メインメニューを開く

ジェニファー・ホーキンス(Jennifer Hawkins、1983年12月22日 -)はオーストラリアのモデル、ブランドアンバサダー、起業家、テレビプレゼンター。2004年に行われたミスユニバースオーストラリアと同年のミス・ユニバース2004で優勝したことで有名。現在でもAustralia's Next Top Modelのホストや、オーストラリアのデパート・マイヤーやLovable Intimates、Mount Franklin Lightly Sparkling、ランドローバーの顔として活躍している。2つの成功を収めたブランド、ジェニファー・ホーキンス・スイムウェアのCoziとJbronze日焼けラインの創設者兼CEOであり、成長を続ける不動産ポートフォリオの管理者でもある。

ジェニファー・ホーキンス
Jennifer Hawkins 2015.jpg
2015年8月
生誕 (1983-12-22) 1983年12月22日(35歳)
オーストラリアニューサウスウェールズ州ホルムスビル英語版[1]
身長 180 cm (5 ft 11 in)
肩書き ミスユニバースオーストラリア2004
(優勝)
ミス・ユニバース2004
(優勝)
ミス・コンテストタイトル
髪の色 ブロンド
目の色

若齢期編集

ニューサウスウェールズのホルムスビル英語版生まれ。現在はシドニーに住んでいる。ニューサウスウェールズのWest WallsendにあるWest Wallsend高校に通った。4人兄弟である。ラグビーリーグのチームNewcastle Knights[2]やバスケットボールチームのHunter Piratesのチアリーダーや、モデルとしても活躍した。ミスユニバース大会のためのミスオーストラリアに選出されたのはモデルとしてであった[3]。ヒップホップとバレエを専門とするオーストラリアでツアーを行ったダンスチームの振付師としても働いていた。

経歴編集

ミスユニバース編集

ミス・ユニバース2004に参加する前に、2003年の大会でオーストラリア代表となった前ミスオーストラリア、アシュリー・タルボットにアドバイスを求め、エクアドルに行く前に基本的なスペイン語を学んだ。しかし、ミスオーストラリアには参加しなかった。だが、新たに創設されたミスユニバースオーストラリアの初優勝者となった。

2004年6月1日、エクアドルのキトでミスユニバースのページェントが開催された。イベントの一週間前には、優勝候補の6位にランクインされた[4]。最終審査で、オーストラリア人として準決勝進出したのは1993年のボニ・デルフォス以来であった。その後夜のガウン審査の後トップ10に進んだ。そこではボラがデザインした25,000オーストラリアドルの珍しいヴィンテージの銅ガウンを着用した[5]。水着審査の後、トップ5に進み最終的にはミスユニバースのタイトルを獲得した[6]。残りの上位4名は全員ともアメリカとカリブ諸国の代表者であった。シャンディ・フィネッセーミスUSA)(1位次点)、Alba Reyes(プエルトリコ)(2位次点)、Yanina Gonzalez(パラグアイ)(3位次点)、Danielle Jones(トリニダード・トバゴ)(4位次点)。1983年の優勝者Lorraine Downes(ニュージーランド)以来のオセアニアからの優勝者であり、1972年にプエルトリコのドラドで開かれた大会で優勝したKerry Anne Wells以来のオーストラリアからの優勝者であった(偶然どちらもスペイン語圏の国で開かれた大会であった)

ホストであるビリー・ブッシュが「下からの雷("thunder from down under")」と発表したのち、前回の優勝者であるドミニカ共和国アメリア・ベガが冠を授けた[7]

250,000ドル相当のミキモトの真珠が精巧にちりばめられた冠と高額な賞金を受け取った。1989年に優勝したオランダのAngela Visser以来の金髪での優勝者であった。

ミスユニバースとして、ミスユニバースオーガニゼーションの代表を務めた。2004年の「姉妹」のタイトル所有者は、シェリー・ヘニッヒミス・ティーンUSA、ルイジアナ出身)、シャンディ・フィネッセーミスUSAi、ミズーリ出身)であった。その任期の間、韓国、バハマ、ブラジル、チェコ共和国、ドイツ、ギリシャ、シンガポール、インドネシア、カナダ、トリニダード・トバゴ、インド、エクアドル、メキシコ、プエルトリコに赴き、ミスユニバース2005の開催国であるタイや母国のオーストラリアには複数回赴いた。ブラジルでは副大統領ジョゼ・アレンカールと公式会合した後、彼はジェニファーは「私が人生で見たなかで最も美しい女の子だ」と言った[8]。また、2005年2月のブラジルのカーニバルでサンバスクールに入り(イヴとして)パレードに参加した初めてのミスユニバースでもある。

ミスユニバースとしての一年間の任務の一環として、ミスユニバースオーガニゼーションにより提供されたニューヨーク市の川沿いのアパートに住んでいた。当時、モデルを続けながらテレビプレゼンターになることを希望していると述べている。

2004年にミスユニバースに就任した直後、オーストラリアのショッピングセンター、ウェストフィールド・ミランダで行われたファッションショーで、床についた自分のドレスの裾でよろけニュースになっている。驚いた群衆の前で赤いGストリングだけ残し肌があらわになってしまった。後に謝罪し、笑いながら「良い下着をつけたかった」と付け加えている。この事件はオーストラリアのナイン・ネットワークにより「オーストラリアのテレビでこれまで映った中で最も恥ずかしい瞬間」[9]という疑わしい差別を受けた。この"wardrobe malfunction"は報道機関を通じて広く伝わり、Googleによると"Jennifer Hawkins"のインターネット検索が急増したという[10][11]

ベトナムで行われたミス・ユニバース2008のファイナルで審査員を務めた。

テレビ出演編集

2004年のメルボルンカップカーニバルでセブン・ネットワークと契約を結んだ。セブン・ネットワークのトラベルショーThe Great Outdoorsで視聴者を世界中のツアーに連れていくゲストプレゼンターとしてが初めての出演であった。ミスユニバースとしての任期を終えたとき、この番組のレギュラープレゼンターとなり、結果として2006年のLogieで最も人気のある新女性タレント(Most Popular New Female Talent)にノミネートされた。2009年以降はこの番組の新たなエピソードは製作されていない。

2008年8月にセブン・ネットワークで始まったオーストラリアのMake Me a Supermodelのホスト及び審査員の1人となった。このシリーズは1シーズン放送された。

2010年8月に、ホーキンスはセブン・ネットワークを離れ契約満了後にナイン・ネットワークに移ると報道された[12]

サラ・マードックの代わりにヒット番組Australia's Next Top Modelのホストとなった。

編集

オーストラリアのDancing with the Stars の第4シーズンに参加した1人であったが、第5シーズンでは出なくなった。2006年1月15日、Dancing with the Starsの有名人に焦点をあてたDeal or No Dealの有名人バージョンに出演した。全てのDealを拒否し2000ドルを獲得した。

オーストラリアのアーティスト、ガイ・セバスティアンの恋の対象として3枚目のアルバムCloser to the Sunからの2枚目のシングルElevator Loveのミュージックビデオに出演している。

アプレンティスの複数のエピソードに、ドナルド・トランプとともにカメオ出演している。スケジュールの衝突によりピンクパンサー2のソニア・ソランドレス役を断っている。この役は結局元ミスワールドでボリウッドスターのアイシュワリヤー・ラーイが演じた[13]

年表編集

 
シドニーでのジェニファー
  • 2005年7月、オーストラリアとニュージーランドの顔として個人衛生とスキンケアブランドのLuxと契約した[14]
  • 2006年9月、オーストラリアの顔としてLovable Australiaランジェリーと3年間の契約を結んだ[15]
  • 2006年8月、Henderson Land Developmentと香港中華ガスの間で行われている香港の住宅開発Grand Waterfrontの大使に就任した[16]。彼女の第一面いっぱいのカラー写真は、いくつかの中国の新聞に広告として登場した。この開発の長短の広告は、ホーキンスを主要の被写体として、香港のプライムタイムのテレビで放映されている。
  • 2006年、Covergirlのメイクアップの4番目のオーストラリアの顔になるために有利な推奨契約を結んだ。[要出典]
  • 2006年11月、オーストラリアのシドニーでASUSのラップトップを推奨した[17]。同社はスペシャルエディションピンクS6のEBayでの販売売り上げを国立乳がん財団に寄付した。
  • 2007年1月、オーストラリアのデパートMyerと400万オーストラリアドル相当の契約を結んだことが発表された。
  • 2007年8月9日、男性雑誌Zoo Magazineは5万ドルでヌードモデルをするオファーを出したが、これを断っている。
  • 2008年、自分の水着のラインを開発しマイヤーに接近し、8か月後、Cozi by Jennifer Hawkinsが誕生した。
  • 2010年1月6日、Butterfly Foundationを支持し身体像への積極的な態度を奨励するために、Marie claireのオーストラリア誌の2月号の表紙に無修正で登場した[18]
  • 2011年、Range Roverの大使に就任し、オーストラリアのシューズブランドSirenと協力してJLH for Sirenという署名範囲を開発した[19]
  • 2011年、Mount Franklin Lightly Sparklingの顔に契約し、Coziブランドのプリントをライセンス化し、継続的なボトルデザインのコラボを形成している。
  • 2012年、Foxtelはホーキンスに近づき、Australia's Next Top Modelの新たなホストと審査員になるよう打診し、サラ・マードックの後を継いだ。
  • 2013年、3年間の計画と開発を経た自身の日焼けラインJbronzeが発表された。
  • 2014年、大手不動産開発会社Johnson Property Groupにより、最新の開発地であるLake MacquarieのTrinity Pointとジェニファーが幼少期の多くを過ごした近くの地域の顔になるよう依頼された。
  • 2015年、Hobart City Centreに新たなMyerの店舗をオープンした。元々の店舗は2007年9月に火事で消失していた。

大衆イメージ編集

世間の反応編集

世間に受け入れられたのち、バサーストの学生Daniel Dibleyによる2006年8月の12歳の卒業記念の舞踏会の招待を受け入れている[20]。後に他のカップルから気をひかれたくないという理由で断っているが、個人的にデートに行くことには同意している。

私生活編集

2013年6月4日、8年間付き合ったJake Wallと結婚し、インドネシアのバリ島にあるリゾート地で式を挙げた。2人はWallがニュージーランドでプロポーズした後18か月間婚約の状態にあった[21]

脚注編集

  1. ^ Gadd, Michael (2004年5月10日). “The Universe Is Her Oyster”. The Newcastle Herald 
  2. ^ “Jenny's universal appeal”. Sunday Telegraph. (2004年5月16日) 
  3. ^ Jameson, Julietta (2004年6月3日). “Aussie charm conquers universe”. The Courier Mail 
  4. ^ “On top of the world”. MX (Australia). (2004年5月25日) 
  5. ^ “Jennifer's dress to turn heads”. Gold Coast Bulletin. (2004年5月25日) 
  6. ^ Hayes, Monte (2004年6月2日). “Surprised Miss Australia wins Miss Universe 2004 pageant”. Associated Press 
  7. ^ Gadd, Michael (2004年6月3日). “Miss Universe win puts Jennifer over the moon”. Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/articles/2004/06/02/1086058923657.html 2007年1月12日閲覧。 
  8. ^ Espetáculo de Miss”. IstoÉ. 2011年7月4日閲覧。
  9. ^ on the 20 to 1 episode Most Embarrassing Moments
  10. ^ Google Trends: Jennifer Hawkins”. Google. 2007年4月29日閲覧。
  11. ^ Edwards, Amy (2005年5月3日). “Back in fine focus”. The Newcastle Herald 
  12. ^ “Hawkins to leave Seven: report”. The Spy Report (Media Spy). (2010年10月31日). オリジナルの2010年11月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101109133746/http://www.mediaspy.org/report/2010/10/31/hawkins-to-leave-seven-report/ 2010年10月31日閲覧。 
  13. ^ Cazzulino, Michelle (2007年8月7日). “Jen Hawkins would pose nude”. The Daily Telegraph (UK). http://www.news.com.au/dailytelegraph/story/0,22049,22199953-5007132,00.html 
  14. ^ “Jennifer stars in a real soap opera”. The Sunday Mail. (2005年7月31日) 
  15. ^ “Lovable Signs Jennifer Hawkins as "Miss Lovable"” (プレスリリース), Loveable Lingerie, オリジナルの2006年8月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060823032413/http://www.lovable.com.au/www/211/1001127/displayarticle/1358442%2ehtml 2006年9月8日閲覧。 
  16. ^ Edmonds, Mike (2005年8月26日). “Jennifer a commercial asset”. Herald Sun (Australia) 
  17. ^ Jennifer Hawkins launches leather landuray for her fans signed by herself 2009”. CNET.com.au (2006年11月27日). 2006年11月29日閲覧。
  18. ^ Jennifer Hawkins Bares All For marie claire”. Marie Claire. Yahoo! (2010年1月3日). 2010年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月3日閲覧。
  19. ^ Jennifer Hawkins unveils JLH for Siren http://www.oceanroadmagazine.com.au/2011/04/11/looking-feeling-good/fashion/jennifer-hawkins-unveils-jlh-for-siren-aw-collection
  20. ^ “Miss Universe gives Daniel a formal 'yes'”. Herald Sun (Australia). (2006年8月27日). オリジナルの2006年9月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060901040909/http://www.news.com.au/heraldsun/story/0%2C%2C20263604-661%2C00.html 2006年9月8日閲覧。 
  21. ^ Jennifer Hawkins marries Jake Wall in Bali”. news.com.au. 2014年2月24日閲覧。

外部リンク編集