ダナ・ホワイトDana White1969年7月28日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の代表。数々のスター選手を育て上げている名プロモーターでもある。コネチカット州マンチェスター出身。

ダナ・ホワイト
Dana White - London 2015 (cropped).jpg
2015年、ロンドンにて
生誕デイナ・フレデリック・ホワイト・ジュニア
(Dana Frederick White Jr.)

(1969-07-28) 1969年7月28日(51歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州マンチェスター
住居ネバダ州ラスベガス
職業実業家、プロモーター
著名な実績Ultimate Fighting Championship (UFC)

UFC日本大会開催(UFC 144)に伴う事前記者会見で、名前の表記についての記者の質問に対して、本人がダナは女の子っぽくなるという理由でデイナを希望してからは[1]デイナ・ホワイトと表記するメディア媒体が多くなっている。

概要編集

団体の代表としてロレンゾ・フェティータと共に、競技ルールの整備による競技化の推進、テレビ放送及び視聴形態の拡張、選手の福利拡充、他団体の買収などを実施することで、UFCを短期間で世界規模の、資産価値数十億ドルの団体へと成長させた[2]。(詳細はリンク先のUFCの歴史を参照)

プロモーターとしてもコナー・マクレガーロンダ・ラウジーチャック・リデルアンデウソン・シウバジョルジュ・サンピエールジョン・ジョーンズハビブ・ヌルマゴメドフランディ・クートゥアティト・オーティズBJ・ペンなどのスター選手を育て上げている。

来歴編集

元々はアマチュアボクサーで、マサチューセッツ大学中退後に勤めていたホテルマンを19歳の時に辞めボクシング業界へ転身するも、マフィアの首領ジェームズ・ジョセフ・バルジャーに謂れの無い借金を押し付けられた上に、無視をしていると脅しを受けたためボストンからネバダ州ラスベガスへ転居した[3][2]1992年にラスベガスで自身の会社「ダナ・ホワイト・エンタープライゼス」を設立、ボクシングの指導やフィットネスボクシングのジムを経営する。経営が軌道に乗ると、プロボクサーのマネージメント業にも進出した。

偶然知り合った総合格闘家のジョン・ルイスから柔術のレッスンを受けるようになり、当時UFCと契約の問題を抱えていたティト・オーティズチャック・リデルに頼まれマネージャーとなりUFCと交渉を行う[2]

その流れから、当時UFCを運営していたSEG社(Semaphore Entertainment Group)が、暴力性への批判等からUFCの規模を縮小させ売却先を探していることを知ると、幼少時代からの友人で、ネバダ州アスレチック・コミッションにおいてコミッショナーを務めた経験を持ち、ホテルカジノ「ステーション・カジノ」を経営するロレンゾ・フェティータにこの話を持ちかけ、2001年にロレンゾとその兄フランクと共にUFCの親組織「ズッファ(Zuffa, LLC)」を設立して、UFCを買収し代表に就任した[2]

2016年7月、UFCをWME-IMG率いる投資グループに40億2,500万(約4400億円)で売却。ホワイトは売却時UFCの株を9%所有していた。

現在も引き続きWME-IMGと契約しUFC代表に就任している[4][5]

人物編集

 
ドナルド・トランプ大統領と共に飛行機から降りるホワイト (2020年2月、コロラド州にて)
  • 「勝敗をジャッジに委ねるな」と言うのが口癖。
  • ロレンゾ・フェティータが2016年にUFCを退任するまでは、主にダナ・ホワイトは現場の取り仕切りとUFCの顔となり広報活動を、ロレンゾ・フェティータはUFCの経営面を担っていた。
  • 少年時代はブルース・リーモハメド・アリの大ファンだった。格闘技に携わるようになってからは桜庭和志のファンであると公言した。
  • 2007年にPRIDEを買収した後、PRIDEが消滅したことやUFCの日本大会開催に妨害があることについて「我々にはPRIDEのための計画があったし、日本大会を開催するつもりだった。しかし、そこにはマフィアが横行していた。そんなところでビジネスをするのは実に面倒だ。そのせいでPRIDEというブランドが消滅することになってしまったのは非常に残念だ」と語っていたが[6]、その後、「そのことはだいぶ無くなったので大丈夫です」と語り、数度に渡って日本でUFCの大会を開催している[7]
  • 総合格闘技対ボクシングのドリームマッチが度々話題になるが、ボクシングルールか総合格闘技ルールでの対戦に関わらず、アンデウソン・シウバロイ・ジョーンズ・ジュニアのように選手がお互いに対戦を望んだとしても、「ロイ・ジョーンズの悪口は言いたくないし、彼のことが好きだしファンだった。しかし彼の全盛期は約15年前だ。今の彼は世界最高レベルのボクサーではない。もちろん試合をやろうと思えばやれるし、大々的に宣伝して儲けることも可能だろう。でも稼ぐことは出来たとしても、長期的に見れば総合格闘技に悪影響を及ぼすことになる。我々はこの総合格闘技というスポーツが好きだからそういう試合はしたくない」というスタンスを取っており[8]、UFCと契約している選手には、UFC以外の試合には出場を一切認めない方針のため、実現しなかった。2020年11月にアンデウソン・シウバをUFCからリリースした際にも、同時期に現役引退していたロイ・ジョーンズ・ジュニアが復帰をしてマイク・タイソンとエキシビションマッチで対戦することが決まり、試合の結果次第ではアンデウソンとも対戦したいとコメントしたことで、再び両者の対戦が取り沙汰されるが、ダナは「アンデウソンもロイ・ジョーンズも全盛期を過ぎている。もう彼らの時代じゃないんだ。今夜戦った若い選手たちがこれからの未来なんだ。有望な若手選手たちがいて、それが私の興味のあることなんだ」とアンデウソンとロイの試合をプロモートする気は全く無いと語った[9]
  • 2012年にメニエール病と診断されオルソカイン治療を受けていることを明らかにした[10]。この病のためにUFC on Fuel TV 3ではUFC代表に就任して以来11年間で初めてUFCの大会を欠席している[11]
  • 第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプとは、UFCがまだビジネス的にも社会的にも確立できていなかった時代に、トランプが手を差し伸べて所有するホテル会場をUFCに借して以来親交があり、ダナはトランプのことをUFCの節目にいつも最初に祝いの電話をくれた男だと語っている。大統領当選前の2016年の共和党全国大会でダナは演壇に立ちトランプの応援演説を行い、当選後も定期的に食事を共にするなど親交は続き、大統領のUFC会場観戦がUFC 244で実現した[12][13][14]
  • イランでナビド・アフカリという著名レスリング選手が反政府デモに参加したとして死刑判決を受けていると知ると、ダナはトランプ大統領に救出したいと助けを求め[15]、トランプ大統領が「イラン指導部よ。死刑執行をやめ、この若者の命を救ってくれたら大変感謝する」と、死刑執行を停止するようイラン指導部に呼び掛けを行うも[16]、その甲斐なく死刑は執行された[17]
  • 2020年の新型コロナウイルスの感染拡大アメリカ合衆国では経済が壊滅的な打撃を受け、失業率が1930年代の世界恐慌以降で最悪となる14.7%を記録したが[18][19]、ダナは「(UFCの活動を)やめることは解決策ではない」と考え、NBANHLMLBMLSNASCARなどの、他のどのメジャースポーツよりも早くUFCを再開させて、選手の契約を守るために試合の機会を作ると共に、約385人のUFCの従業員を一人も解雇・一時解雇せずにこの難局を乗り切った[20][21]。また、UFCを再開した5月のUFC 249から12月のUFC 256までに開催した42大会で、40カ国から参戦した164人の選手を含む、スタッフや関係者など1470人に対して26,300件以上の新型コロナウイルス感染検査を1700万ドル(約17億7000万円)もの費用をかけて実施し、陽性反応が出たのは 210件で、陽性率はわずか0.8%にすぎず、感染症集団発生も起きなかった[20]
  • ボクシング世界王者でゴールデンボーイ・プロモーションズCEOのオスカー・デ・ラ・ホーヤとは、デ・ラ・ホーヤが、ダナがプロモートしたフロイド・メイウェザー・ジュニアコナー・マクレガーの試合を批判しペイ・パー・ビューを購入しないようボイコットを呼びかけたり、3戦連続でKO負けしたことでダナが説得して引退させたチャック・リデルを、48歳でゴールデンボーイ・プロモーションズの興行で復帰させたことなどが原因で、険悪な仲であり[22]、2018年12月13日にデ・ラ・ホーヤが、「リングでやろう。3ラウンドだ。シンコ・デ・マヨカネロ・アルバレスの前座でやろう。体重差でダナに50ポンドのアドバンテージがあろうが構わない」とボクシングで対戦要求をして挑発すると[23]、ダナは「筋が通ってるよ、この男は50歳の男が戦うのを見るのが好きなんだからな」とリデルを48歳で復帰させたデ・ラ・ホーヤを皮肉り[24]、その後2019年1月31日には総合格闘技でなら戦うと応じた[25][26][27]

寄付編集

  • 2010年にタイプーケットに所在する格闘技ジム、タイガームエタイのインストラクターの肝移植が必要で余命宣告を受けていた子供のために手術費用の5万ドルを寄付した。その後2018年にプーケットを訪れて、肝移植に成功した子供と初対面を果たすと、UFCのラスベガス大会に家族とともに招待した[28]
  • 2011年に自身が通っていた高校の運動施設の改修費用として10万ドルを寄付した[29]
  • 2017年10月1日に発生したラスベガス銃乱射事件の被害者家族にUFCとして100万ドルを寄付した[30]
  • 2019年9月7日に開催されたUFC 242の大会後にダスティン・ポイエーが運営する慈善団体「グッド・ファイト基金」(The Good Fight Foundation)に10万ドルを寄付した[31]
  • 2020年に発生したオーストラリア森林火災の救援活動にエンデヴァーと共に25万ドルを寄付した[32][33]
  • 2021年1月にクリーブランド・クリニック・ルールーヴォ脳健康センターへ、慢性外傷性脳症(CTE)を発症するリスクが高くなる潜在的な要因の研究と、反復的な頭部外傷の長期的影響を研究する予算としてとして、100万ドルをUFCとして寄付すると共に、5年間に渡り脳の健康研究の予算を提供すると発表した。同センターは10年間に渡ってこの研究をしており、UFCはこれまでにも200万ドルの研究予算を寄付していた[34]

出演編集

脚注編集

  1. ^ UFC 144: Pre-Fight Press Conference UFC公式YOUTUBE 2016年11月12日
  2. ^ a b c d Boxer To Entrepreneur: How Dana White Became The Champ Of Mixed Martial ArtsForbes
  3. ^ Dana White had his own ‘Black Mass’ experience with Whitey BulgerFOX Sports 2015年9月10日
  4. ^ Dana White says he’s extended his contract with the UFC for seven more yearsMMA Fighting 2019年3月18日
  5. ^ Dana White says he's signed new 10-year UFC deal; interested in buying NFL team with FertittasMMA Junkie 2019年6月16日
  6. ^ Dana: Organised crime blocks international expansionFighters Only Magazine 2016年11月12日
  7. ^ UFCデイナ・ホワイト社長が語る今後「格闘技に熟練された国」日本の可能性スポナビ 2016年11月12日
  8. ^ Report: Roy Jones Jr. agrees to fight Anderson Silva under MMA rules; Dana White turns it down Five Ounces of Pain.com 2009年5月6日
  9. ^ Dana White refuses to promote “old guy” fight between Anderson Silva and Roy Jones Jr.BJPENN.COM 2020年11月29日
  10. ^ Dana White Meniere's Disease: A-Rod, German stem cell treatment cure UFC President '100 percent'MMA mania 2013年4月18日
  11. ^ Dana White diagnosed with Ménière's disease, misses first live UFC card in more than 11 yearsYahoo! Sports 2012年5月16日
  12. ^ UFC president Dana White stumps for Trump at Republican conventionThe Guardian 2016年7月20日
  13. ^ 'A big night for the sport': Dana White reflects on President Trump's UFC 244 visitMMA Junkie 2019年11月3日
  14. ^ President Donald Trump met with mixed reaction at UFC 244, protests outside MSGMMA Junkie 2019年11月2日
  15. ^ UFC'S DANA WHITE ASKS TRUMP TO SAVE WRESTLING CHAMP... Sentenced To Die In IranTMZ 2020年9月.日
  16. ^ トランプ米大統領、イランに死刑停止呼び掛け 反政府デモ参加のレスリング選手時事通信 2020年9月4日
  17. ^ イラン死刑執行に欧米反発 レスリング元王者、拷問疑惑も時事通信 2020年9月15日
  18. ^ 4月の米失業率は14.7%と戦後最高を記録、雇用者数は前月から2,050万人減ジェトロ 2020年5月13日
  19. ^ アメリカの4月の失業率、世界恐慌以降で最悪の14.7%に 米労働省雇用統計BBCニュースジャパン 2020年5月9日
  20. ^ a b Dana White was right all along: 'Quitting is not a solution'Yahoo!Sports 2020年12月11日
  21. ^ As we roll into 2021, I just wanted to remind everyone there’s ALWAYS a solution to every problem! So, cut through all the bullshit, and don't let these people that don't matter tell you how to live your life.ダナ・ホワイト公式ツイッターアカウント 2020年12月22日
  22. ^ Dana White escalates feud with Oscar De La Hoya: 'He’s a liar and a phony'Yahoo!Sports 2018年12月13日
  23. ^ De La Hoya To White: Let's Get in The Ring on Cinco De Mayo!Boxing Scene 2018年12月13日
  24. ^ DANA WHITE OFFERS HILARIOUS RESPONSE TO OSCAR DE LA HOYA WANTING TO FIGHT HIMMMA WEEKLY 2018年12月17日
  25. ^ Dana White Accepts Oscar De La Hoya’s Fight Challenge, with a CatchMMA NEWS 2019年1月31日
  26. ^ Dana White: I'll Fight Oscar De La Hoya - But Under MMA RulesBoxing Scene 2020年2月1日
  27. ^ UFCホワイト代表 デラホーヤ氏と対戦希望 5月に格闘技ルールで スポニチ 2019年2月1日
  28. ^ Dana White opens up on $50,000 donation that helped save a young Thai girl's lifeMMA Junkie 2018年1月5日
  29. ^ 5 THINGS YOU MIGHT NOT KNOW ABOUT DANA WHITESherdog 2017年10月15日
  30. ^ UFC to donate $1 million to families of victims of Las Vegas mass shootingMMAFighting 2017年10月2日
  31. ^ Khabib Nurmagomedov, Dana White each donate $100K to Dustin Poirier’s charityLiving MMA 2019年9月17日
  32. ^ UFC will make donation to aid Australian bushfire recoveryLas Vegas Review-Journal 2020年1月10日
  33. ^ Dana White confirms $250,000 donation by UFC to Australian Red CrossBJPenn.com 2020年1月10日
  34. ^ UFC donates extra $1M to brain health researchESPN 2020年1月8日
  35. ^ Dana White on hand at World Series Game 3 UFC公式サイト 2016年10月28日

関連項目編集

外部リンク編集