スタンレー・ジョンソン

イギリスの政治家、作家

スタンレー・パトリック・ジョンソン英語: Stanley Patrick Johnson, 1940年8月18日 - )は、イギリスの作家[1]保守党の元政治家であり、1979年から1984年までワイト・ハンプシャー・イースト英語版選出の欧州議会議員(MEP)を務めた。彼は世界銀行欧州委員会の元職員で、環境問題や人口問題に関する著書がある。

彼の6人の子供の中には現在の保守党党首英語版イギリス首相、元ロンドン市長ボリス・ジョンソンオーピントン英語版選出の元庶民院議員で大学・科学・研究・イノベーション担当大臣のジョー・ジョンソン英語版や編集者・ジャーナリスト・テレビ司会者・作家のレイチェル・ジョンソン英語版がいる。

家系と生い立ち編集

スタンレー・ジョンソンは1940年コーンウォールペンザンスでオスマン・ケマル(後のウィルフレッド・ジョンソン)とアイリーン・ウィリアムズ(ケント州ブロムリーのスタンレー・フレッド・ウィリアムズの娘ジョージ・ウィリアムズの孫[2])とマリー・ルイーズ・ド・プフェッフェル英語版)の息子に生まれた[3][4]。父方の祖父であるアリ・ケマル英語版ベグオスマン帝国政府最後の内務大臣のひとりであったが、トルコ革命中の1922年に暗殺された。 スタンレーの父は1909年ボーンマスで生まれ、出生名はオスマン・アリ・ウィルフレッド・カマル(Osman Ali Wilfred Kamal)として登録されている[5]。オスマンの母でアングロ・スイス人のウィニフレッド・ブランは出産後間もなく死んだ[6]。アリ・カマルは1912年にオスマン帝国に帰国し、その後オスマン・ウィルフレッドと彼の妹セルマはイギリス人の祖母マーガレット・ブランによって育てられ、彼女の旧姓であるジョンソンを名乗る事になり、スタンレーの父はこの様な事情でウィルフレッド・ジョンソンになった[7]

ジョンソンの母方の祖母の両親はフーベルト・フライヘル英語版・フォン・プフェッフェル(1843年12月8日バイエルン王国ミュンヘン生まれ)とその妻エレーヌ・アルヌ=リヴィエ英語版1862年1月14日生まれ)であった。フーベルト・フォン・プフェッフェルはカール・フライヘル・フォン・プフェッフェル(1811年11月22日ザクセン王国ドレスデン生まれ、1890年1月25日ミュンヘン没)の息子で、1836年2月16日アウクスブルクでカロリーネ・フォン・ローテンブルク(1805年11月28日自由都市フランクフルト英語版生まれ、1872年2月13日フランクフルト没)と結婚しているが、フリーデリケ・ポルトによれば彼女はヴュルテンベルク公パウル非嫡出子と言われている。

ジョンソンはドーセットシャーボーン・スクール英語版を経て、オックスフォード大学エクセター・カレッジ英語版で英語を専攻していた学部生時代に、ティム・セヴェリンマイケル・デ・ララベッティと共にマルコ・ポーロ・エクスペディションに参加し、オートバイとサイドカーでオックスフォードからヴェネツィアインドアフガニスタンへと旅をした。この冒険はセヴェリンの1964年の著書「マルコ・ポーロを追って」の出版につながり、デ・ララベッティの写真も掲載された。

仕事と関心編集

以前、ジョンソンは世界銀行に勤務していた。彼は環境に大きな関心を抱き、1973年から1979年まで欧州委員会の公害防止部長を務めた。 彼は野生ゴリラの保護に携わるゴリラ・オーガナイゼーションやプラントライフ・インターナショナル英語版の理事を務めている。1983年には動物福祉への卓越した貢献に対して、RSPCAからリチャード・マーティン賞を、1984年には環境への卓越した貢献に対してグリーンピース賞を受賞した。彼はドイツボンを拠点とし国際連合環境計画が支援する移動性野生動物種の保全に関する条約の大使を長年にわたり務めた。

彼は環境問題を扱った本を多数出版し、1998年ジョン・ハート主演で「ザ・コミッショナー英語版」として映画化された『ECスキャンダル』など9冊の小説を発表している。1962年には詩作でニューディゲート賞英語版を受賞している。

2005年以降編集

2005年イギリス総選挙ではテインブリッジ英語版選挙区で保守党から立候補し、自由民主党リチャード・ヤンガー=ロス英語版の次点候補になった。

2005年5月26日からの一時期、ガーディアン紙のG2セクションに毎週コラムを執筆し、現在も様々な新聞や雑誌にしばしば環境問題をテーマとして執筆している。 彼はチャンネル4のMore4英語版チャンネルの深夜の討論番組「The Last Word」の最初のレギュラーホストのひとりであり、2004年5月7日には「私はあなたにニュースを持って来た英語版」に出演した[8]

2008年5月5日、ジョンソンはロンドン市長に転出するため議員辞職する息子のボリスの後任としてヘンリー選挙区英語版保守党候補になる事を望んでいると報じられた。しかし、5月29日には現地の保守党組織が候補者として地元の3人を選出したと報じられ[9]5月30日には地元議員のジョン・ハウエル英語版補欠選挙英語版候補として選出された[10]

彼は2009年3月に回顧録「Stanley I Presume」を執筆している[11]

2015年10月、ジョンソンはヨーロッパの自然保護政策の礎のひとつとなった指令である生息地指令英語版1992年)制定における彼の役割に対し、英国王立鳥類保護協会英語版からRSPBメダルを授与された[12]

2015年12月には、世界自然保護基金の「生きている地球のためのリーダー賞」を受賞している[13]

2016年イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票の時にEU残留派を支持していたジョンソンは2017年10月に「救済の時が来た」と述べてイギリスの欧州連合離脱を支持する立場を表明し、心変わりの大きな要因として欧州委員会ジャン=クロード・ユンケル委員長のアプローチや態度を挙げた。彼は移行期間の長さや詳細をめぐる議論は予想されるが、イギリスの欧州連合離脱の「最終的な形態」は決まっていると付け加えた[14]

2017年11月、ジョンソンは「私は有名人、ここから出して!英語版」の第17シリーズ英語版に出演した[15]。彼は同番組で5人目の脱落者となり、7位に終わった。2018年にはBBCの番組「ザ・リアル・マリーゴールド・ホテル英語版」に他の8人の有名人と並んで出演した。

論争編集

2018年8月、ジョンソンはブルカを着用するイスラム教徒の女性の姿が「郵便箱」や「銀行強盗」の様に見えるという息子のボリスによる発言を十分な物ではなく、発言に対する批判はボリスの政敵が作り出した「為にする憤慨」であったと述べている[16]

2018年10月、ジョンソンはイギリスのEU離脱後アイルランド島の国境に関する解決策に関わらず、アイルランド人が「お互いに撃ち合いたいと思えば、撃ち合いをするだろう」と発言した[17]

2020年7月上旬、ジョンソンは新型コロナウイルス感染症の流行中にも関わらず、ギリシャアテネ旅行中の写真を自身のInstagramに投稿した。彼はロックダウンの規則を破った疑惑があるとして、自由民主党の庶民院議員ジェイミー・ストーン英語版アリスター・カーマイケル英語版などからの批判に直面した。 当時ギリシャは国境を開いていたが、7月15日までイギリスからの旅行を禁止していた。ジョンソンはブルガリアを経由する事によってギリシャの規制を回避していた[18]

伝記作家のトム・バウワー英語版によれば、彼は最初の妻の顔を激しく殴打して鼻を折るケガをさせたという[19]

私生活編集

ジョンソンは1963年に画家のシャーロット・フォーセット英語版メリルボーンで結婚し、ボリス(保守党党首・イギリス首相)、レイチェル(ジャーナリストでザ・レディ英語版の元編集長)、ジョー(オーピントン選出の元保守党議員・元教育大臣フィナンシャル・タイムズ紙のレクス・コラムの元責任者)、レオ(映画製作者・起業家)の4人の子供をもうけた。ジョンソンとフォーセットは1979年に離婚し、1981年ウェストミンスターでジェニファー・キッドと再婚、ジュリアとマクシミリアンの2人の子供をもうけた[20][21][22]

2020年12月、ジョンソンはフランス国籍英語版を申請している事を明らかにした[23]

脚注編集

  1. ^ “Family of influence behind Boris Johnson”. UK Daily Telegraph. (2008年5月3日). https://www.telegraph.co.uk/news/politics/london-mayor-election/mayor-of-london/1924866/London-mayor-elections-2008-Family-of-influence-behind-Boris-Johnson.html 2019年7月23日閲覧。 
  2. ^ Gimson, Andrew (2012). Boris: The Adventures of Boris Johnson. London: Simon & Schuster. ISBN 9780857207395. https://books.google.com/books?id=Xyi6m7wQbBoC&q=boris+johnson+sir+george+williams+ymca&pg=PP51 
  3. ^ "Deaths", The Times, p. 1, 1 December 1944.
  4. ^ Istanbul, Lorraine Mallinder in. “Istanbul Letter: Lunch with Boris Johnson's Turkish cousin”. The Irish Times. 2019年6月13日閲覧。
  5. ^ Register of Births for the Christchurch Registration District, volume 2b (Dec 1909), p. 621: "KAMAL, Osman Wilfred"
  6. ^ Register of Deaths for the Christchurch Registration District, volume 2b (Dec 1909), p. 417: "KAMAL, Winifred"
  7. ^ Istanbul Letter: Lunch with Boris Johnson's Turkish cousin” (2016年). 2021年1月1日閲覧。
  8. ^ IMDB”. IMDB. 2020年4月10日閲覧。
  9. ^ “Johnson's father in election snub”. BBC News. (2008年5月29日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/oxfordshire/7425090.stm 2008年5月31日閲覧。 
  10. ^ “Tory candidate chosen for Henley”. BBC News. (2008年5月30日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/oxfordshire/7428812.stm 2008年5月31日閲覧。 
  11. ^ Stanley Johnson's website - Books page”. 2021年1月2日閲覧。
  12. ^ “Stanley Johnson awarded RSPB medal” (英語). RSPB. (2015年10月10日). http://ww2.rspb.org.uk/about-the-rspb/about-us/media-centre/releases/408162-stanley-johnson-awarded-rspb-medal 2020年11月18日閲覧。 
  13. ^ “Founders of nature laws awarded as WWF leaders” (英語). WWF. (2015年12月15日). https://www.wwf.eu/?258530/Founders%20of%20Nature%20Laws%20Awarded%20as%20WWF%20Leaders 2020年11月18日閲覧。 
  14. ^ Perring, Rebecca (2017年10月6日). “Boris Johnson's Remainer dad now backs Brexit – thanks to JUNCKER”. Daily Express. https://www.express.co.uk/news/politics/862560/Boris-johnson-dad-Stanley-Johnson-Eu-brexit-news-latest-Jean-Claude-Juncker 2018年1月19日閲覧。 
  15. ^ Meet your 2017 Celebrity Campmates!”. ITV (2017年11月14日). 2017年11月14日閲覧。
  16. ^ Murphy, Joe (2018年8月14日). “Boris Johnson's family at war as his brother raps 'bigotry' of burka jibes”. Evening Standard. https://www.standard.co.uk/news/politics/boris-johnsons-family-at-war-as-his-brother-raps-bigotry-of-burka-jibes-a3911186.html 2018年8月20日閲覧。 
  17. ^ Irish will shoot each other 'if they want to,' says Stanley Johnson”. 2019年6月13日閲覧。
  18. ^ “PM's father criticised for lockdown trip to Greece” (英語). BBC News. (2020年7月3日). https://www.bbc.com/news/uk-politics-53266552 2020年7月5日閲覧。 
  19. ^ “Boris Johnson: The Gambler by Tom Bower review – the defining secret” (英語). The Guardian. (2020年10月13日). https://www.theguardian.com/books/2020/oct/13/boris-johnson-the-gambler-by-tom-bower-review-the-defining-secret 2020年10月13日閲覧。 
  20. ^ Walden, Celia (2008年4月11日). “Stanley Johnson: The man who made Boris”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/features/3636228/Stanley-Johnson-The-man-who-made-Boris.html 2016年7月5日閲覧。 
  21. ^ Killen, Mary (2015年3月). “Boris Johnson's mother on her brilliant brood”. Tatler. http://www.tatler.com/article/boris-johnson-family-charlotte-johnson-wahl 2018年1月19日閲覧。 
  22. ^ Index entry”. FreeBMD. Office for National Statistics. 2018年1月19日閲覧。
  23. ^ Taylor, Harry (2020年12月31日). “Stanley Johnson confirms application for French passport on eve of Brexit” (英語). the Guardian. 2021年1月1日閲覧。

外部リンク編集