ジェイソン・フレイザー

ジェイソン・アンドリュー・フレイザーJason Andrew Frasor, 1977年8月9日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はフリーエージェント(FA)。

ジェイソン・フレイザー
Jason Frasor
フリーエージェント (FA)
Jason Frasor on August 9, 2011.jpg
ホワイトソックス時代(2011年8月9日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州シカゴ
生年月日 (1977-08-09) 1977年8月9日(42歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト33巡目(全体987位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場 2004年4月16日 ボルチモア・オリオールズ
年俸 $1,750,000(2014年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トロント・ブルージェイズでの通算505試合登板は球団記録。妻はカナダ[2]

経歴編集

プロ入りとタイガース傘下時代編集

1999年MLBドラフトデトロイト・タイガースから33巡目(全体987位)指名され、6月4日に入団。

ドジャース傘下時代編集

2002年9月18日トレードロサンゼルス・ドジャースへ移籍したが、一度もメジャーへ昇格することはなかった。

ブルージェイズ時代編集

2004年3月29日ジェイソン・ワースとのトレードで、トロント・ブルージェイズに移籍して同年4月16日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。1年目ながらクローザーに抜擢され、チームトップの63試合に登板。尻すぼみに終わってしまった感もあったが、一躍脚光を浴びた。

2005年もチーム3位の67試合に登板し、防御率3.25の好成績をマーク。

2006年は7月途中に不調で傘下のAAA級シラキュース・チーフスへの降格もあったが、シーズンでは51試合に登板し、防御率4.32と、何とか許容範囲に収めた。

2007年は守護神のB・J・ライアンの故障に伴いクローザーに抜擢されたが、不振のためその座をジェレミー・アッカードに譲ってしまった。

2008年は防御率こそ前年度よりも改善されたものの、WHIPが高く不安定な内容が続いた。

2009年はライアンの故障による不調に加え、ライアンに代わってクローザーを務めたスコット・ダウンズも故障したため、抑えを任されるようになった。シーズンを通じて安定した成績を残し、キャリアハイの防御率、セーブ数をマークした。

2010年も当初は抑えを任されていたが、開幕戦でサヨナラ打を打たれるなど不安定な内容が続いたためケビン・グレッグに守護神の座を奪われてしまう。しかし5月以降の防御率は2点台に抑え、キャリアハイの登板数をマークするなど及第点の成績でシーズンを終えた。シーズン終了後の11月1日FAとなったが、獲得の際に2つのドラフト指名権譲渡が必要なタイプA(救援投手)に格付けされたため、他球団への移籍は困難と見られていた。結局、球団からの年俸調停申請を受諾して残留が決まった[3]。オフにはバーノン・ウェルズが移籍したことにより、チーム最古参の選手になった。

ホワイトソックス時代編集

2011年7月27日にブルージェイズ、セントルイス・カージナルスシカゴ・ホワイトソックス間での三角トレードでザック・スチュワートと共にホワイトソックスへ移籍。オフの10月31日に375万ドルの球団オプションを行使された。

ブルージェイズ復帰編集

2012年1月1日にマイナー2投手とのトレードでブルージェイズに復帰した[4]10月29日にFAとなった。

レンジャーズ時代編集

2013年1月3日テキサス・レンジャーズと150万ドルの1年契約を結んだ[5]。10月31日にFAとなったが、11月4日に175万ドルの1年契約で再契約した[6]

2014年は開幕ロースター入りし、38試合に登板。1勝1敗・防御率3.34だった。

ロイヤルズ時代編集

2014年7月16日スペンサー・パットンとのトレードで、カンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[7]。ロイヤルズ移籍後は、23試合にリリーフ登板。防御率1.53・3勝無敗という目を見張る好成績をマークし、ロイヤルズのプレイオフ進出に大いに貢献した。2014年シーズン通算では、61試合にリリーフ登板して通算600試合登板を達成した。防御率は、2年連続で2.70以下に抑えた。メジャーデビュー以来11年連続で45試合以上に登板、線引きを50試合にしても未到達なのは2008年だけと、タフネスぶりを発揮している。オフの10月30日にFAとなったが、11月28日にロイヤルズと125万ドル+出来高50万ドルの1年契約(2016年・200万ドル+出来高50万ドルの相互オプション付き)で再契約した[8][9]

2015年はロイヤルズで26試合に登板し、1勝0敗・防御率1.54の成績であったが、7月6日DFAとなり[10]、13日に自由契約となる[11]

ブレーブス時代編集

2015年7月17日アトランタ・ブレーブスとメジャー契約を結ぶ[12]。6試合の登板で無失点の好投を続けていたが、8月4日に肩の痛みを訴え故障者リスト入りし、26日に自由契約となる。

投球スタイル編集

小柄な体から最速97マイル(約156km/h)の速球と、スライダーを軸とした投球スタイル。2009年からはスプリッターも投げるようになった。三振を多く奪えるのが強みで、2006年2007年2010年2012年奪三振率が9を超えている。課題は制球力で、与四球の多さがWHIPを高め、クローザーへの定着を妨げている[13]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2004 TOR 63 0 0 0 0 4 6 17 8 .400 299 68.1 64 4 36 3 2 54 4 2 31 31 4.08 1.46
2005 67 0 0 0 0 3 5 1 15 .375 305 74.2 67 8 28 2 3 62 1 0 31 27 3.25 1.27
2006 51 0 0 0 0 3 2 0 12 .600 215 50.0 47 8 17 1 2 51 3 0 24 24 4.32 1.28
2007 51 0 0 0 0 1 5 3 4 .167 242 57.0 47 3 23 1 2 59 2 1 29 29 4.58 1.23
2008 49 0 0 0 0 1 2 0 4 .333 208 47.1 36 4 32 4 1 42 6 0 23 22 4.18 1.44
2009 61 0 0 0 0 7 3 11 4 .700 227 57.2 43 4 16 3 2 56 2 0 17 16 2.50 1.02
2010 69 0 0 0 0 3 4 4 14 .429 279 63.2 61 4 27 6 4 65 5 0 30 26 3.68 1.38
2011 44 0 0 0 0 2 1 0 10 .667 178 42.1 38 4 15 1 2 37 2 0 15 14 2.98 1.25
CWS 20 0 0 0 0 1 2 0 4 .333 83 17.2 20 3 11 2 1 20 1 0 10 10 5.09 1.75
'11計 64 0 0 0 0 3 3 0 14 .500 261 60.0 58 7 26 3 3 57 3 0 25 24 3.60 1.40
2012 TOR 50 0 0 0 0 1 1 0 13 .500 191 43.2 42 6 22 1 2 53 5 1 20 20 4.12 1.47
2013 TEX 61 0 0 0 0 4 3 0 10 .571 200 49.0 36 4 20 3 0 48 2 0 15 14 3.67 1.14
通算:10年 586 0 0 0 0 30 34 36 98 .469 2427 571.1 501 52 247 27 21 547 33 4 245 233 3.67 1.31
  • 2013年度シーズン終了時

背番号編集

  • 54 (2004年 - 2011年途中、2012年、2014年途中 - 2015年途中)
  • 58 (2011年途中 - 同年終了)
  • 44 (2013年 - 2014年途中)
  • 51 (2015年途中 - 同年途中)

脚注編集

  1. ^ Jason Frasor Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年12月29日閲覧。
  2. ^ Richard Griffin(2010-07-29), Frasor rides the roller-coaster, Toronto Star(英語), 2010年12月3日閲覧
  3. ^ Gregor Chisholm(2010-12-01), Frasor takes arbitration from Jays, three decline, bluejays.com(英語), 2010年12月3日閲覧
  4. ^ Chisholm, Gregor(2012-01-01). Blue Jays reacquire Frasor from White Sox. bluejays.com(英語). 2012年1月2日閲覧
  5. ^ Rangers sign Jason Frasor to a one-year, $1.5 million deal CBSSports.com
  6. ^ Texas Rangers re-sign reliever Jason Frasor to one-year deal worth $1.75 million The Dallas Morning News
  7. ^ Royals acquire pitcher Jason Frasor from Texas for Minor League pitcher Spencer Patton”. MLB.com Royals Press Release (2014年7月16日). 2014年7月17日閲覧。
  8. ^ Royals ink relief pitcher Jason Frasor to one-year deal”. MLB.com Royals Press Release (2014年11月28日). 2014年12月15日閲覧。
  9. ^ Dick Kaegel (2014年11月29日). “Royals retain reliever Frasor on one-year deal”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  10. ^ Jordan Wilson (2015年7月6日). “Moustakas on bereavement list; Frasor designated”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/135042372/royals-put-mike-moustakas-on-bereavement-list 2015年7月7日閲覧。 
  11. ^ Aaron Gleeman (2015年7月13日). “Jason Frasor clears waivers, released by the Royals”. Hardball Talk (NBC Sports). http://hardballtalk.nbcsports.com/2015/07/13/jason-frasor-clears-waivers-released-by-the-royals/ 2015年7月14日閲覧。 
  12. ^ Sean d'Oliveira (2015年7月17日). “Braves sign pitcher Jason Frasor”. FANTASY NEWS (CBSSports.com). http://fantasynews.cbssports.com/fantasybaseball/update/25243574/braves-sign-pitcher-jason-frasor 2015年7月21日閲覧。 
  13. ^ Jason Frasor » Statistics » Pitching | FanGraphs Baseball

外部リンク編集