キャサリン (プリンセス・オブ・ウェールズ)

イギリスの王族 (1982-)

ウェールズ公妃キャサリンCatherine, Princess of Wales1982年1月9日 - )は、イギリス王族ウェールズ公ウィリアムウェールズ公妃(プリンセス・オブ・ウェールズ))。敬称は殿下(Her Royal Highness)。旧名は、キャサリン・エリザベス・ミドルトンCatherine Elizabeth Middleton)。

キャサリン
Catherine
ウェールズ公妃
2023年5月、英国バッキンガム宮殿にて
在位 2022年9月9日 - 在位中

全名 Catherine Elizabeth Middleton[1]
キャサリン・エリザベス・ミドルトン[要出典]
称号 ウェールズ公妃(プリンセス・オブ・ウェールズ)
コーンウォール公爵夫人
ケンブリッジ公爵夫人
ロスシー公爵夫人
チェスター伯爵夫人
ストラザーン伯爵夫人
キャリクファーガス男爵夫人
身位 Crown Princess(皇太子妃)
敬称 Her Royal Highness(殿下)
出生 (1982-01-09) 1982年1月9日(42歳)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドレディング王立バークシャー病院
配偶者 ウェールズ公ウィリアム王太子
子女 ジョージ
シャーロット
ルイ
父親 マイケル・フランシス・ミドルトン
母親 キャロル・エリザベス・ミドルトン
宗教 聖公会
テンプレートを表示
イギリス王室



ケイト」はキャサリンの愛称(短縮形)であるが、ウィリアムの恋人としてメディアに取り上げられるまで、家族や友人からケイトと呼ばれたことはなかった[2]

日本においては主に「キャサリン皇太子妃」もしくは「キャサリン妃」と呼称される。

略歴 編集

生い立ち 編集

1982年1月9日バークシャー州レディング王立バークシャー病院で生まれた。父のマイケル・フランシス・ミドルトン1949年6月23日生)はブリティッシュ・エアウェイズディスパッチャーとして、母のキャロル・エリザベス・ミドルトン旧姓:ゴールドスミス、1955年1月31日生)は客室乗務員として勤務していた際に2人は出会い[3]バッキンガムシャードーニー教区教会で1980年6月21日に結婚した。

マイケルの父はパイロット、その先は数代にわたってリーズ事務弁護士であり中流階級に属していた。母方の祖父母はそれぞれ工員と炭鉱夫の家系で労働者階級に属していた[4]。そのために、ウィリアムとの結婚では誇張気味に「炭坑から王室へ」などと報じられた[5]。叔父は、ITリクルートメントの大富豪ゲーリー・ゴールドスミス(Gary Goldsmith)。

ブリティッシュ・エアウェイズを退職したミドルトン夫妻は1987年に玩具・パーティー用品の通信販売会社「パーティ・ピーシーズ」を設立した[6]。会社は成功をおさめ、一家は富豪となった[7] 。キャサリンの兄弟にはフィリッパ・シャーロット(ピッパ・ミドルトン)1983年生)[8]ジェームズ・ウィリアム・ミドルトン1987年生)がいる[9]。妹のピッパ(エディンバラ大学卒業生)もキャサリンとの関係と彼女自身のライフスタイルへの関心からプレス報道を受けた[10]

キャサリンはバークシャーで育ち[11]、マールボロ・カレッジを卒業した後セント・アンドルーズ大学に入学した。大学で美術史の学位を取得後、ファッションブランド「ジグソー」のアクセサリー部門のバイヤーをしていたが、2007年に写真家になるためにその職を辞めたと報じられた[12]

ウィリアム王子との交際 編集

セント・アンドルーズ大学で、学友としてウィリアム王子と知り合う[13][14]。大学内で開かれたファッションショーにモデルとして出演したキャサリンにウィリアムが一目惚れし、ルームメイトだったこともあり、親しく交際が始まった。在学中に他の友人も交えた共同生活で絆を深めた[15]

長期間にわたり交際のはあったものの、2人の関係が公になったのは2004年頃で、ウィンザー家毎年恒例のスキー旅行にキャサリンが同行したことで、「未来のプリンセス」として取り上げられた[15]

2007年1月ごろ、イギリスのメディアが、キャサリンの誕生日の9日にウィリアムがプロポーズし婚約する、という報道を行った。この頃から報道合戦が過熱し、パパラッチが問題視され、報道規制がかけられる事態となった[16]

2007年4月14日、英大衆紙「サン」はウィリアムとキャサリンの関係が突如破局したと報じた[17]。理由に関しては定かではないが、BBCの王室担当記者は「2人の仲は問題はないように思えたので驚きだ」と語り、「王子は結婚はまだ早すぎると話していたが、王子の決断というよりは2人で合意したことだろう」と指摘した。一部メディアは破局の一因としてパパラッチの問題や[18]、中流階級であるキャサリンおよびキャサリンの母親の言動を挙げ、階級差を指摘し王室に相応しくないと報じるマスコミの存在を指摘している[15]

英大衆紙『News of the World』は、エリザベス女王が「(結婚の意思がないのなら)急ぐべきでない。ダイアナ元王太子妃の二の舞になることを望んでいない。」とウィリアムに対し忠告したと報じている。

2007年6月24日付けの英大衆紙「メール・オン・サンデー」がウィリアム王子との復縁を報じる[19]7月1日に行われたウィリアムとヘンリー王子主催のダイアナ妃の追悼コンサートに姿を見せた[20]。既に同棲しており2009年には結婚、と伝えるメディアもあるが[16]、公式には復縁の発表はなかった[15]

2010年10月、2人は旅行先のケニアで婚約し、11月16日、王室より正式に公表された。婚約指輪はダイアナ元妃のものであった。

結婚式 編集

 
バッキンガム宮殿のバルコニーにて(2011年4月29日)

挙式は2011年4月29日ウェストミンスター寺院で行われ、YouTubeでもライブ配信された[21]。花嫁の付き添い人(メイド・オブ・オナー)を務めたのは、妹のピッパ・ミドルトンである[22]。結婚式当日は公休となり、夜にはバッキンガム宮殿で祖母エリザベス女王主催のパーティーが開かれ、各国から王室関係者や著名人などが参加した。日本からも当時の皇太子徳仁親王同妃夫妻が出席する予定であったが、東日本大震災の影響によって取り止めとなった[23]

キャサリンが着用したウェディングドレスは、アレキサンダー・マックイーンのサラ・バートンがデザインした[24]ティアラはエリザベス女王が18歳の誕生日のときに父ジョージ6世から送られたもので、1936年カルティエがデザインしている。

なお、結婚式で凱旋した馬車1902年製のもので、ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式以前では1981年に王子の両親であるチャールズ3世ダイアナがこの馬車を使用した。その他のイギリス王室結婚式では1986年にもアンドルー王子セーラもこの馬車を使用している。

イギリス王室王位継承権を保持する人物が一般家庭出身の女性を妃に娶った例は、1660年ジェームス2世と、庶子から大法官にまで出世したエドワード・ハイド(後のクラレンドン伯爵)の娘であるアン・ハイドとの結婚以来、実に351年ぶりの出来事である[24]

懐妊と出産 編集

2012年12月3日、イギリス王室がキャサリンが懐妊したことを発表[25]。この一報にはデーヴィッド・キャメロン首相Twitterで祝意を寄せた[25]

2013年7月22日16時24分(日本時間:7月23日0時24分)、キャサリンはロンドン市内のセント・メアリー病院にて第1子となる長男ジョージを出産[26]。ジョージは父のウィリアムに次ぐイギリス国王継承第2位である[26][27]

2014年9月8日、ケンジントン宮殿より、キャサリンが第2子を懐妊中であることが発表された[28]

2015年5月2日8時34分(日本時間:2日16時24分)、セント・メアリー病院にて第2子となる長女を出産。長女には「プリンセス」の称号と「殿下(HRH)」の敬称が与えられ、5月4日には「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」と命名された。結果、Her Royal Highness Princess Charlotte of Cambridge(シャーロット・オブ・ケンブリッジ王女殿下)のように呼ばれることとなる[29]。王位継承順位は父ウィリアム王子、兄ジョージ王子に次ぐ3位である[30]

2017年9月4日、第3子を懐妊したことが公表された[31]。翌年2018年3月から産休に入り4月23日に第3子となる男の子を出産した。同月27日ルイ・アーサー・チャールズと命名された。称号の「王子」、敬称の「殿下」と合わせて「ルイ・アーサー・チャールズ・オブ・ケンブリッジ王子殿下」。

ファッション 編集

キャサリンは結婚前から服装などのファッションが注目され、アイコン的な存在となった。同年代のヨーロッパ王室の王女、妃であるスウェーデンマデレーン王女やモナコシャルレーヌ公妃などとともにファッション雑誌にしばしば取り上げられる。

結婚前のエピソード 編集

  • 2007年1月に自宅前で駐車違反の切符を切られたが、ウィリアム王子の恋人という立場を悪用することなく素直に受け入れた様子を英大衆紙「デイリー・メール」が報じた[32]
  • 言動の他にファッションも注目を集めており、週刊誌やダブロイド紙、ファッション雑誌などが彼女のファッションを特集記事として掲載している。キャサリンのファッションはコンサバでリッチな「スローニー(Sloaney)」といわれるスタイルである[15]

称号 編集

  • 1982年1月9日 – 2011年4月29日: Miss Catherine Elizabeth Middleton(ミス・キャサリン・エリザベス・ミドルトン)
  • 2011年4月29日 – 2022年9月8日: Her Royal Highness The Duchess of Cambridge[33](ケンブリッジ公爵夫人殿下)
    • 正式称号・敬称:Her Royal Highness The Duchess of Cambridge,[33] Countess of Strathearn, Lady Carrickfergus[34][35](ケンブリッジ公爵夫人、ストラザーン伯爵夫人、キャリクファーガス男爵夫人殿下)
  • 2022年9月8日 – 2022年9月9日: Her Royal Highness The Duchess of Cornwall and Cambridge[36] (コーンウォールとケンブリッジ公爵夫人殿下)
  • 2022年9月9日 - 現在: Her Royal Highness The Princess of Wales[36](プリンセス・オブ・ウェールズ殿下)

紋章 編集

 
ミドルトン家キャサリン(独身時代)の紋章

2011年4月19日、結婚を控え、ミドルトン家の3人の子供に新たに紋章が付与された[37]。青色のリボンは未婚の女性であることを示している。キャサリンの弟のジェームズは自分の子孫にこの紋章を継承することができる。結婚後はこの紋章とウィリアム王子の紋章を組み合わせた新たな紋章が作られ、キャサリンの紋章となった。

日本語伝記 編集

  • 『プリンセス・ケイト 英国王室への道中央公論新社、2011年1月 - ISBN 978-4123902908
    クラウディア・ジョセフ/菊池由美・島田楓子・高橋美江・スコジ泉共訳

脚注 編集

  1. ^ 王室の一員であるため姓は持たないが、必要がある場合はマウントバッテン=ウィンザー(Mountbatten-Windsor)を用いる
  2. ^ MSN産経ニュース (2008年5月27日). “「ケイト」ではなく本当は「キャサリン」よ 英王子の恋人ミドルトンさん”. 2008年11月14日閲覧。
  3. ^ wargs.com (2007年). “Ancestry of Kate Middleton”. 2008年11月15日閲覧。
  4. ^ Wilson, Christopher (2006年12月22日). “Kate, the coal miner's”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/femail/article-424446/Kate-coal-miners-girl.html 
  5. ^ 英王子結婚式:受け継いだダイアナDNA - 毎日jp(毎日新聞)
  6. ^ about us”. partypieces.co.uk (2008年). 2008年8月9日閲覧。
  7. ^ “Generation why-should-I?”. The Scotsman. (2008年6月11日). http://news.scotsman.com/princewilliam/Generation-whyshouldI.4176797.jp 
  8. ^ thePeerage.com (2007年). “Person Page - 19582”. 2008年11月15日閲覧。
  9. ^ thePeerage.com (2007年). “Person Page - 20281”. 2008年11月15日閲覧。
  10. ^ Nicholl, Katie (2007年4月21日). “First Kate, now sister Pippa splits from heir”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/news/article-449861/First-Kate-sister-Pippa-splits-heir.html 
  11. ^ Profiles - Kate Middleton”. Hello! (2001年8月). 2008年8月9日閲覧。
  12. ^ VOGUE.com (2007年11月13日). “ケイト・ミドルトンの選択。”. 2008年11月14日閲覧。
  13. ^ asahi.com (2007年1月10日). “英ウィリアム王子、婚約間近?過熱報道に王室ぴりぴり”. 2008年11月14日閲覧。
  14. ^ 英キャサリン妃が40歳に 左肩露出した赤ドレスの記念写真を英王室が公開”. 日刊スポーツ (2022年1月10日). 2022年1月10日閲覧。
  15. ^ a b c d e ALL Abouto WEEKENDER (2008年1月30日). “『イギリス、イケメン王子の大恋愛に注目!』出会いは王子の一目惚れ”. 2008年11月17日閲覧。
  16. ^ a b ALL Abouto WEEKENDER (2008年1月30日). “『イギリス、イケメン王子の大恋愛に注目!』どうなる?!7年越し大恋愛の行方!!”. 2008年11月17日閲覧。
  17. ^ AFPBB News (2007年4月14日). “ウィリアム王子が恋人と破局、英大衆紙が報じる - 英国”. 2008年11月14日閲覧。
  18. ^ AFPBB News (2007年1月9日). “ウィリアム王子恋人は「第2のダイアナ」?過熱報道に不安高まる - 英国”. 2008年11月14日閲覧。
  19. ^ AFPBB News (2007年6月24日). “ウィリアム王子、元恋人と「復縁」か”. 2008年11月14日閲覧。
  20. ^ AFPBB News (2007年7月7日). “ウィリアム王子とミドルトンさん、「復縁は確実」と英紙報道”. 2008年11月14日閲覧。
  21. ^ YouTube、29日の英王室結婚式をライブ配信RBB TODAY 2011年4月20日
  22. ^ キャサリン妃の妹、ピッパ・ミドルトンさん「美人!」と人気が急上昇!ヘンリー王子との仲もうわさに シネマ・トゥデイ、2011年4月30日
  23. ^ 皇太子ご夫妻出席取りやめ時事通信、2022年9月18日閲覧
  24. ^ a b “ウィリアム英王子が結婚 パレードに100万人”. 日本経済新聞. (2011年4月29日). http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE0EBE2E19D8DE0EBE2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2 2011年4月30日閲覧。 
  25. ^ a b 英王室 懐妊発表 おめでとう! キャサリン妃 産経新聞 2012年12月5日閲覧
  26. ^ a b キャサリン妃、男児を出産 産経新聞 2013年7月23日閲覧
  27. ^ 2011年10月28日に行われた英連邦王国首相会議で、王位継承を男子優先から長子先継とする改正が合意されており、生まれれば性別を問わずイギリス王位継承順位3位となることが決まっていた。
  28. ^ Duchess of Cambridge pregnant with second child”. BBC (2014年9月8日). 2014年9月8日閲覧。
  29. ^ Letters Patent, 31 December 2012 "No. 60384". The London Gazette (英語). 8 January 2013. p. 213.
  30. ^ 第2子は女児 英王室キャサリン妃が出産”. 朝日新聞デジタル (2015年5月2日). 2015年5月2日閲覧。
  31. ^ “Royal baby: Duchess of Cambridge expecting third child”. BBC. (2017年9月4日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-41148027 
  32. ^ JAPAN JOURNALS (2007年1月4日). “1/4 将来の「女王」の器量を発揮!?――ケイト・ミドルトン、駐車違反の切符を素直に受け入れ”. 2008年11月14日閲覧。
  33. ^ a b Titles announced for Prince William and Catherine Middleton”. The Royal Wedding 2011 Official Site (2011年4月29日). 2012年6月4日閲覧。
  34. ^ “Red Coat, Welsh Ring And New Titles For Pair”. Sky News. (2011年4月29日). http://news.sky.com/skynews/Home/Royal-Wedding/UK-Royal-Wedding-New-Titles-For-Couple-Irish-Red-Coat-For-William-And-Welsh-Band-Of-Gold-For-Kate/Article/201104415981353?f=rss 2011年5月29日閲覧。 
  35. ^ Beckford, Martin (2011年4月29日). “Prince William and Kate Middleton's new titles revealed”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/royal-wedding/8482573/Prince-William-and-Kate-Middletons-new-titles-revealed.html 2011年6月3日閲覧。 
  36. ^ a b The Princess of Wales”. The Royal Family. 2023年9月23日閲覧。
  37. ^ “ケイトさん一家に紋章付与、ウィリアム英王子との結婚で”. ロイター. (2011年4月20日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-20713520110420 2011年4月20日閲覧。 
  38. ^ a b Royal wedding: Kate Middleton coat of arms unveiled”. BBC News. 2011年4月19日閲覧。
  39. ^ a b c Kate Middleton family gets coat of arms”. The Guardian. 2011年4月19日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集

イギリスの儀礼席次
先代
プリンセス・ロイヤル・アン王女殿下
婦人
ウェールズ公妃殿下
HRH The Princess of Wales
次代
オータム・フィリップス
イギリスの爵位
先代
カミラ・シャンド
  ウェールズ公妃
2022年 -
次代
-
先代
カミラ・シャンド
  コーンウォール公爵夫人
2022年 -
次代
-
先代
カミラ・シャンド
  ロスシー公爵夫人
2022年 -
次代
-
先代
サラ・フェアブラザー英語版
  ケンブリッジ公爵夫人
2011年 -
次代
-
名誉職
先代
エディンバラ公爵フィリップ王配殿下
空軍総司令官
イギリス空軍航空隊名誉司令官
2015年 –
現職