スタジオコロリド

日本の東京都世田谷区にあるアニメ制作会社

株式会社スタジオコロリド英文表記: STUDIO COLORIDO CO.,LTD.)は、日本のアニメ制作会社株式会社ツインエンジンの子会社。コロリドとはポルトガル語で「色彩に富む」という意味[1]

株式会社スタジオコロリド
STUDIO COLORIDO CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
156-0044
東京都世田谷区赤堤2-32-25
設立 2011年8月22日
業種 情報・通信業
法人番号 2011201015313 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・開発・制作・配給 など
代表者 代表取締役 山本幸治
主要株主 株式会社ツインエンジン
外部リンク https://colorido.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

2011年に設立。若いクリエイターが多く、「アニメに関わる人が安心して働き続けることができる場を作る」を理念にアニメーション制作を行っている[2][3][4]

2018年、『ペンギン・ハイウェイ』で初の長編作品を制作[4][5]

作品編集

アニメ映画編集

公開年 タイトル 監督
2013年 陽なたのアオシグレ 石田祐康
2013年 寫眞館 なかむらたかし
2015年 台風のノルダ 新井陽次郎
2018年 ペンギン・ハイウェイ 石田祐康
2020年 BURN THE WITCH 川野達朗

Webアニメ編集

  • Control Bear short animation film
  • ポレットのイス
  • YKK×Perfume×COLORIDO  short animation
  • なめこ市場東京本店 なめこPV
  • ブブとブブリーナ
  • マクドナルド CM 「未来のワタシ篇」
  • ヴァルハイト ライジング
  • YKK×Perfume×COLORIDO short animation part2
  • 三井不動産PV『Go for 2020』
  • マクドナルド CM 「未来のワタシ篇 第2弾」
  • YKK×Perfume×COLORIDO short animation part3
  • 大塚製薬CM『すすめ、カロリーナ。』
  • 薄明の翼[6]
  • 泣きたい私は猫をかぶる (Netflix アニメ映画)

テレビCM編集

  • マルコメ CM 「料亭の味 たっぷりお徳 母と息子篇」
  • マルコメ CM2 「料亭の味 たっぷりお徳 単身赴任篇」
  • マルコメ CM3 「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」
  • パズル&ドラゴンズ CM 1「転校生篇」
  • パズル&ドラゴンズ CM2 「冬の青春篇」

ミュージック・ビデオ編集

脚注編集

  1. ^ スタジオコロリドについて - 公式ウェブサイト
  2. ^ スタジオ初の長編作品が公開。制作過程すべてをデジタル化して、世界中のクリエイターとともにコロリドらしい作品を作りたい - デル(デルアンバサダーインタビュー)
  3. ^ “【CEDEC2017】デジタルアニメ制作の未来展望…デジタル化を先進する3社が語る最前線の制-手法とは”. Social Game Info. (2017年9月11日). https://gamebiz.jp/?p=193065 2018年9月8日閲覧。 
  4. ^ a b “ペンギン・ハイウェイ:新鋭・石田祐輔監督初の長編劇場版アニメ「絵描きの喜びを大事に」”. まんたんウェブ(毎日新聞社. (2018年8月16日). https://mantan-web.jp/article/20180816dog00m200023000c.html 2018年9月8日閲覧。 
  5. ^ 初長編作品「ペンギン・ハイウェイ」2018年8月公開決定! - 公式ウェブサイト(2018年3月1日)
  6. ^ 『ポケモン ソード・シールド』アニメ化決定! 『薄明の翼』が2020年1月にYouTubeで公開”. ファミ通 (2019年12月20日). 2019年12月13日閲覧。

外部リンク編集