スティーペ・ミオシッチ

スティーペ・ミオシッチStipe Miocic1982年8月19日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家オハイオ州ユークリッド出身。ストロングスタイル・ファイトチーム所属。元UFC世界ヘビー級王者。UFC世界ヘビー級ランキング1位

スティーペ・ミオシッチ
Stipe Miocic UFC 226 Press Conference.jpg
UFC 226の試合前記者会見にて
(2018年)
本名スティーペ・ミオチッチ(クロアチア語読み)
(Stipe Miocic)[1]
生年月日 (1982-08-19) 1982年8月19日(38歳)
出身地オハイオ州ユークリッド[2]
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長193 cm (6 ft 4 in)
体重105.6 kg (233 lb)
階級ヘビー級
リーチ203 cm (80 in)
スタイルレスリング
ボクシング
スタンスオーソドックス
拠点オハイオ州インディペンデンス
チームストロングスタイル・ファイトチーム
トレーナーマーカス・マリネッリ (ヘッドコーチ)
ジョー・デルガイド、アレックス・クーパー (ストライキング)
レスリングNCAAディビジョン1
現役期間2010年 -
総合格闘技記録
試合数23
勝利20
ノックアウト15
判定5
敗戦3
ノックアウト2
判定1
アマチュア総合格闘技記録
試合数5
勝利5
敗戦0
その他
職業消防士
子供1人
ウェブサイトhttps://stipe.store/
総合格闘技記録 - SHERDOG

来歴編集

オハイオ州ユークリッドでクロアチア人の両親の間に生まれた。高校時代は、野球アメリカンフットボールレスリングで活躍。各地の大学から8つのスカウト状が届くスポーツエリートであった。進学したクリーブランド州立大学とトレヴェッカ・ナザレン大学でも野球で活躍。州代表に選出され三塁手を務め、4年時には打率.344、ホームラン7本の活躍を収めると、メジャーリーグベースボールのスカウトから声がかかった[3]

ダン・ボビッシュの練習相手をしたことがきっかけで総合格闘技に興味を持つようになる[3]

2006年8月3日、アマチュア総合格闘技デビュー戦で勝利を収め、5連勝を記録する。

2009年、コーチにアマチュアボクシングをやってみようと誘いを受け、アマチュアボクシングデビュー戦になったクリーブランド・ゴールデングローブでいきなり優勝を果たす。ナショナル・ゴールデングローブでは、後にプロボクシングで世界王座に挑戦するブライアント・ジェニングスに準々決勝で敗れた[3]

2010年2月20日、プロ総合格闘技デビュー戦で勝利を収める。その後、小規模大会で6戦6勝6KO・TKOを記録。

UFC編集

2011年10月8日、UFC初参戦となったUFC 136でジョーイ・ベルトランと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[4]

2012年2月15日、UFC on Fuel TV 1でフィル・デ・フライズと対戦し、スタンドパンチ連打で1RKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5]

2012年9月29日、UFC on Fuel TV 5ステファン・ストルーフェと対戦。2Rにスタンドパンチ連打でTKO負け。デビューからの無敗記録が途絶えたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[6]

2013年6月15日、UFC 161でヘビー級ランキング5位のロイ・ネルソンと対戦し、終始優勢に試合を進め、3-0の判定勝ち[7]

2014年1月25日、UFC on FOX 10でヘビー級ランキング12位のガブリエル・ゴンザーガと対戦し、3-0の判定勝ち[8]

2014年5月31日、UFC Fight Night: Miocic vs. Maldonadoファビオ・マルドナドと対戦し、右ストレートからのパウンドで開始35秒のTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初は同大会でジュニオール・ドス・サントスと対戦予定であったが、ドス・サントスが拳を負傷し欠場した[9]

2014年12月13日、UFC on FOX 13で前UFC世界ヘビー級王者でヘビー級ランキング2位のジュニオール・ドス・サントスと対戦し、一進一退の攻防を繰り広げたが、僅差で0-3の5R判定負け。タイトル戦線から一歩退くも、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[10]

2015年5月10日、UFC Fight Night: Miocic vs. Huntにて、ヘビー級ランキング5位のマーク・ハントと対戦。全局面でハントを圧倒し、5RにパウンドでTKO勝ち[11]

2016年1月2日、UFC 195でヘビー級ランキング2位のアンドレイ・アルロフスキーと対戦。右ストレートでぐらつかせ、追撃の右フックでダウンを奪いパウンドで開始54秒のTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[12]。試合後には、ケージサイドのダナ・ホワイトに詰め寄りタイトル挑戦をアピールした[13]

UFC世界王座獲得編集

2016年5月14日、UFC 198のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ファブリシオ・ヴェウドゥムに挑戦。前進したヴェウドゥムにカウンターの右ショートフックでダウンを奪い1RKO勝ち。王座獲得に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初は、UFC 196でヴェウドゥムに挑戦予定であったが、ヴェウドゥムが怪我で欠場したため、同大会に延期されていた[14]

2016年9月10日、地元クリーブランドで開催されたUFC 203のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング3位の挑戦者アリスター・オーフレイムと対戦。序盤に左ストレートでダウンを奪われ、ギロチンチョークを極められかけたものの、脱出した後は打撃で巻き返して、最後は関節蹴りを放ったオーフレイムの脚をキャッチしテイクダウンを奪い、パウンドで1RKO勝ち。王座の初防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[15]

2017年5月13日、UFC 211のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング4位の挑戦者ジュニオール・ドス・サントスと再戦し、右ストレートでダウンを奪いパウンドで1RTKO勝ち。約2年半越しのリベンジを果たすと共に2度目の王座防衛に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[16]

2018年1月20日、UFC 220のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング1位のフランシス・ガヌーと対戦。試合前のオッズはガヌー有利とされていたが、試合ではガヌーの大振りの打撃を悉く交わし、テイクダウンとグラウンドの攻防で終始圧倒。ジャッジ3者が50-44を付けるほどの一方的な内容で3-0の5R判定勝ちを収め、UFCヘビー級新記録となる3度目の王座防衛に成功した[17]

世界王座陥落編集

2018年7月7日、UFC 226のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで一階級下のUFC世界ライトヘビー級王者ダニエル・コーミエの挑戦を受ける。序盤は打撃とクリンチでプレッシャーを掛け、レスリングでオリンピックに出場したコーミエからテイクダウンを奪ったものの、アイポークのアクシデントを境に徐々に打撃で巻き返され、1R終盤にクリンチ際の右ショートフックでダウンを喫し、追撃のパウンドでKO負け。4度目の王座防衛に失敗し、王座から陥落した[18]

UFC世界王座奪還編集

2019年8月17日、UFC 241のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ダニエル・コーミエと再戦。1Rはテイクダウンを奪われると、グラウンドの攻防で劣勢に立たされ、2R以降も手数とスピーディーな打撃にやや押され気味の展開となるも、3Rから徐々に打撃で巻き返し、4Rに左ボディブローを再三レバーにヒットさせ、失速したコーミエに追撃のスタンドパンチ連打でTKO勝ち。リベンジを果たすとともに王座奪還に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した[19]。また、ミオシッチはこの試合で同年のUFCカムバック・オブ・ザ・イヤーを受賞した[20]

2020年8月15日、UFC 252のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング1位の挑戦者ダニエル・コーミエラバーマッチを行い、3-0の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功した[21]

世界王座陥落編集

2021年3月27日、UFC 260のUFC世界ヘビー級タイトルマッチでヘビー級ランキング1位の挑戦者フランシス・ガヌーと約3年2カ月ぶりに再戦。2Rに踏み込んでの左ジャブでダウンを奪われ、立ち上がった所にカウンターの右ストレートをヒットさせるものの、直後に左フックでKO負け。王座から陥落し、リベンジを許した[22]

ファイトスタイル編集

レスリングで鍛えた体幹の強さと、ゴールデングローブを獲得したボクシングテクニックを併せ持つ[23]。パワー偏重のヘビー級において、高い打撃の精度を誇り、スピーディーかつ的確なパンチを持つストライカーである。しかし、決して打撃一辺倒ではなく、レスリングやグラウンドでのレベルも非常に高い。スタミナも豊富であり、5Rマッチも容易に戦い抜く。また、試合中の無駄な動きが少なく、終始相手の持ち味を潰すクレバーな選手である。

人物 ・エピソード編集

  • ミオシッチと同じオハイオ州出身のラッパーであるマシン・ガン・ケリーのヒット曲「Till I Die」を入場曲にしており、UFC 220UFC 226UFC 260にはケリー本人がミオシッチの試合の観戦に訪れている[24]。また、プライベートでも幾度か面会を果たすなど親交が深い。
  • 背中に「強力型戦闘隊」と漢字でタトゥーを入れている。これは所属ジム「ストロングスタイル・ファイトチーム」のチーム名を漢字に直訳したものであり、ミオシッチ以外にも同チームに所属する複数のファイターが同様のタトゥーを入れている。
  • 総合格闘家と並行して消防士としても働いており、本人は「(消防士を辞めようと思ったことは)一度もないよ。辞める理由がない。人助けが好きだし、ファイターとしてのキャリアがどうなるか分からないし。仕事が大好きで、忙しいのが好きなんだ。」と語っている[25]
  • 2016年に結婚し、2018年には女児を儲けている。

クロアチアとの関係編集

  • クロアチア系アメリカ人であり、リーボックのユニフォーム制度が始まる前はクロアチアの国旗を模したトランクスを着用し、右足の甲にはクロアチアの国章のタトゥーを入れている[26]。尊敬する人物にはミルコ・クロコップを挙げており、ミルコ本人に声をかけられ、クロアチアでのトレーニングに参加したこともある。ミルコは2015年のインタビューで、ミオシッチについて「彼には間違いなく大きな未来が待っているだろう」と語っている[27]
  • UFC 220フランシス・ガヌーに勝利し、UFCヘビー級新記録となる3度目の王座防衛に成功した際に、クロアチア大統領コリンダ・グラバル=キタロヴィッチと同首相アンドレイ・プレンコヴィッチと面談し祝福を受けた[28][29]。またUFC 241ダニエル・コーミエからヘビー級王座を奪還した際には、クリーブランドのミオシッチがトレーニングしているジムをコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領が訪れ、大統領のパンチをミオシッチがミットで受けるなどトレーニングを共にした[30][31]

戦績編集

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 15 0 5 0 0 0
4 3 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× フランシス・ガヌー 2R 0:52 KO(左フック) UFC 260: Miocic vs. Ngannou 2
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2021年3月27日
ダニエル・コーミエ 5分5R終了 判定3-0 UFC 252: Miocic vs. Cormier 3
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2020年8月15日
ダニエル・コーミエ 4R 4:09 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 241: Cormier vs. Miocic 2
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2019年8月17日
× ダニエル・コーミエ 1R 4:33 KO(右フック→パウンド) UFC 226: Miocic vs. Cormier
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2018年7月7日
フランシス・ガヌー 5分5R終了 判定3-0 UFC 220: Miocic vs. Ngannou
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2018年1月20日
ジュニオール・ドス・サントス 1R 2:22 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 211: Miocic vs. dos Santos 2
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2017年5月13日
アリスター・オーフレイム 1R 4:27 KO(パウンド) UFC 203 :Miocic vs Overeem
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2016年9月10日
ファブリシオ・ヴェウドゥム 1R 2:47 KO(右フック) UFC 198: Werdum vs. Miocic
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2016年5月14日
アンドレイ・アルロフスキー 1R 0:54 TKO(右フック→パウンド) UFC 195: Lawler vs. Condit 2016年1月2日
マーク・ハント 5R 2:47 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Miocic vs. Hunt 2015年5月10日
× ジュニオール・ドス・サントス 5分5R終了 判定0-3 UFC on FOX 13: dos Santos vs. Miocic 2014年12月13日
ファビオ・マルドナド 1R 0:35 TKO(右ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Miocic vs. Maldonado 2014年5月31日
ガブリエル・ゴンザーガ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 10: Henderson vs. Thomson 2014年1月25日
ロイ・ネルソン 5分3R終了 判定3-0 UFC 161: Evans vs. Henderson 2013年6月15日
× ステファン・ストルーフェ 2R 3:50 TKO(スタンドパンチ連打) UFC on Fuel TV 5: Struve vs. Miocic 2012年9月29日
シェーン・デルロサリオ 2R 3:15 TKO(グラウンドでの肘打ち) UFC 146: Dos Santos vs. Mir 2012年5月26日
フィル・デ・フライズ 1R 0:43 KO(スタンドパンチ連打) UFC on Fuel TV 1: Sanchez vs. Ellenberger 2012年2月15日
ジョーイ・ベルトラン 5分3R終了 判定3-0 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
ボビー・ブレンツ 2R 4:27 ギブアップ(ローキック) NAAFS - Fight Night in the Flats 7
【NAAFSヘビー級タイトルマッチ】
2011年6月4日
ウィリアム・ペン 1R 2:23 KO(パンチ) NAAFS - Caged Vengeance 9 2011年4月16日
グレゴリー・メイナード 2R 1:43 TKO(パンチ連打) NAAFS - Night of Champions 2010 2010年12月4日
ジェレミー・ホルム 1R 1:36 KO(パンチ連打) NAAFS - Rock N Rumble 4 2010年8月28日
ポール・バリー 2R 1:32 TKO(パンチ連打) Moosin - God of Martial Arts 2010年5月21日
コーリー・マリス 1R 0:17 TKO(パンチ連打) NAAFS - Caged Fury 9 2010年2月20日

獲得タイトル編集

  • NAAFSヘビー級王座(2011年)
  • 第19代UFC世界ヘビー級王座 (2016年)
  • 第21代UFC世界ヘビー級王座(2019年)

表彰編集

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(5回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC カムバック・オブ・ザ・イヤー(2019年/ダニエル・コーミエ戦)

ペイ・パー・ビュー販売件数編集

開催年月日 イベント 販売件数 備考
2016年5/14_5月14日 UFC 198: ファブリシオ・ヴェウドゥム vs. スティーペ・ミオシッチ 021_21万7千件
2016年9/10_9月10日 UFC 203: スティーペ・ミオシッチ vs. アリスター・オーフレイム 045_45万件
2017年5/13_5月13日 UFC 211: スティーペ・ミオシッチ vs. ジュニオール・ドス・サントス 2 030_30万件
2018年1/21_1月21日 UFC 220: スティーペ・ミオシッチ vs. フランシス・ガヌー 035_35万件
2018年7/10_7月10日 UFC 226: スティーペ・ミオシッチ vs. ダニエル・コーミエ 1 040_40万件
2019年8/17_8月17日 UFC 241: ダニエル・コーミエ vs. スティーペ・ミオシッチ 2 045_45万件
2020年8/15_8月15日 UFC 252: スティーペ・ミオシッチ vs. ダニエル・コーミエ 3 050_50万件以上 ESPN+

脚注編集

  1. ^ UFC 146試合結果[リンク切れ] ネバダ州アスレチック・コミッション
  2. ^ スティペ・ミオチッシ UFC公式サイト
  3. ^ a b c Stipe Miocic - The AthleteUFC公式インタビュー 2016年6月10日
  4. ^ UFC 136: Stipe Miocic Earns Unanimous Decision over Joey Beltran Bleacher Report 2011年10月8日
  5. ^ UFC on FUEL Results: Stipe Miocic Knocks Out Philip De Fries MMA Fighting 2012年2月15日
  6. ^ 【UFC Fuel05】シュトルーフがミオシッチ撃破でヘビー級トップ戦線へ MMAPLANET 2012年9月29日
  7. ^ 【UFC161】打撃&距離制したミオシッチが、ネルソン超え MMAPLANET 2013年6月15日
  8. ^ UFC ON FOX 10 RESULTS: STIPE MIOCIC OUTBOXES GABRIEL GONZAGA EN ROUTE TO UNANIMOUS DECISION MMA Weekly 2014年1月25日
  9. ^ STIPE MIOCIC FINISHES FABIO MALDONADO IN 35 SECONDS AT ‘TUF: BRAZIL 3’ FINALE Sherdog 2014年5月31日
  10. ^ UFC on Fox 13 Results: Winners and Scorecards from Dos Santos vs. Miocic Bleacher Report 2014年12月13日
  11. ^ UFC Fight Night 65: Stipe Miocic batters Mark Hunt in main event Sporting News 2015年5月10日
  12. ^ Stipe Miocic demolishes Andrei Arlovski at UFC 195 ABC News 2016年1月3日
  13. ^ Dana White gives Stipe Miocic a title shot – because he's scared not to MMA Junkie 2016年1月3日
  14. ^ Stipe Miocic knocks out Fabricio Werdum to win heavyweight title ESPN 2016年5月15日
  15. ^ Stipe Miocic knocks out Alistair Overeem at UFC 203 Los Angeles Times 2016年9月10日
  16. ^ UFC 211 results: Stipe Miocic tears through Junior Dos Santos for first-round TKO MMA Junkie 2017年5月14日
  17. ^ UFC 220 Results: Stipe Miocic Earns Big Decision Win over Francis Ngannou Bleacher Report 2018年1月21日
  18. ^ UFC 226 results, highlights: Daniel Cormier knocks out Stipe Miocic for heavyweight title CBS MMA 2018年7月8日
  19. ^ UFC 241 results: Stipe Miocic avenges loss to Daniel Cormier, regains heavyweight title MMA Junkie 2019年8月18日
  20. ^ UFC Fan Choice Awards 2019 winners list: Jorge Masvidal wins Knockout of the Year award REPUBLICWORLD.COM 2020年1月9日
  21. ^ UFC 252 RESULTS: STIPE MIOCIC BEATS DANIEL CORMIER TO RETAIN TITLE AND BECOME THE BEST HEAVYWEIGHT IN UFC HISTORY DAZN 2020年8月17日
  22. ^ UFC 260: Francis Ngannou overwhelms Stipe Miocic to claim heavyweight title The Guardian 2021年3月28日
  23. ^ 【UFC146】11連勝デルロサリオ vs 8連勝ミオシッチはMMA異文化戦 MMAPLANET 2012年5月24日
  24. ^ Machine Gun Kelly, Stipe Miocic discuss unique friendship ahead of UFC 226 ESPN 2018年7月4日
  25. ^ Humble UFC Heavyweight Champion Stipe Miocic Gets Back To Work At Fire Station In Cleveland Sport Bible 2019年8月31日
  26. ^ Stipe Miocic’s 3 Tattoos & Their Meanings Body Art Guru 2013年8月16日
  27. ^ Mirko Cro Cop has rarely done MMA sparring, will bring in Stipe Miocic for training camp MMA Fighting 2015年3月1日
  28. ^ Evo što je hrvatska predsjednica poručila Miočiću nakon obrane naslova!Večernji list 2018年1月21日
  29. ^ Predsjednik Vlade Andrej Plenković čestitao Stipi Miočićuクロアチア共和国公式サイト 2018年1月21日
  30. ^ Društvo pobjednika! 🇭🇷🥊@stipemiocicコリンダ・グラバル=キタロヴィッチ大統領公式インスタグラムアカウント 2019年9月21日
  31. ^ Croatian President @predsjednicarh came to Cleveland and stopped by to visit me. What an honor. She throws a mean left hook! Thank you Croatia for always supporting me. Love you all.スティーペ・ミオシッチ公式インスタグラムアカウント 2019年9月24日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ファブリシオ・ヴェウドゥム
第19代UFC世界ヘビー級王者

2016年5月14日 - 2018年7月7日

次王者
ダニエル・コーミエ
前王者
ダニエル・コーミエ
第21代UFC世界ヘビー級王者

2019年8月17日 - 2021年3月27日

次王者
フランシス・ガヌー