メインメニューを開く
中世のストラサーン伯の紋章

ストラサーン領主: Mormaer of Strathearn)あるいはストラサーン伯: Earl of Strathearn)は、中世スコットランド王国においてストラサーン英語版を領していた貴族の称号。

目次

概要編集

伯領創設の正確な時期は不明であるが、史料で確認される最も古い例は1115年にさかのぼる。名前が知られている最初の領主はマリーズ1世(Máel Ísu I)で、ゲール人を率いスタンダードの戦い英語版(1138年)においてデイヴィッド1世に従って戦ったことを リーヴォール修道院エイルレッド(Aelred of Rievaulx)が記している。

1329年に国王ロバート1世が崩御すると、若くして王位を継いだデイヴィッド2世と反国王派に担がれたエドワード・ベイリャルとの間で内乱が勃発する。この内乱の中で、エドワード方についたストラサーン家は所領を剥奪され、デイヴィッド2世の寵臣モーリス・ド・モラヴィア英語版にストラサーン伯位が与えられた。しかしモーリスはネビルズ・クロスの戦い英語版(1346年)で戦死する。

その後、伯爵領は王統と相前後してステュアート家に移り、国王ロバート2世およびその近親者が相続した。1437年にウォルター英語版から剥奪されたのち保持者はいなくなっていたが、17世紀に第7代メンティース伯爵英語版ウィリアム・グラハム英語版はロバート2世の孫娘ユーフェミア英語版の子孫として継承権を主張した。この主張は認められず、ウィリアムは1633年にエアース伯爵英語版に叙された。

16世紀以降は「ストラサーン伯爵」の叙爵例はなかったが、「カンバーランドおよびストラサーン公爵」(1766年創設、1790年断絶)、「ケントおよびストラサーン公爵」(1799年創設、1820年断絶)、「コノートおよびストラサーン公爵」(1874年創設、1943年断絶)といったストラサーンを爵号に含む爵位がイギリス王室の成員に対して授けられてきた。

2011年、イギリス女王エリザベス2世は孫のウィリアム王子キャサリン・"ケイト"・ミドルトン結婚したのに合わせて、ケンブリッジ公爵・ストラサーン伯爵およびキャリクファーガス男爵に叙爵した[1]。ウィリアム王子はスコットランドにおいてはケンブリッジ公爵ではなくストラサーン伯爵の称号を使用している。

一覧編集

ストラサーン伯 (ストラサーン家系)編集

※初期の正確な受爵者一覧は確定していない。

ストラサーン伯 (マリ家系、1344年)編集

ストラサーン伯 (ステュアート家/グラハム家系、1357年)編集

ストラサーン伯爵 (マウントバッテン=ウィンザー家系、2011年)編集

  • ウィリアム (ケンブリッジ公爵・ストラサーン伯爵・キャリクファーガス男爵)2011年 - ) - 女王エリザベス2世の嫡孫。
    • 現在の暫定的な後継者はウィリアムの第一子で長男であるジョージ王子。エリザベス2世の嫡曾孫であり、父と同じく将来的に王位を継承する立場にあることから、何れこのストラサーン伯位は王冠に統合されることとなる。
      • 英国における儀礼称号の慣例に従えば彼はケンブリッジ公の長男としてストラサーン伯またはキャリクファーガス男爵を儀礼称号として名乗ることになるが、「王子」の号の方が格上であることもあり、現在ジョージ王子がストラサーン伯を名乗ることは無い。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ The London Gazette: no. 59798. p. 10297. 2011年6月1日。2014年8月12日閲覧。

参考文献編集

  • 常見信代 『スコットランドの「ノルマン=コンクェスト」(2):証人構成の検討をとおして』 北海学園大学人文論集, 25: 1-40、2003年