コチドリ

チドリ目チドリ科の鳥

コチドリ(小千鳥、学名:Charadrius dubius)は、チドリ目チドリ科チドリ属に分類される鳥類の一。学名はCharadriusギリシア語で「峡谷に巣を作る」、dubiusラテン語で「不確かな」を意味する[4]

コチドリ
コチドリ(夏羽)
コチドリ(夏羽) Charadrius dubius
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : チドリ亜目 Charadrii
: チドリ科 Charadriidae
: チドリ属 Charadrius
: コチドリ C. dubius
学名
Charadrius dubius
Scopoli, 1786
和名
コチドリ
英名
Little ringed plover[2][3]
亜種
  • C. d. curonicus Gmelin, JF, 1789
  • C. d. jerdoni (Legge, 1880)
  • C. d. dubius Scopoli, 1786
  • 詳細は本文参照

分布編集

ユーラシア大陸の中緯度地方以北の熱帯から亜寒帯地域の広範囲で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部で越冬する[3][5]日本では亜種コチドリが夏季に本州四国九州で繁殖する(夏鳥)。西日本以南の暖地では少数が越冬する(留鳥[5]南西諸島では冬鳥[3]

形態編集

全長が約16 cm[4][3][5][6]翼開長が約35 cm[3]。日本のチドリ類では最小の種[4][7][8]。頭頂部と背面は灰褐色、腹面は白い羽毛で覆われる。

眼の周囲の羽毛は黄色。この太い黄色のアイリングが特徴で[8]、近縁種のハジロコチドリはアイリングがほとんど目立たず、イカルチドリのアイリングはより細い[3]。他のチドリ類と異なり翼の上面に翼帯がない[5]。嘴から眼を通り側頭部へ続く黒い筋模様(過眼線)が入る。額にも黒い斑紋が入り、過眼線と交わる。喉から後頭部にかけての羽毛は白い。頸部には黒い首輪状の斑紋が入る。肢はオレンジ。

夏羽ではこの斑紋が黒いが、冬羽では薄くなる。また咽頭部にも首輪状の黒い斑紋がある。冬羽では眼の周囲の黄色いアイリングの幅が小さくなる[3]。雌雄ほぼ同色[3][5][6]。胸の黒い帯は雄の方が太い傾向がある[5][9]。眼の周囲の太い過眼線は雄が黒色で、雌は褐色味を帯び黒色[5]。幼鳥は全体の色がより褐色味を帯び[3]、額に黒帯がない[8]

生態編集

海岸河川の中流域、水田等に生息する。渡りの時期には、山地の開けた草原に飛来することもある。

食性は動物食で、昆虫類ミミズ類などの節足動物を食べる[6]ユスリカ類の小型昆虫をよく食べる[5]。水田や干潟などで採食することもある[3]。俗に千鳥足と呼ばれるジグザグとした移動と静止を織り交ぜて素早く獲物に詰め寄り捕食する。浅い水辺で片脚を震わせて地面を叩くようにして、水生昆虫をおびき出して捕食することもある[5]

繁殖形態は卵生。海岸の砂浜埋立地、内陸の畑や造成地などに巣をつくる[3]。浅い窪地を掘り小石や貝殻、小枝等を敷いたに、日本では4-7月に1回に3-4個のを産む[4]。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は24-25日。親は巣に外敵が近づくと翼を広げて身を屈め傷ついた振り(擬傷)をして巣から離れ、外敵の注意を巣から反らす[4]。雛はその間じっとして動かず、保護色により周囲の小石と区別がつきづらくなる[3][5]。雛は孵化後半日ほどで巣を離れ、親と一緒に採食するようになる[3]。生後24-29日程で飛翔できるようになり、その後8-25日で独立する。生後1-2年で性成熟する。「ピィ」、「ピィピョ」と鳴き[5]、繁殖期には「ビュービュー」と鳴きながら飛翔する[3]

人間との関係編集

  • 酒に酔ってふらふらと歩く様を千鳥足というのは、この鳥の歩き方のように真っ直ぐ歩かないことになぞらえている。
  • 1997年(平成9年)7月22日から2014年(平成26年)3月31日まで販売された110円普通切手の意匠となった[10][11][12]

分類編集

以下の亜種に分類されている[13][14]

種の保全状況評価編集

国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリスト軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]。個体数は安定傾向にある[1]

日本では以下の都道府県でレッドリストの指定を受けている[15]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2. Charadrius dubius (Little Ringed Plover)” (英語). IUCN. 2014年1月15日閲覧。
  2. ^ Vanellus Charadrius dubius Scopoli, 1786” (英語). ITIS. 2013年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 中川 (2010)、94頁
  4. ^ a b c d e 『鳥類図鑑』、34頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 叶内 (2006)、226-227頁
  6. ^ a b c 高木 (2002)、100-101頁
  7. ^ 中川 (2010)、96頁
  8. ^ a b c 大橋 (2008)、58-59頁
  9. ^ 叶内 (2006)、60-61頁
  10. ^ 普通切手、慶弔切手一覧”. 公益財団法人日本郵趣協会. 2014年4月1日閲覧。Archived 2014-04-07 at the Wayback Machine. (ただし、発売開始の出典とはならない。)
  11. ^ 新料額の普通切手及び郵便葉書等の発行等(2 販売を終了する普通切手・郵便葉書等の内容)”. 日本郵便株式会社 (2013年12月6日). 2022年6月9日閲覧。
  12. ^ 別紙3 販売を終了する普通切手の意匠等”. 日本郵便株式会社. 2022年6月9日閲覧。
  13. ^ IOC World Bird List 3.2 (Shorebirds & allies)” (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2013年1月21日閲覧。
  14. ^ Little Ringed Plover (Charadrius dubius) Scopoli, 1786” (英語). バードライフ・インターナショナル. 2013年1月21日閲覧。
  15. ^ 日本のレッドデータ検索システム「コチドリ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年1月21日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  16. ^ 三重県レッドデータブック2005・コチドリ”. 三重県 (2005年). 2013年1月21日閲覧。
  17. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 82 (2011年). 2013年1月21日閲覧。
  18. ^ 大阪府レッドデータブック・コチドリ”. 大阪府 (2000年3月). 2013年1月21日閲覧。
  19. ^ 福井県レッドデータブック(動物編)・コチドリ”. 福井県 (2002年). 2013年1月21日閲覧。
  20. ^ レッドデータブックおおいた (PDF)”. 大分県. pp. 316 (2000年). 2013年1月21日閲覧。

参考文献編集

  • 高木清和 『フィールドのための野鳥図鑑-水辺の鳥』山と溪谷社、2002年2月1日。ISBN 4635063321 
  • 叶内拓哉 『絵解きで野鳥が識別できる本』文一総合出版、2006年3月。ISBN 978-4829901717 
  • 叶内拓哉、安部直哉 『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』(第2版)山と溪谷社、2006年10月1日。ISBN 4635070077 
  • 大橋弘一、Naturally 『散歩で楽しむ野鳥の本(街中篇)』山と溪谷社、2008年10月21日。ISBN 978-4635596206 
  • 中川雄三(監修) 編 『ひと目でわかる野鳥』成美堂出版、2010年1月。ISBN 978-4415305325 
  • 上田恵介監修 『鳥類図鑑』 東京書籍、2006年、34頁。ISBN 4-487-80128-1

関連項目編集

外部リンク編集