メインメニューを開く

株式会社 コロンバン(Colombin Co.,Ltd)は、東京都渋谷区神宮前に本社を、東京都中央区銀座に本店を置くショートケーキクッキーなどを中心としたフランス菓子の製菓会社である。

株式会社コロンバン
Colombin Co.,Ltd.
コロンバン本店(東京・神宮前
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前六丁目31番19号
本店所在地 東京都中央区銀座七丁目14番3号
設立 1948年9月
事業内容 洋菓子製造・販売、喫茶室の運営、不動産賃貸、養蜂及び関連商品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 小澤 俊文
資本金 6,240万円
売上高 47億9,700万円(2016年9月期)
従業員数 334名(2016年9月)
決算期 9月
外部リンク http://www.colombin.co.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

喫茶店(サロン)や百貨店内の売店ではケーキを主力商品として販売している[1]。さらに、原宿本店サロン屋上での養蜂プロジェクトや、「原宿ロール」「原宿焼きショコラ」を展開する。バタークリームを使用したデコレーションケーキは、クリスマス以外は受注生産しかしていない。戦前から今に至るまで、洋菓子では唯一の宮内庁御用達である[2]

かつては三和グループのメンバーであり三和系企業で設立されたみどり会のメンバーだったが[3]、今は退会している。

歴史編集

 
有名なショートケーキ

1915年大正4年)、宮内省大膳寮員を拝命した門倉国輝が、渡仏、帰国後1924年(大正13年)に、東京大森に日本初のフランス菓子店コロンバン商店を創業したのが発祥という、洋菓子界屈指の老舗。

定番の日本風ショートケーキをコロンバンが初めて考案、製作販売したとしている。1931年昭和6年)に銀座(現:銀座6丁目界隈)にオープンテラス喫茶のパイオニアである路傍風の店舗「テラスコロンバン」を開店するなど、格式が高く先駆的な会社として知られた。第二次世界大戦の最中に一時休業に追い込まれるも、戦後再興した。

1951年(昭和26年)には渋谷の東横百貨店(現:東急百貨店東横店)の「東横のれん街」に日本初の洋生菓子実演室付き店舗を設置。営業規模の最盛期は1985年(昭和60年)頃で、関東だけで110を超える百貨店内の喫茶店、売店等があったが、次第に規模を縮小した。

2009年(平成21年)には営業益が最低に落ち込み、倒産の危機にもあったが、2006年(平成16年)に就任した小澤俊文新社長の300項目に渡る社員意識改革、「売り場改革」戦略で、業績も回復。特にクッキーは年間売上高4400万円が6億円と、約13倍に急伸するなど、積極的な商品・市場開拓展開、営業展開により、新たな成長を見せている[4]

店舗編集

かつては東京だけでなく大阪名古屋札幌仙台静岡にも支社があったが、 現在残るのは大阪、名古屋、仙台(営業所のみ)である。

関東地区

  • 売店
    • 東京駅グランスタ店
    • 羽田空港SMILE TOKYO店
    • 東京大丸店(クラシックコロンバン)
    • 池袋東武店
    • 新宿小田急本館
    • 浅草松屋店
    • 船橋東武店
    • アトレ松戸店
    • イオン幕張新都心店
    • 横浜ジョイナス店
    • イオンスタイル碑文谷店
  • 喫茶店
    • 原宿本店サロン
    • 京王新宿サロン

中京地区

  • 売店
    • 名鉄一宮店
    • 岐阜高島屋店
  • 喫茶店
    • カフェ コロンバンMELSA店

関西地区

  • 喫茶店
    • 梅田阪急サロン(セ・シュクル・コロンバン)

備考編集

銀座のコロンバンには藤田嗣治画伯の絵画が天井に飾られ(現在は赤坂迎賓館蔵)、永井荷風川端康成谷崎潤一郎田村泰次郎といった文豪もしばしば来店していた。谷崎潤一郎の小説細雪には同店が登場する。今でも銀座のイメージが強いが、登記上の本店である以外には一部オフィスがあるだけで、サロン本店のある原宿が事実上の本社のようである。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集