シタールを弾くインド人男性。18世紀に描かれたもの。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

シタール(ヒンディー語:सितार、英語:Sitar)は、北インド発祥の弦楽器。民族楽器の一つ。

目次

語源編集

シタールという言葉は、サンスクリット語saptatantri veena(七弦のヴィーナ)から派生し、後にsaat taar(saatは「七」、taarは「金属の弦」)と呼ばれるようになり、最終的に「シタール」となったとされる[1]

また別の出典によると、ペルシア語のセタール(سه‌تار :三弦)が語源とされている[2]

解説編集

伝統的なシタールは19で、棹は長さが約90cmで約20個の金属製のフレットが結びつけられている。フレットの上には約7本の金属製の演奏弦が張られており、左手の指で弦を押さえミンドという奏法(チョーキング)により1フレットにつき4-5度音をだす。右手指先に付ける金属製の爪のミズラブ(ミズラーブとも呼ばれる)で弦をはじいて演奏する(撥弦楽器)。フレットの下には約12-16本の共鳴弦が張られている。
そのため、ギターと似たような仕様で作られているエレクトリック・シタールとは、趣きの異なるものである。

共鳴胴は通常ヒョウタン、もしくはユウガオの実(カンピョウの原料)を乾燥させたもので作られる(カボチャや木製、まれに真鍮製のものも同)。また胴体とは別に、棹の上部にも同サイズかやや小振りの共鳴器が付くが、これなども他の多くの撥弦楽器(リュートウードギターなど)とは異なる特徴と言える。

独特のミュートのかかった倍音の豊かな音色(フラジオレット、第一ヘルムホルツ運動→第二ヘルムホルツ運動)は、「ジュワリ英語版」という骨製(木製)の駒でつくられており、三味線の上駒の「さわり英語版」(サワリ)と語源が共通と言われている。

標準的な調弦は六弦を使ったRaga yamanにおいてG D F# A D Dである。

伝統的なインド音楽やインド・ポップスに使用されるが、60年代半ばからは、ヤードバーズジミー・ペイジや、ビートルズジョージ・ハリスン(「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」や「ノルウェーの森」で使用された)、ローリング・ストーンズブライアン・ジョーンズ(「黒くぬれ!」で使用された)らが使用したため、欧米のロックファンにもよく知られる楽器になり、ラーガ・ロックと呼ばれた。なお、インドのシタール奏者のラヴィ・シャンカルは、ジョージ・ハリスンのシタールの師匠である。

日本のフォーク・ロック・ポップスでは、ガロのMARKこと、堀内護が「姫鏡台」でシタールを演奏したことにより、邦楽ポップスでは初めて使用されたと言われた。THE ALFEE坂崎幸之助は、「Funky Dog!」のスタジオでのレコーディングにて、シタールを演奏した。現在もDir en greyのギタリスト、などが使用している。

有名なシタール奏者、およびシタール演奏経験があるミュージシャン編集

一覧編集

出典編集

  1. ^ Allyn Miner (April 2004). Sitar and Sarod in the 18th and 19th Centuries. Motilal Banarsidass Publ.. pp. 24–. ISBN 978-81-208-1493-6. https://books.google.com/books?id=4nPHTCS8vfUC&pg=PA24. 
  2. ^ Sitar – Definition and More from the Free Merriam-Webster Dictionary. Merriam-webster.com (2012-08-31). Retrieved on 2013-07-17.

外部リンク編集