メインメニューを開く

コート・ダジュール』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。雪組[1][2]公演。形式名は「ミュージカル・ショー[3][2]」。16場[3][4]。作・演出は小原弘稔[3][2]、演出は石田昌也[3][2]。併演作品は『ブルボンの封印[1][2]』。

公演期間と公演場所編集

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[5]参考。

フランスコート・ダジュールにある港を舞台とした作品。海軍軍人フィリップを中心に、その友人たちと彼らのガールフレンドが繰り広げられる、ほろ若くも淡い恋物語を歌とダンスで綴った作品。彼らの出会い、そして別れを歌とダンスのみのミュージカル・タッチで描き、宝塚では珍しい様式のショー作品であった。

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[3]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場。

主な配役編集

※宝塚・東京[2]共通。

*東京公演では純名里沙はテレビ出演のため休演[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 80年史 1994, p. 361.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 367.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 80年史 1994, p. 362.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 90年史 2004, p. 29.
  5. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 170.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子、執筆:國眼隆一『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3