メインメニューを開く
現代自動車 > ジェネシス (ヒュンダイ)

ジェネシスGenesis제네시스)は、韓国自動車メーカーである現代自動車が展開する高級車ブランドである。

目次

概要編集

 
ジェネシス・G80
(旧名;ヒュンダイジェネシス)

2004年ジェネシスの開発を開始する時点から、2008年のジェネシス販売開始を目標に、トヨタ自動車レクサス日産自動車インフィニティ同様、独立した高級車ブランドを設立する思想自体はあったものの、当時はグローバル金融危機に加え、高級車市場にとって向い風であったこと、さらに、単一車種でのブランド形成は難しいと判断し、設立を断念した。

その後、現代は設計、試験、パワートレインや素材の選定、クオリティの全部分において新ブランド形成のために注力し、2013年11月、静粛性、動力性能、ハンドリング、安全性、乗り心地といった高級車に求められる5大性能を大幅に引き上げた2代目ジェネシスを発表。

ブランド設立思想開始から10余年の経験を活かし、2015年11月4日、ソウル市内にてジェネシスブランドを正式に立ち上げることを発表すると同時に、現代初の高級車ブランドとして各国市場に進出することを表明[1]。併せて、数年内にジェネシスの頭文字「G」を名前の頭につけて新モデルを順次展開していく方針であることも発表され、この中にはセダンのみならず、クーペSUVも含まれる。尚、高級車ブランドは韓国メーカーとしては初めての試みであり、同社初の国産車であるポニーの生産開始から40年での実現となった[2]

2015年12月9日、韓国でブランド初となる高級車「EQ900」(海外名:G90)が発表された[3]。これは従来のエクウスに取って代わるモデルとなる。

2016年6月2日には、釜山モーターショーにてジェネシスのフェイスリフト版である「G80」が披露され[4]、同年7月7日に発表・販売を開始した。これは事実上、ジェネシスの後継車種となる。

2018年11月、EQ900がマイナーチェンジを機に「G90」に改名。これにより、韓国国内においても他国同様、全てのモデルが「G~」を名乗ることとなった。

ラテン語で「創世記」を意味するブランド名は「性能やデザインなど、全ての面で進歩と革新ある高級車像を切り拓きたい」という意味が込められている。また、各市場でジェネシスが高級車としての認知度が高いという点も考慮している。

独立したブランドではあるが、独自の公式ブランドサイトだけでなく現代公式サイトの一角でも展開を行う。また、販売については既存の現代ディーラー網を活用する。

ラインナップ編集

脚注編集

  1. ^ ヒュンダイ、高級ブランド「ジェネシス」の立ち上げを発表autoblog 2015年11月6日(2015年12月24日 閲覧)
  2. ^ 日本メーカーの場合、レクサスはトヨタ自動車の設立から52年(1989年)、インフィニティは日産自動車の設立から56年(1989年)、アキュラ本田技研工業の設立から38年(1986年)で立ち上がっている。
  3. ^ 現代自動車 高級セダン「EQ900」を発売聯合ニュース 2015年12月9日(2015年12月24日 閲覧)
  4. ^ <釜山モーターショー>現代車はラグジュアリー、ルノーサムスンは感性、韓国トヨタはエコ” (2016年6月2日). 2016年6月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • GENESIS公式サイト(英語/韓国語)