メインメニューを開く

コスモバルク記念(コスモバルクきねん)は、ホッカイドウ競馬が施行する地方競馬重賞競走。サッポロビールより優勝杯の提供を受けており、正式名称は「サッポロビール杯 コスモバルク記念」と表記される。

コスモバルク記念
Cosmo Bulk 20051225P1.jpg
コスモバルク(2001 - )
開催国 日本の旗 日本
主催者 北海道
競馬場 門別競馬場
創設 2011年5月5日
2017年の情報
距離 ダート1800m
格付け H3
賞金 1着賞金250万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上(地方全国交流)
負担重量 別定
出典 [1]
テンプレートを表示

概要編集

地方競馬所属馬として初めて国際GI(シンガポール航空インターナショナルカップ)を制し、中央競馬への遠征でも重賞3勝、皐月賞ジャパンカップで2着となるなど、ホッカイドウ競馬を代表する競走馬として活躍したコスモバルクを讃え、2011年に新設。第1回より施行日にあわせて、コスモバルクを門別競馬場のパドックでお披露目するイベントも行われている。

ホッカイドウ競馬では特定の競走馬名を冠した重賞競走が長らく設けられておらず[注 1]、本競走は特徴的である。

4歳以上の馬にとっては、本競走がシーズン最初の重賞となる。3歳馬も出走可能だが、有力馬は直前に行われる北斗盃へ出走するケースが多い。

条件・賞金等(2017年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳以上・地方競馬交流競走
負担重量
別定[1]
北海道所属馬は、番組賞金2000万円超58kg、同2000万円以下57kg、同800万円以下56kg、同400万円以下55kg、同300万円以下54kg(※3歳馬2kg減、牝馬2kg減(南半球産3歳2kg減、同4歳1kg減))
他地区所属馬は別に定められる
賞金額
1着250万円、2着50万円、3着37万5000円、4着25万円、5着12万5000円。
副賞
スタリオンシリーズに指定されており、ゴールドシップの次年度配合権利が優勝馬生産牧場への副賞となっている[1]
優先出走権付与
上位3着までに入った馬に赤レンガ記念の優先出走権が付与される[1]

過去の副賞編集

スタリオンシリーズ競走に指定されており、以下に掲げる種牡馬の種付権が副賞として贈られた。

コスモバルク記念 スタリオンシリーズ競走の副賞対象種牡馬
種牡馬 付与対象者 出典
2011年 コンデュイット [2]
2012年 馬主 [3]
2013年 生産牧場 [4]
2014年 [5]
2015年 ダンカーク [6]
2016年 ゴールドシップ [7]
2017年
2018年
2019年 [8]

歴史編集

  • 2011年 - サラブレッド系3歳以上の競走馬による重賞競走として創設、門別競馬場のダート1800mで施行。H2に格付け。
  • 2015年 - 格付けをH3に変更。

歴代優勝馬編集

距離はすべてダートコース。

回数 施行日 開催地 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 2011年5月5日 門別 1800m 14頭 クラキンコ 牝4 北海道 1:56.0 小国博行 堂山芳則
第2回 2012年5月4日 門別 1800m 12頭 ジョーモルデュー 牡8 北海道 1:52.8 服部茂史 田中淳司
第3回 2013年5月3日 門別 1800m 14頭 ショウリダバンザイ 牝6 北海道 1:55.5 井上俊彦 林和弘
第4回 2014年4月29日 門別 1800m 12頭 バルーン 牡7 北海道 1:56.5 井上俊彦 林和弘
第5回 2015年4月29日 門別 1800m 11頭 ウルトラカイザー 牡7 北海道 1:54.6 井上俊彦 林和弘
第6回 2016年4月28日 門別 1800m 10頭 ウルトラカイザー 牡8 北海道 1:54.9 井上俊彦 林和弘
第7回 2017年4月26日 門別 1800m 10頭 オヤコダカ 牡5 北海道 1:53.1 石川倭 米川昇
第8回 2018年4月25日 門別 1800m 10頭 スーパーステション 牡4 北海道 1:54.9 阿部龍 角川秀樹
第9回 2019年4月23日 門別 1800m 7頭 スーパーステション 牡5 北海道 1:55.7 阿部龍 角川秀樹

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 過去には道営競馬出身で1969年のアラブ大賞典を勝ったセンジユスガタを冠したアラブ系の重賞「センジュスガタ記念」が施行されていたが、1986年からはまなす賞(1994年廃止)に改称された(はまなす賞歴代勝ち馬 - 地方競馬全国協会)、1985年優勝馬:アレッポダッシュ(JBIS)1986年優勝馬:バンガードライデン。これはかつて、主催者の北海道が「特定の競走馬名を冠した競走を設けるのは不公平」という見解を示していたためで、クイーンカップ(現在は廃止)を6連覇したシバフイルドーでも記念競走は行われなかった。

出典編集

  1. ^ a b c d キャンペーン”. SPAT4プレミアムポイント. 2017年4月24日閲覧。
  2. ^ 平成23年度 第1回 門別競馬出走表”. ホッカイドウ競馬. 2015年5月8日閲覧。
  3. ^ 重賞競走紹介”. ホッカイドウ競馬. 2012年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月8日閲覧。
  4. ^ 重賞競走紹介”. ホッカイドウ競馬. 2013年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月8日閲覧。
  5. ^ スタリオンシリーズ競走”. ホッカイドウ競馬. 2014年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月8日閲覧。
  6. ^ 「2015 スタリオンシリーズ競走」の実施について”. ホッカイドウ競馬 (2015年3月17日). 2015年3月26日閲覧。
  7. ^ スタリオンシリーズ競走”. ホッカイドウ競馬. 2016年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月1日閲覧。
  8. ^ コスモバルク記念|重賞競走案内|開催カレンダー|開催日程|ホッカイドウ競馬” (日本語). ホッカイドウ競馬. 2019年9月12日閲覧。

各回競走結果の出典編集

参考文献編集

  • 『2013ホッカイドウ競馬ガイド』北海道軽種馬振興公社(門別競馬場・各場外発売所で無料配布)

外部リンク編集