G80は、韓国自動車メーカー、現代自動車ジェネシスブランドで展開する高級車(大型乗用車)である。後輪駆動または4輪駆動方式の準大型セダンであり、既存のヒュンダイ・ジェネシス2017年型に改良されたと同時に、車名が変更されジェネシスに編入された。

RG3型ジェネシス・G80

概要編集

2015年11月、現代は高級車ジェネシス」や「エクウス」で培った技術と経験をもとに、ジェネシスブランドを正式に立ち上げることを発表すると同時に、現代初の高級車ブランドとして各国市場に進出することを表明[1]EQ900に続くジェネシスブランド第2弾として発表された。

韓国以外でも「G80」の車名で販売されるが、オセアニア市場はG80登場後も「ヒュンダイ・ジェネシス」の名で販売された[2]。しかし、2017年11月にG70の投入を機にジェネシスブランドに移行し、他国同様「G80」へと車名変更された。

歴史編集

初代(DH型、2016年-2020年)編集

ジェネシス・G80(初代)
フロント
スポーツ フロント
スポーツ リヤ
販売期間 2016年2020年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン ラムダ(λ)V6 3.3L/3.3Lターボ
ラムダ(λ)V6 3.8L
駆動方式 RWD/AWD
変速機 8速AT
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
全長 4,990mm
全幅 1,890mm
全高 1,480mm
ホイールベース 3,010mm
先代 ヒュンダイ・ジェネシス
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2016年6月に開催された釜山モーターショーで初公開。2016年6月13日、予約受付開始。

2016年7月7日、韓国にて正式発表・発売開始。前身車種はジェネシスであり、G80は実質的に同車のフェイスリフト版である[3]。 但し、ジェネシスのデザインが好評であるため、エクステリアの変更は最小限にとどめられているが、HIDはアダプティブLEDヘッドランプに変更され、アルミホイールもデザインを変更している。

インテリアはセンタークラスタ、シフトノブ、スピーカーグリル、アナログ時計など一部のデザインが変更され、本木目とルアルミニウムを拡大適用して品質を高めた。また、新たにスマートフォンの無線充電機能やiPhoneとの通信が可能なアップルカープレイも搭載した。

エンジンはジェネシスからキャリーオーバーされたV6直噴の3.8Lと3.3Lの2種のラムダ(λ)に加え、EQ900にも搭載されるV6・直噴の3.3Lツインターボラムダ(λ)が新たに加えられる。

トランスミッションはエンジン・駆動方式の種別に関わらず、全て8速ATとなり、ジェネシス同様、FRに加えて「HTRAC(エイチ・トラック)」と呼ばれるAWDも設定される。

安全性についても抜かりはなく、9エアバッグに加え、EQ900で採用済の高速道路走行支援システム、衝突回避支援システム、スマート姿勢コントロール、不注意運転警報システムを統括した「Genesis Smart Sense(ジェネシス・スマート・センス)」も新たに搭載された。

また、G80への移行を機に車両の保証期間延長制度を導入し、車体と一般的な部品の場合に限り、従来の3年6万kmから5年10万kmへ延長した。尚、この制度は、従来のジェネシスのオーナーにも適用される。

追って、2016年10月にはV6・3.3L・GDIターボエンジンを搭載した「G80 SPORT(スポーツ)」も発売された。このシリーズはレクサスの「F SPORT」やBMWの「M SPORT」などに酷似した性格が与えられている。

 
ジェネシスG80情報面
 
ジェネシスG80後面

既存のデザインが好評を受けたため、大きな変化がない代わりに、小幅のフェイスリフトをしてディテールと感性品質を向上させることに重点を置いた。 外装はフロントバンパーにダークガーニッシュクロムが適用され、デザインが小幅変更され、ラジエーターグリルの形状も変わった。

既存のデュアルHIDヘッドランプがアダプティブフルLEDヘッドランプに変更され、18インチアルミホイールのデザインが変わった。内蔵やはりクラスタ、ギアノブ、スピーカーグリル、アナログ時計など一部のデザインが変更され、リアルウッドとリアルアルミニウムなどの高級素材を拡大適用して感性品質を高めた。

高速道路での部分的な自律走行が可能な高速道路走行支援システム、運転者の集中度が低下アラームで休憩を勧誘する不注意運転警報システムなどの新技術が導入された。電子変速レバー、スマートフォンの無線充電システム、セーフティロック解除機能は、Appleカープレイも新規適用された。また、車両の保証期間を延長する利点を導入したが、車体と一般部品の場合、既存の3年6万kmで、5年10万kmの保証を強化した。 この利点は、既存の現代ジェネシス(DH)のオーナーにも遡及して同じように適用される。 2017年 10月16日にはスポーツデザインセレクションパッケージが追加されるなど、商品性が改善された2018年型が発売された。

2018年 8月27日には、トンネルモードの自動ベット循環とジェネシスアクティブセーフティコントロール(後側方衝突防止補助、後方交差衝突防止補助、高速道路走行補助、車離脱防止補助、ドライバーの注意警告、ハイビームアシスト、スマートクルーズコントロール)この基本的な適用され、カカオ子供サーバ型音声認識、スマート姿勢制御システムなどが新規適用された2019年型が発売された。

ラインナップ編集

区分 G80 V63.3ℓラムダGDI G80 V63.8ℓラムダGDI G802.2ℓディーゼル
G80 ラグジュアリー
プレミアムラグジュアリー
プレステージ
ラグジュアリー
プレミアムラグジュアリー
プレステージ
ファイネスト
ラグジュアリー
プレミアムラグジュアリー

仕様編集

区分 G80

3.3ℓV6ラムダGDI

G80

3.3ℓV6ラムダGDI (Hトラック)

G80

3.8ℓV6ラムダGDI

G80

3.8ℓV6ラムダGDI (Hトラック)

G80

2.2ℓR e-VGT

G80

2.2ℓR e-VGT (Hトラック)

全長

(mm)

4,990
全幅

(mm)

1,890
全高

(mm)

1,480
ホイールベース

(mm)

3,010
ユンゴ

(前、mm)

1,628(R18)

1,620(R19)

1,620(R19) 1,628(R18)

1,620(R19)

ユンゴ

(後、mm)

1,659(R18)

1,633(R19)

1,633(R19) 1,659(R18)

1,633(R19)

乗車定員 5人
変速機 自動8段
サスペンション

(前/後)

マルチリンク/マルチリンク
駆動形式 後輪駆動 4輪駆動 後輪駆動 4輪駆動 後輪駆動 4輪駆動
エンジン形式 G6DH G6DJ D4HC
燃料 ガソリン ディーゼル
排気量

(cc)

3,342 3,778 2,199
最高出力

(ps / rpm)

282 / 6,000 315 / 6,000 202 / 3,800
最大トルク

(kg・m / rpm)

35.4 / 5,000 40.5 / 5,000 45.0 / 1,750〜2,750
燃料タンク容量

(ℓ)

77
要素数タンク容量

(ℓ)

- - 14
公差重量

(kg)

1,900(18インチタイヤ)/

1,920(19インチタイヤ)

1,970(18インチタイヤ)/

1,990(19インチタイヤ)

1965(19インチタイヤ) 2,035(19インチタイヤ) 1,950(18インチタイヤ)/

1,995(19インチタイヤ)

2,020(18インチタイヤ)/

2,065(19インチタイヤ)

燃費

(km /ℓ)

都心8.4 /高速11.7 /複合9.6(18インチタイヤ)/

都心8.2 /高速11.5 /複合9.4(19インチタイヤ)

都心7.8 /高速10.8 /複合8.9(18インチタイヤ)/

都心7.7 /高速10.6 /複合8.8(19インチタイヤ)

都心8.0 /高速11.1 /複合9.2(19インチタイヤ) 都心7.5 /高速10.4 /複合8.6(19インチタイヤ) 都心12.3 /高速16.1 /複合13.8(18インチタイヤ)/

都心11.7 /高速15.3 /複合13.1(19インチタイヤ)

都心10.9 /高速14.2 /複合12.2(18インチタイヤ)/

都心10.8 /高速14.1 /複合12.1(19インチタイヤ)

Co2排出量

(g / km)

184(18インチタイヤ)/

189(19インチタイヤ)

199(18インチタイヤ)/

202(19インチタイヤ)

194(19インチタイヤ) 208(19インチタイヤ) 138(18インチタイヤ)/

146(19インチタイヤ)

158(18インチタイヤ)/

159(19インチタイヤ)

G80スポーツ(2016年10月〜現在)編集

 
ジェネシスG80スポーツ情報面
 
ジェネシスG80スポーツ後面

2016年 10月26日には、V63.3ℓラムダII GDIガソリンターボエンジンを適用した高性能仕様のG80スポーツが発売された。 G80スポーツはスポーティな感じのデザイン要素が適用されて、ダイナミックな感じを最大限にし、パフォーマンスの向上にふさわしくサスペンションとステアリング反応を最適化させた。

ラインナップ編集

区分 G80スポーツV63.3ℓラムダII GDIターボ
G80スポーツ スポーツ

仕様編集

区分 G80スポーツ

3.3ℓV6ラムダII GDIターボ

G80スポーツ

3.3ℓV6ラムダII GDIターボ (Hトラック)

全長

(mm)

4,990
全幅

(mm)

1,890
全高

(mm)

1,480
ホイールベース

(mm)

3,010
ユンゴ

(前、mm)

1,620(R19)
ユンゴ

(後、mm)

1,633(R19)
乗車定員 5人
変速機 自動8段
サスペンション

(前/後)

マルチリンク/マルチリンク
駆動形式 後輪駆動 4輪駆動
エンジン形式 G6DP
燃料 ガソリン
排気量

(cc)

3,342
最高出力

(ps / rpm)

370 / 6,000(プレミアム燃料)
最大トルク

(kg・m / rpm)

52.0 / 1,300〜4,500(プレミアム燃料)
燃料タンク容量

(ℓ)

77
要素数タンク容量

(ℓ)

-
公差重量

(kg)

2,020(19インチタイヤ) 2,090(19インチタイヤ)
燃費

(km /ℓ)

都心7.4 /高速10.5 /複合8.5(19インチタイヤ) 都心7.0 /高速9.8 /複合8.0(19インチタイヤ)
Co2排出量

(g / km)

200(19インチタイヤ) 213(19インチタイヤ)

2代目(RG3型、2020年 - )編集

ジェネシス・G80(2代目)
フロント
販売期間 2020年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 直4 2.5L ターボ
V6 3.5L ターボ
直4 2.2L ディーゼル
駆動方式 RWD/AWD
変速機 8速AT
全長 4,995mm
全幅 1,925mm
全高 1,465mm
ホイールベース 3,010mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2020年3月30日、ソウルにてワールドプレミア[4]。ジェネシスブランドに移行後、初のフルモデルチェンジであり、ヒュンダイ・ジェネシス時代から数えると、3代目となる。

アウディ・A7のようなファストバックスタイルとなったスタイリングはAthletic Eleganceデザイン言語に基づき、GV80で導入されたクレストグリルや二重線クアッドランプといったジェネシスのシグネチャーデザインを採用している[5]

エンジンは仕向地にもよるが、直列4気筒 2.5L ターボ(最高出力304ps、最大トルク43.0kgf・m)、V型6気筒 3.5L ターボ(最高出力380ps、最大トルク54.0kgf・m)、直列4気筒 2.2L ディーゼル(最高出力210ps、最大トルク45.0kgf・m)の3種類が設定される。

安全装備としてハイウェイ・ドライビング・アシストⅡ(HDA Ⅱ)、機械学習ベースのスマートクルーズコントロール(SCC-ML)、プリアクティブセーフティーシート (PSS)、前方衝突回避支援システム (FCA) 、死角衝突回避支援システム (BCA) を装備する。また駐車支援としてリモートスマートパーキングアシスト (RSPA) を装備する。

ダッシュボードには14.5インチのタッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステムが装備される。これにジェネシス・インテグレーテッド・コントローラーが組み合わせられ、ARナビゲーション、Genesis QuickGuide、バレットパーキングのためのバレットモードをサポートしている。最初は韓国仕様のみとなるが車載決済システムであるGenesis CarPayも組み込まれる。Android AutoおよびApple CarPlayにも対応する。また、スマートホームテクノロジーと統合するホームコネクト機能を備える。

脚注編集

  1. ^ ヒュンダイ、高級ブランド「ジェネシス」の立ち上げを発表autoblog 2015年11月6日(2015年12月24日 閲覧)
  2. ^ HYUNDAI GENESISHyundai Australia Web site
  3. ^ 同一型式(同一ボディ)のままでのブランド変更の例として、他に2代目レクサス・SC(日本市場の場合、4代目UZZ40型トヨタ・ソアラからの移行)、3代目マツダ・RX-7(FD型アンフィニ・RX-7からの移行)、マツダ・ミレーニアユーノス・800からの移行)、マツダ・スクラムオートザム・スクラムからの移行)、シボレー・スパーク(3代目GM大宇マティスからの移行)などが挙げられる。
  4. ^ “THE ALL-NEW GENESIS G80 DIGITAL WORLD PREMIERE: LEADING DESIGN AND LUXURY-FOCUSED TECHNOLOGY” (プレスリリース), ジェネシス, (2020年3月30日), https://media.genesis.com/news/all/the-all-new-genesis-g80-digital-world-premiere--leading-design-and-luxury-focused-technology/s/c6845d22-ec27-44ba-b910-0cc44073955c 2020年3月31日閲覧。 
  5. ^ “GENESIS REVEALS ALL-NEW G80, NEWEST EXPRESSION OF ATHLETIC ELEGANCE DESIGN LANGUAGE” (プレスリリース), ジェネシス, (2020年3月5日), https://media.genesis.com/news/all/genesis-reveals-all-new-g80--newest-expression-of-athletic-elegance-design-language/s/0a3fd83a-9773-4cf5-99aa-2034a1c03131 2020年3月31日閲覧。 

関連項目編集

いずれも、主要メカニズムをG80と共用したモデルである。

外部リンク編集