AQAAMAAJ&pg=PA26 
  38. ^ Müller (1802), p. 594: "Der norwegische Bischoff Pontoppidan ist der erster, welcher uns einer umständliche und deutsche Nachricht von diesem Seethier gegeben hat"。ミュラー執筆、『ドイツ百科事典』ドイツ語版、「クラーケン」の項。"ノルウェーのポントピダン司教(のドイツ訳、1853b年)が、この海棲怪物(クラーケン)についてわかるようにドイツ語で読めるようになった最初である"とする。
  39. ^ a b Kongelige nordiske oldskrift-selskab, ed (1845). Grönlands historiske Mindesmaerker. 3. Brünnich. p. 371, note 52). https://books.google.com/books?id=brtQAAAAcAAJ&pg=PA371 
  40. ^ a b Bushnell (2019), p. 56: "Nineteenth-century English interest in the Kraken stems from Linnaeus's discussion of the creature in the first edition of Systema Naturae (1735) and most famously from Natural History of Norway (1752-3) by the Bishop.. Pontoppidan (translated into English soon after)".
  41. ^ Oudemans (1892), p. 414.
  42. ^ 19世紀イギリスでクラーケンへの関心が湧いたのは、ポントピダンに負うとされ[40]、19世紀のオランダの動物学者もポントピダンがクラーケンんについての「標準的権威」とみなされる、とする[41]
  43. ^ Pontoppidan (1753a) (Danish); Pontoppidan (1755) (English); vid. infra.
  44. ^ a b Egede (1741), pp. 48–49注 (原文); Egede (1745), pp. 86–87注 (英訳)。Egede (1763), pp. 111–113(注)(ドイツ訳)
  45. ^ Egede (1741), p. 49注.
  46. ^ Egede (1745), p. 87注.
  47. ^ Nyrop, Kristoffer (1887), “Navnets mag: en folkepsykologisk studie”, Opuscula Philologica: Mindre Afhandlinger (Copenhagen: Filologisk-historiske Samfund): 182, https://books.google.com/books?id=zYZOAQAAMAAJ&pg=PA182 
  48. ^ Egede (1745), p. 88注).
  49. ^ Kvam, Lorentz Normann (1936), “krekin, krechin”, Trollene grynter i haugen, Nasjonalforlaget, p. 131, https://books.google.com/books?id=uAnrAAAAMAAJ&q=troll+sp%C3%B8kelser, "Den sier at med ekte troll forståes : a ) jutuler og riser , b ) gjengangere og spøkelser , - c ) nisser og dverger , d ) bergtroll" 
  50. ^ 伊藤盡「北欧語から英語への借入語としてのTroll」『人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編』第46巻、信州大学人文学部、2012年3月、 72頁、 ISSN 1342-2790NAID 40019309680
  51. ^ ノルウェー語の trold (トロル)は'巨人'とも'霊(spøkelser)'とも定義されている[49]。このうち伊藤論文がトロルに「あやかし」を当てている[50]。「海の幽霊・亡霊」 では死人の霊や神の印象が強いので「お化け」とした。「幻影・幻姿」とした。
  52. ^ a b Egede (1741), p. 49.
  53. ^ Egede (1745), p. 88 (footnote).
  54. ^ Ruickbie, Leo (2016). “Hafgufa”. The Impossible Zoo: An encyclopedia of fabulous beasts and mythical monsters. Little, Brown Book Group. ISBN 9781472136459. https://books.google.com/books?id=noI_CwAAQBAJ&pg=PT145 
  55. ^ Guðbrandur Vigfússon, ed (1878). Sturlunga Saga: Including the Islendinga Saga. 1. Clarenden Press. p. 139. https://books.google.com/books?id=dRYYAAAAYAAJ&pg=PR139 
  56. ^ Egede (1741), p. 47.
  57. ^ Egede (1741), p. 85.
  58. ^ “XXII. The Marvels of the Icelandic Seas: whales; the kraken”, The King's Mirror: (Speculum Regalae - Konungs Skuggsjá), Library of Scandinavian literature 15, Twayne Publishers, (1917), p. 125, ISBN 9780890670088, https://books.google.com/books?id=kvA9AQAAMAAJ&q=kraken&pg=PA125 
  59. ^ Crantz, David (1820). The History of Greenland: Including an Account of the Mission Carried on by the United Brethren in that Country. From the German of David Crantz. 1. p. 122. https://books.google.com/books?id=MoK4Qx7p21wC&pg=PA122 ; Cf. Note X, pp. 323–338
  60. ^ W[ilson] (1818), p. 649.
  61. ^ Keyser, Rudolf; Munch, Peter Andreas; Unger, Carl Richard, eds. (1848), “Chapter 12”, Speculum Regale. Konungs-Skuggsjá, Oslo: Carl C. Werner & Co., p. 32, https://books.google.com/books?id=LgtIfLwQgX4C&q=hafgufu&pg=PA32 
  62. ^ Somerville, Angus A.; McDonald, R. Andrew, eds. (2020), “Wonders of the Iceland sea”, The Viking Age: A Reader (3 ed.), University of Toronto Press, p. 308, ISBN 9781487570477, https://books.google.com/books?id=oBK_DwAAQBAJ&pg=PA308 
  63. ^ Halldór Hermannsson (1938); Halldór Hermannsson (1924), “Jón Guðmundsson and his natural history of Iceland”, Islandica 15: 36, endnote to p. 8, https://archive.org/details/IslandicaAnnual15/page/n77/mode/2up 
  64. ^ a b c Bushnell (2019), p. 56.
  65. ^ Mouritsen, Ole G.; Styrbæk, Klavs (2018). Blæksprutterne kommer. Spis dem!. Gyldendal A/S. ISBN 9788702259537. https://books.google.com/books?id=0dxcDwAAQBAJ&pg=PT10 
  66. ^ Kongelige nordiske oldskrift-selskab (1845), p. 372.
  67. ^ Pontoppidan (1753a); Pontoppidan (1753b)(独訳); Pontoppidan (1755) (英訳)
  68. ^ Hamilton (1839), pp. 329–330.
  69. ^ Metropolitana (1845), pp. 255–256.
  70. ^ Bringsværd, T.A. (1970). The Kraken: A slimy giant at the bottom of the sea. In: Phantoms and Fairies: From Norwegian Folklore. Johan Grundt Tanum Forlag, Oslo. pp. 67–71.
  71. ^ Pontoppidan (1753b), p. 342: デンマーク語: Orlogs-skib; Pontoppidan (1755), p. 212; "largest man of war"
  72. ^ a b Hamilton (1839), pp. 328–329.
  73. ^ a b Sjögren, Bengt (1980). Berömda vidunder. Settern. 91-7586-023-6 (スウェーデン語)
  74. ^ a b Pontoppidan (1755), p. 212.
  75. ^ Pontoppidan (1753b), p. 343: "Male-Strømmen ved Moskøe"; tr. Pontoppidan (1755), p. 212: "the current of the river Male"
  76. ^ a b c "Kraken". Encyclopædia Perthensis; or Universal Dictionary of the Arts, Sciences, Literature, &c.. 12 (2nd ed.). John Brown, Edinburgh. 1816. pp. 541–542.
  77. ^ Lee (1884), p. 332.
  78. ^ Pontoppidan (1753a), pp. 344: "bruge paa Sneglenes Maade, med at strekke dem hid og did"; Pontoppidan (1755), p. 213: "use [long arms, or antennae] like the Snail, in turning about"
  79. ^ Metropolitana (1845), p. 256.
  80. ^ Bartsch, Paul (1917). Pirates of the Deep―Stories of the Squid and Octopu. Washington, DC: Government Printing Office. pp. 364–368. https://books.google.com/books?id=EE4XAQAAIAAJ&pg=RA1-PA391 
  81. ^ Finnur Jónsson (1920), p. 114. ノルウェー語: "kjempebleksprut"; cf. da:Kæmpeblæksprutte.
  82. ^ 以下詳述。ポントピダンは「アルボル・マリヌス」種について「ヒトデ類」(ドイツ名 Seesonne,オランダ名 Zee-sonne, デンマーク名Hav-Stiernernes)の分類を用いているが、のちの分類学ではクモヒトデ目/カワクモヒトデ目、テヅルモヅル類の一種だろうとの説明になる。
  83. ^ Machan (2020): "In other words, Pontoppidan imagines the kraken as a kind of giant crab, although he, too, allows that the animal is largely unwitnessed and unknown.
  84. ^ Wallenberg, Jacob (1836), “kapitele (ch. 17): Om en rar fisk”, Min son på galejan, eller en ostindisk resa innehållande allehanda bläckhornskram, samlade på skeppet Finland, som afseglade ifrån Götheborg i Dec. 1769, och återkom dersammastädes i Junii 1771, Stockholm: A. G. Hellsten, p. 163, https://books.google.com/books?id=eY4nsNaEZOwC&pg=PA163&q=kraken, "Det ar kraken, eller den så kallade krabbfisken,.. lär han ej vara längre än vårt Öland utanför Calmar.." . The last paragraph tjat the remants of the Swedish Pomeranian army may be able to haul a specimen if one could be obtained is curtailed in the Stockholm: A. G. Hellsten, 1836 edition Kap. XVII, pp. 44–45
  85. ^ Cf. Wallenberg, Jacob (1994), My Son on the Galley, Peter J. Graves (tr.), Chester Springs, PA: Dufour Editions, pp. 56–58, ISBN 9781870041232, https://books.google.com/books?id=q07HAAAAIAAJ&q=Öland, "It is the kraken , the so - called crabfish , which is said to visit these waters occasionally . It is not large since , even including the head and the tail , it is not reckoned to be any longer than our island of Öland off Kalmar.." 
  86. ^ a b c Stöhr, S.; O’Hara, T.; Thuy, B. (Eds) (2021). "Astrophyton linckii Müller & Troschel, 1842". World Register of Marine Species英語版. 2022年1月28日閲覧
  87. ^ Lyman (1865), p. 190.
  88. ^ Palomares, M. L. D. and Pauly, D., eds. (2011). "Gorgonocephalus caputmedusae" in SeaLifeBase. January 2011 version.
  89. ^ Stöhr, S.; O’Hara, T.; Thuy, B. (Eds) (2022). "Gorgonocephalus eucnemis (Müller & Troschel, 1842)". World Register of Marine Species英語版. 2022年1月28日閲覧
  90. ^ a b Bell, F. Jeffrey (November 1891), “XLIV. Some Notes on British Ophiurids”, Annals & Magazine of Natural History, Sixth Series (47): 342–344, https://books.google.com/books?id=g-BEAAAAYAAJ&q=%22Stella+Arborescens%22 
  91. ^ a b Palomares, M. L. D. and Pauly, D., eds. (2011). "Gorgonocephalus eucnemis" in SeaLifeBase. January 2011 version.
  92. ^ Pontoppidan (1753a), pp. 349–350; Pontoppidan (1755), pp. 215–216
  93. ^ a b c d Heuvelmans (2015), p. 124.
  94. ^ Pontoppidan (1753a), pp. 349–350; Pontoppidan (1755), p. 215–216
  95. ^ Heuvelmans (2015), p. 124: その古代怪物は..ヘーラクレースの柱(ジブラルタル海峡)のすきまを通って入ってこれない;[ポントピダン]は、これが不鮮明ながら「クラーケン」への言及だとみていた。(英訳) it cannot pass through the Pillars of Hercules; he sees in it an obscure allusion" to the kraken".
  96. ^ 澁澤 (1994)[1978–1979]、33頁:"しかしポントピダン自身は、次のような文章によって、それが蛸であることを認めようとはしていない。「この巨大な海獣は、おそらくポリプあるいはヒトデの類に分類されるべきものだろう。"
  97. ^ Heuvelmans (2015).
  98. ^ Buckland, Francis Trevelyan (1876). Log-book of a Fisherman and Zoologist. Chapman & Hall. p. 209. https://books.google.com/books?id=lwMQAAAAYAAJ&pg=PA209 
  99. ^ Gesner, Conrad (1575). Fischbuch, das ist ein kurtze ... Beschreybung aller Fischen. Zürich: Christoffel Froschower. p. cx and illustr. opposite. https://books.google.com/books?id=b2dUAAAAcAAJ&pg=PR110 
  100. ^ ここでいう「ポリュプス」や、「ポリュプ、ポリュペ polype」などと言換えられているのはじつは「蛸」なのに、澁澤龍彦は「ポリプ」という、まったく蛸以外の生物と勘違いした[96]。ポントピダンがいうポリュプやポリュプスであると動物学博士でもあるユーヴェルマンスは解説する[97]。古代の大プリニウスがいうポリュプスも蛸であることは定着しているし、当時の博物学の権威コンラート・ゲスナーのポリュプスも蛸である[98][99]
  101. ^ a b The London Magazine, or, Gentleman's Monthly Intelligencer Vol. 24 (Appendix, 1755). pp. 622–624.
  102. ^ Pontoppidan (1755), p. 216.
  103. ^ ポントピダンの英訳は次の通りである:
    "the Kraken.. with his many large horns or branches, as it were springing up from its body, which is round.. Both these descriptions [arbor and kraken] confirm my former suppositions, namely, that this Sea-animal belongs to the Polype or Star-fish species.. It seems to be of that Polypus kind which is called by the Dutch Zee-sonne, by Rondeletius and Gesner Stella Arborescens.[102][101]
  104. ^ Heuvelmans (2015), p. 124 が、現代分類学の用語で"ophiurid"(クモヒトデ目)と解説する。"クモヒトデ"。
  105. ^ Lyman (1865), p. 14.
  106. ^ Hurley, Desmond Eugene (1957). Some Amphipoda, Isopoda and Tanaidacea from Cook Strait. Zoology Publications from Victoria University of Wellington, 21. Victoria University of Wellington. p. 2, 40. https://books.google.com/books?id=g-BEAAAAYAAJ&q=%22Stella+Arborescens%22 
  107. ^ WoRMS データベースに拠る。 A. linckii 照会[86]等々。
  108. ^ Heuvelmans (2015), p. 78.
  109. ^ Heuvelmans (2015), p. 124: "From the vague description given by the fishermen, it was just as legitimate to see in the kraken a giant ophiurid as a giant cephalopod. It is acutally that first identification which Pontopiddan prefers".
  110. ^ Pontoppidan (1753a), p. 350; Pontoppidan (1755), p. 216
  111. ^ Bergen (1761), pp. 147–149.
  112. ^ a b Heuvelmans (2015), p. 126.
  113. ^ ユーヴェルマンスは"Gorgon's head"としているが[112]、これは曖昧で、とテヅルモヅル科 Gorgonocephalidae のことか、テヅルモヅル属 のことか明確でない。しかし、G. caputmedusae、旧名 Astrophyton linckii は[86]、ライマンがリンネの「メデューサの頭」[?]でないかと推論しており、G. eucnemisは、F・J・ベル英語版が「シェトランド・アルゴス」と地方でよばれるテヅルモヅル属で、リンネやポントピダンも(特定のてがかりとはならない不確かなかたちながら)言及している Asterias caput-medusæ 種だとしている[90]
  114. ^ Stöhr, S.; O’Hara, T.; Thuy, B. (Eds) (2021). "Asterias euryale Retzius, 1783". World Register of Marine Species英語版. 2022年1月28日閲覧
  115. ^ Metropolitana (1845), p. 258: ドイツ医師ブルーメンバッハは、 "北欧の博物学者たちが.. クラーケンの幼生としている Northern Naturalist consider.. the young of the Kraken"各種生物を説明すると称して、Asterias euryaleや Euryale Verrucosum を挙げている。
  116. ^ Metropolitana (1845), p. 258 loc. cit., apud Blumenbach
  117. ^ Stöhr, S.; O’Hara, T.; Thuy, B. (Eds) (2022). "Euryale verrucosum Lamarck, 1816". World Register of Marine Species英語版. 2022年1月28日閲覧
  118. ^ Palomares, M. L. D. and Pauly, D., eds. (2011). "Astrocladu exiguus" in SeaLifeBase. January 2011 version.
  119. ^ a b c 岡西政典 (Academist Journal). “【特別寄稿】深海生物「テヅルモヅル」とは何者か?”. 2022年2月7日閲覧。
  120. ^ 伊藤, 泰弘 (2006–2016). “登録番号 UMUTZ-Oph-23 学名 Gorgonocephalus arcticus Leach, 1819”. クモヒトデ類標本データベース. 東京大学総合研究博物館. 2022年2月7日閲覧。
  121. ^ a b Pontoppidan (1753a), pp. 351–352; Pontoppidan (1755), p. 217
  122. ^ Gerhardt, Mia I. (1966). “Knowledge in decline: Ancient and medieval information on "ink-fishes" and their habits”. Vivarium 4: 151, 152. JSTOR 41963484. https://books.google.com/books?id=ZP4SAAAAIAAJ&q=polypus. 
  123. ^ 広田 (1971), p. 254.
  124. ^ 広田 (1971), p. 256.
  125. ^ Denys-Montfort (1801), pp. 256, 258–259.
  126. ^ Lee (1875a), pp. 99, 100–103, apud Naturalis Historiae lib. ix. cap. 30 and Montfort, ibid.
  127. ^ 大プリニウスは、情報源としてローマ属州ヒスパニア・バエティカ(イベリア半島南部)の前執政官だったトレビウス・ニゲル英語版(の博物誌)を引いている。
  128. ^ 澁澤 (1994)[1978–1979]、巻末注 274頁:"「タコについての資料を求めるならば、..バエティカ(今日のアンダルシア地方)の総督..の配下であったトレビウス・ニゲルが発表した資料を無視すべきではない。.. (中略)..難破したひとや海にもぐるひとを襲うとき、タコは相手のからだをぐるぐる巻きにして吸盤で吸いつき、いつまでも吸って吸って吸いまくるのである"。
  129. ^ Loeb 英訳に拠ると(引き裂く asunder)と見える:"Moreover Niger asserts that no animal is more savage in causing the death of a man in the water. For it struggles with him by coiling round him and it swallows him with sucker-cups and drags him asunder"(Nigg (2014), p. 148, Gerhardt (1966), p. 152).
  130. ^ cf. Ashton (1890), pp. 264–265
  131. ^ a b Wilson, Andrew (FRSE) (February 1887a). “Science and Crime, and other essay”. The Humboldt Library of Science (88): 23. https://books.google.com/books?id=x9-AHABY5ysC&pg=RA5-PA23. 
  132. ^ Denys-Montfort (1801), p. 386.
  133. ^ a b Lee (1875a), p. 100.
  134. ^ Denys-Montfort (1801), p. 386, note (1) Arbor marinus.
  135. ^ Denys-Montfort (1801), p. 386, note (1)
  136. ^ a b Mitchill (1813), p. 405.
  137. ^ a b c Paullinus, Christianus Franciscus (1678). Obs . LI: De Singulari monstro marino. Ann. VIII. Vratislaviae et Bregae. p. 79. https://books.google.com/books?id=epoy4waZfFoC&pg=PA79 
  138. ^ 参照:廣田 (2020), p. 181:"ピエール・デニス=ド=モンフォール著『軟体動物誌』第 2 巻(1799)では、リンネがクラーケンをミクロコスムスと分類したことになっている"。
  139. ^ a b c d e f g Lovén, Sven (1887). On the Species of Echinoidea Described by Linnaeus in His Museum Ludovicae Ulricae. Stockholm: Kungliga Boktryckeriet P. A. Norstedt & Söner. p. 20–21, note 2. https://books.google.com/books?id=XuoQAAAAIAAJ&pg=PA20 
  140. ^ Heuvelmans (2015), p. 91.
  141. ^ Denys-Montfort (1801), p. 270–278: "nouveau testament attribué a Saint-Thomas" (p. 276)
  142. ^ 広田 (1971), p. 257: "サン=マロの教会にある奉納画をもとにして、彼は船に襲いかかっている大ダコの図を描いている"
  143. ^ Hamilton (1839), pp. 331–332 and Plate XXX, p. 326a
  144. ^ Denys-Montfort (1801), p. 331.
  145. ^ Denys-Montfort (1801), pp. 358ff, 367–368
  146. ^ Metropolitana (1845), p. 258.
  147. ^ a b Lee (1875a), pp. 103–105 and note
  148. ^ d' Orbigny, Alcide (1848). “Poulpe colossal / Sepia gigas”. Histoire naturelle générale et particulière des Céphalopodes acétabulifères vivants et fossiles: Texte. 1. J. B. Baillière. p. 143. ISBN 9781461748960. https://books.google.com/books?id=AuZAAAAAcAAJ&pg=RA1-PA71 : "Si nous Poulpe Colossal est admis, à la seconde édition je lui ferai renverser une escadre".
  149. ^ Lee (1875a), p. 103.
  150. ^ Mitchill (1813), pp. 396–397。見出し"Sepia octopus"。Mitchill (1813), p. 401: Linnaeus's Sepia octopus is explained to be the eight-armed animal called poulpe commun by the French, and which was neither the cuttlefish which have scales, nor squid which have plated.
  151. ^ Hornibrook, John L. (17 September 1904), “The Case of the 'Marie Celeste.' An ocean mystery.”, Chambers's Journal 40: 671-672, https://books.google.com/books?id=VO7Qc_5k9qYC&pg=PA671 ; -- (March 1933) "New Light on the Marie Celeste Case", pp. 171-175.
  152. ^ a b Begg, Paul (2014). Mary Celeste: The Greatest Mystery of the Sea. Routledge. pp. 102. ISBN 9781317865315. https://books.google.com/books?id=Z1kSBAAAQBAJ&pg=PA102 
  153. ^ Linnaeus, Carolus (1735). Caroli Linnæi Systema naturæ (1 ed.). Leyden: Theodorus Haak. https://books.google.com/books?id=vHNGAQAAMAAJ&pg=PP17&q=microcosmus 
  154. ^ a b Linnaeus, Carolus (1740). Langen, Johann Joachim (tr.);. ed. Caroli Linnæi Systema naturæ (1 ed.). Halle: Gebauer. p. 68. https://books.google.com/books?id=zjxfAAAAcAAJ&pg=PA68. "Corpus variis heterogeneis tectum. Microcosmus marinus. Der Leib ist mit verschiedenen fremden Theilchen bedeckt. Die meer=Traube" 
  155. ^ a b Linnaeus, Carolus (1748). Caroli Linnæi Systema naturæ (6 ed.). Stockholm: Gottfr. Kiesewetter. p. 78. https://www.biodiversitylibrary.org/item/83105#page/95/mode/1up  (ラテン語) (スウェーデン語)
  156. ^ a b Linnaeus, Carolus (1740). Caroli Linnæi Systema naturæ (2 ed.). Stockholm: Gottfr. Kiesewetter. p. 64. https://books.google.com/books?id=Fpg5AAAAcAAJ&pg=PA64 
  157. ^ Lovén (1887), p. 14, note 2.
  158. ^ 廣田 (2020), pp. 179–181.
  159. ^ Bartholin, Thomas (1657). “Historia XXIV. Cetorum genera”. Thomae Bartholini historiarum anatomicarum rariorum centuria [III et ]IV. typis Petri Hakii, acad. typogr.. p. 283. https://books.google.com/books?id=p0JvSeIefa0C&pg=PA283 
  160. ^ Redi, Francesco (1684). Osservazioni interno agli animali viventi che se trovano negli animali viventi. Christoph Günther. pp. 61, 217–218. https://books.google.com/books?id=QujdfeMwtukC&q=%22microcosmo+marino%22&pg=PA61  and Tab. 21
  161. ^ Redi, Francesco (1686). Observationes Franisci Redi circa animalia viventia, quae reperiuntur in animalibus viventibus. Florentiae apud P. Batini 1684 in 4to. Christoph Günther. p. 84. https://books.google.com/books?id=ZrJRAAAAcAAJ&pg=PA48 
  162. ^ 廣田 (2020), p. 180、注11.
  163. ^ a b c “Linné (Carl von)”. Smithsonian Miscellaneous Collections. Smithsonian Institution. (1874). pp. 31–32. https://books.google.com/books?id=MXtHAQAAMAAJ&pg=RA1-PA32 
  164. ^ 廣田 (2020), p. 179参照。
  165. ^ Linnaeus, Carolus (1748). Caroli Linnæi Systema naturæ (7 ed.). Leipzig: Gottfr. Kiesewetter. p. 75. https://books.google.com/books?id=Qh7G1wcn3t0C&pg=PA75&q=meertraube  (ラテン語) (ドイツ語)
  166. ^ Heuvelmans (2015), pp. 117–118
  167. ^ Linnaeus, Carolus (1756). Caroli Linnæi Systema naturæ (9 ed.). Leyden: Theodorus Haak. p. 82. https://books.google.com/books?id=WfQTAAAAQAAJ&pg=PA82  (ラテン語) (フランス語)
  168. ^ 「海ぶどう」(フランス語: raisins de mer)の挿絵がMoquin-Tandon (1865), p. 309に掲載される。
  169. ^ Heuvelmans (2015), p. 147?.
  170. ^ Mitchill (1813), pp. 402–203: "[Mr. Montfort's].. gigantic Sepia.. [which he] calls Colossal". Mitchill は Sepia octopus と記すが S. octopodia とすべきであろう。
  171. ^ Figuier, Louis (1866). La vie et les moeurs des animaux zoophytes et mollusques par Louis Figuier. Paris: L. Hachette et C.ie. p. 463. https://books.google.com/books?id=L2YLajhNjAcC&pg=PA463 
  172. ^ Heuvelmans (2015), p. 118, note 2: "..incorrectly claimed, following Louis Figuier (1860) and later Alfred Moquin-Tandon (1865) that Linnaeus had classified the kraken as the cephalopod Sepia microcosmus. This is completely false.
  173. ^ Ellis, Richard (2006). Singing Whales and Flying Squid: The Discovery Of Marine Life. Rowman & Littlefield. p. 143. ISBN 9781461748960. https://books.google.com/books?id=jz7fCwAAQBAJ&pg=PA143 
  174. ^ リンネが1735年にクラーケンについて説明していると誤解しており[40]、またエリス(Richard Ellis、2006年)もSepia microcosmus が初版にあったものと納得し、後の版で削られたと結論している[173]
  175. ^ Linnaeus, Carolus (1806), “47. Sepia”, A general system of nature, London: Printed for Lackington, Allen, and Co, p. 118, https://archive.org/details/generalsystemna4linn/page/118/mode/2up 
  176. ^ W[ilson] (1818).
  177. ^ a b Gibson, John (1887). “Chapter VI: The Legendary Kraken”. Monsters of the Sea, Legendary and Authentic. London: T. Nelson. pp. 79–86 (plate, p. 83). オリジナルの2017-08-24時点におけるアーカイブ。. https://www.biodiversitylibrary.org/page/54285093#page/84/mode/1up 
  178. ^ Moquin-Tandon (1865), p. 311も同じ絵に言及するが "the giant Cephalopods embracing a tall ship in his huge arms, aiming to swallow it"。ただ、モンフォールの著作とするところを、 (マノンクール補遺による)Suites à Buffonが出典だと取り違えている。
  179. ^ Pontoppidan (1753a), p. 318a
  180. ^ 上述
  181. ^ More, A. G. (July 1875), “Notice of a gigantic Cephalopod (Dinoteuthis proboscideus) which was stranded at Dingle, in Kerry, two hundred years ago”, Zoologist: A Monthly Journal of Natural History, second series 10: 4526–4532, https://books.google.com/books?id=bAEXAAAAYAAJ&pg=PA4526 
  182. ^ Heuvelmans (2015), pp. 141–142.
  183. ^ Ashton (1890). Curious Creatures p. 244. Ashton もオラウスの画を複製して解説する(pp. 262–263)。
  184. ^ a b Olaus Magnus (1555). “Liber XXI. Cap. X”. Historia de gentibus septentrionalibus. Rome: Giovanni M. Viotto. pp. 739. https://books.google.com/books?id=O9lEAAAAcAAJ&pg=PA739 
  185. ^ Laist, David W. (2017). North Atlantic Right Whales: From Hunted Leviathan to Conservation Icon. Johns Hopkins University Press. p. 24. ISBN 9781421420981. https://books.google.com/books?id=PmBgDgAAQBAJ&pg=PA24 
  186. ^ "American-Scandinavian Biography for 1969 Scandinavian Studies 42 (3), . Brief notice of Ashton (1968) [1890], Detroit: Singing Tree Press.
  187. ^ Ashton (1890), pp. 221–222.
  188. ^ Ashton (1890), p. 244: "the Kraken is represented as a Crayfish or Lobster"; ppp. 261-265
  189. ^ Ashton (1890), p. 244.
  190. ^ Ashton (1890), p. 263.
  191. ^ 上掲図、『カルタ・マリナ』(部分)参照。
  192. ^ Lee (1884), p. 58: "From the crude image of a lobster having eight minor claws.. the transition is not great; and I believe that this also is a pictorial misrepresentation of a casualty by the attack of a calamary above described, .."
  193. ^ Olaus Magnus (1887) [1539], p. 12: "G: Totius tabulae indicem partemque regnorum Anglie Scotie et Hollandie demonstrat" が全文で、他にアルファベットで記しされたモンスターのような説明がない。
  194. ^ Olaus Magnus (1887) [1539], p. 12, note 5: "..Die geogr. Länge beginnt bald bei Irland, bald bei den Inseln "Fortunate"
  195. ^ Plautius, Caspar (aka Honorius Philoponus) (1621), Nova Typis Transacta Navigatio: Novi Orbis Indiae Occidentalis, pp. 10a–11, https://books.google.com/books?id=wOV4V9JnoykC&pg=PP32 
  196. ^ Feest, Christian F. (1986), “Zemes Idolum Diabolicum: Surprise and success in Ethnographic Kunstkammer Research”, Archiv für Völkerkunde 40: 181, https://www.academia.edu/34401272/Zemes_Idolum_Diabolicum_Surprise_and_Success_in_Ethnographic_Kunstkammer_Research ; snippet via Google.
  197. ^ a b Coupin, Henri (1912), “Ch. XXIII Les pieuvres, terreur des matelots”, Les Animaux Excentriques (4th ed.), Paris: Viubert et Nony, p. 243, https://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k6359352v/f259, "Fig. 133. Pieuvre gigantesque et, d'ailleurs peu sympathique, observée et desinée par M. Rouyer" ; 2nd ed. (2004) @ Google
  198. ^ a b Bouyer, Frédéric (January 1866), Charton, Édouard, ed., Riou, Édouard (illustr.); "nos plus célebrès artistes [d'Hachette]" (illustr.), “Voyage dans la Guyane Française”, Le Tour de Monde: nouveau journal des voyage (Paris: L. Hachette et cie) (!3): 276, https://books.google.com/books?id=JIY_Tqr7058C&pg=PA276  別ファイル @ BnF
  199. ^ Lee (1884), pp. 364–366.
  200. ^ Verrill (1882), pp. 262–267.
  201. ^ Lee (1884), pp. 367–371.
  202. ^ Verrill (1882), pp. 213, 410.
  203. ^ Rogers, Julia Ellen (1920). “The Giant Squids: Genus Architeuthis, Steenstrup”. The Shell Book: a popular guide to a knowledge of the families of living mollusks. The Nature Library 15. Garden City: Doubleday, Page & Company. pp. 456–458. https://books.google.com/books?id=po9PAQAAMAAJ&pg=PA456 
  204. ^ Wilson, Andrew (FRSE) (1887b). “V. The Past and Present of the Cuttlefishes”. Studies in Life and Sense. Chatto & Windus. pp. 108–109. https://books.google.com/books?id=aPcfAAAAIAAJ&pg=PA108 
  205. ^ Perkins, Sid (2011). “Kraken versus ichthyosaur: let battle commence”. Nature. doi:10.1038/news.2011.586. https://www.nature.com/news/2011/111011/full/news.2011.586.html 2020年12月2日閲覧。. 
  206. ^ 中山眞彦写実と紋切り型‐日本自然主義作家によるモーパッサンの翻訳と翻案‐下‐」『東京女子大学比較文化研究所紀要』57 、13–30頁、1996年https://books.google.com/books?id=84UQAQAAMAAJ&ピューヴル 
  207. ^ Cahill, James Leo (2019). Zoological Surrealism: The Nonhuman Cinema of Jean Painlevé. U of Minnesota Press. ISBN 9781452959221. https://books.google.com/books?id=iNmGDwAAQBAJ&pg=PT65 
  208. ^ Hugo, Victor (1866). Les travailleurs de la mer. Lacroix. p. 88. https://books.google.com/books?id=REAZPJNesOUC&pg=RA1-PA88 
  209. ^ Weiss, Allen S. (2002). “4 The Epic of the Cephalopod”. Feast and Folly: Cuisine, Intoxication, and the Poetics of the Sublime. SUNY Press. pp. 73–75. ISBN 9780791455180. https://books.google.com/books?id=QWx-oAlHlEUC&pg=PA73 : repr. from Weiss (Winter 2002) in: Discourse 24 (1: Mortals to Death ), Wayne State University Press, pp. 150–159, JSTOR 41389633
  210. ^ Bhattacharjee, Shuhita (1657). “The Colonial Idol, the Animalistic, and the New Woman in the Imperial Gothic of Richard Marsh”. In Heholt, Ruth; Edmundson, Melissa. Gothic Animals: Uncanny Otherness and the Animal With-Out. Springer Nature. p. 259. ISBN 9783030345402. https://books.google.com/books?id=XWvDDwAAQBAJ&pg=PA259 
  211. ^ Nigg, p. 147.
  212. ^ Verne, Jules (1993). Miller, Walter James; Walter, Frederick Paul (tr.);. eds. Jules Verne's Twenty Thousand Leagues Under the Sea: The Definitive Unabridged Edition Based on the Original French Texts. Naval Institute Press. p. note 13. ISBN 9781557508775. https://books.google.com/books?id=OGgBfwhIyOoC&q=calmar 
  213. ^ 世界大百科事典 第2版の解説”. コトバンク. 2018年2月18日閲覧。
  214. ^ Bushnell (2019), p. 55.
  215. ^ Barrenechea, Antonio (2016). “Kraken”. America Unbound: Encyclopedic Literature and Hemispheric Studies. University of New Mexico Press. p. 22. ISBN 0-82635-759-8. https://books.google.com/books?id=bAHmDAAAQBAJ&pg=PA22  
参照文献

関連項目編集