メインメニューを開く

ケンブリッジ公

ケンブリッジ公爵から転送)

ケンブリッジ公爵Duke of Cambridge)は、イギリス公爵位の一つ。イギリス王室の年少の王族に対して時々授与される。名称はケンブリッジに由来する。イングランド王ジェームズ2世が息子のチャールズに対して授与したのが最初である。

ケンブリッジ公爵
Duke of Cambridge
Coat of Arms of William, Duke of Cambridge.svg
創設時期 2011年4月29日(第5次創設)
創設者 エリザベス2世(第5次創設)
貴族 連合王国貴族(第5次創設)
現所有者 ウィリアム(第5次創設)
相続人 ジョージ・オブ・ケンブリッジ
相続資格 世襲
付随称号 ストラサーン伯爵
キャリクファーガス男爵

2011年4月29日エリザベス2世の嫡孫のウィリアム王子キャサリン・"ケイト"・ミドルトン結婚したことに伴い、女王によって叙爵された。

目次

歴史編集

 
現在のケンブリッジ公爵位保持者ウィリアムと同妃キャサリン・"ケイト"・ミドルトン2011年4月29日結婚式の当日(写真)に祖母のエリザベス女王より叙爵された。

1664年イングランド貴族として「ケンブリッジ公爵」の爵位がはじめて公式に創設された。このときは、当時のヨーク公(のちにイングランド王に即位してジェームズ2世)と最初の妻との間に生まれたジェームズにこの称号が与えられた。しかしジェームズは幼くして死去し、その後、ジェームスの弟エドガー、エドガーの弟チャールズと、次々にケンブリッジ公爵の称号が与えられたが、いずれも成人することできずに死去した。

1706年ハノーファー選帝侯であったゲオルク・ルートヴィヒ(のちのグレートブリテン王国国王ジョージ1世)の息子であるジョージ・オーガスタス(のちの国王ジョージ2世)にケンブリッジ公爵の称号が与えられることになった。ジョージ・オーガスタスが父の跡を継いで国王に即位したため、ケンブリッジ公爵の称号は継承者を失って消滅した[1]

1801年には、連合王国の王族の爵位として、ジョージ3世の七男であるアドルファスにケンブリッジ公爵の爵位が与えられた。彼の息子のジョージの死後、爵位を継承する資格を持つ相続人が存在しなかったことから、1904年にケンブリッジ公爵の称号はみたび消滅した。

1917年アドルファスの外孫で、ジョージ5世の王妃メアリーの弟であるテック公アドルファスケンブリッジ侯爵Marquess of Cambridge)に叙爵されたが、これは、第一次世界大戦中に連合王国の敵国であったドイツの爵位であるテック公爵位を放棄した代わりに与えられたものであった。この爵位は、1981年にアドルファスの息子のジョージが男子を残さないまま亡くなったことから断絶した。

1999年エリザベス2世の三男であるエドワードが結婚した際、有識者たちはケンブリッジ公爵かサセックス公爵の爵位がふさわしいとしてエドワードに提案したが、エドワードは代わりにウェセックス伯爵の爵位を創設した。その後、英国の国内情報誌「ザ・サンデーテレグラフ」によって、本来はエドワードが結婚後にケンブリッジ公爵へ叙爵されるはずだったことが報道された。但し、別の報道によれば1998年に公開された「恋におちたシェイクスピア」を視聴後、コリン・ファースによって演じられたウェセックス卿にエドワードが憧憬を抱き、ウェセックス伯爵の叙爵をエリザベス2世へ求めたとされている[2]。また、エドワードの父フィリップが有するエディンバラ公爵位が、長兄チャールズが王位を継承する立場にあり、次兄アンドルーが王の次男としてヨーク公爵位を既に授かっていることから、将来的にエドワードに授けられる予定となっており、これも伯爵位が授けられた背景にある。

2011年4月29日エリザベス2世の孫であるウィリアム王子キャサリン・"ケイト"・ミドルトン結婚に際して、ウィリアムは女王から、連合王国貴族としてのケンブリッジ公爵の爵位を叙爵された。また、ウィリアムはスコットランド由来のストラサーン伯爵北アイルランド由来のキャリクファーガス男爵の爵位も創設した[3][4]

ケンブリッジ公爵編集

形式上(1660年)編集

  • チャールズ・ステュアート(1660年 – 1661年) - ジェームズ2世の長男。夭折。

第1次創設(1664年)編集

第2次創設(1667年)編集

形式上(1677年)編集

  • チャールズ・ステュアート(1677年) - ジェームズ2世の五男。夭折。

第3次創設(1706年)編集

第4次創設(1801年)編集

  • アドルファス(1774年 - 1850年) - ジョージ3世の七男。
  • ジョージ(1819年 - 1904年) - アドルファスの唯一の息子。3人の子どもがいたが、王室結婚令英語版に背いて身分違いの女性(サラ・フェアブラザー英語版)と結婚してもうけた子どもであり、王族の身分と公爵位の継承は認められなかった。ケンブリッジ公爵の称号はまたも消滅した。

第5次創設(2011年)編集

現在の暫定的な後継者はウィリアムの第一子で長男であるジョージ王子。エリザベス2世の嫡曾孫であり、父と同じく将来的に王位を継承する立場にあることから、いずれこのケンブリッジ公爵位は王冠に統合されることとなる。

ケンブリッジ侯爵(Marquess of Cambridge)(1917年)編集

  • アドルファス・ケンブリッジ (1868年 – 1927年) - アドルファス王子の娘の息子。彼はジョージ5世が、第一次世界大戦の時に、英国王室成員とドイツ系英国貴族のドイツの称号を放棄することになった際に、放棄したドイツの称号の代わりにケンブリッジ侯爵に叙せられた。
  • ジョージ・ケンブリッジ(1895年 - 1981年) - 初代ケンブリッジ侯の唯一の息子である。男子を残さず死去したため、彼をもってケンブリッジ侯爵家は断絶した。

注釈編集

  1. ^ Statement Issued by the Press Secretary to the Queen Confiring a Dukedom on Prince William of Wales”. Buckingham Palace (2011年4月29日). 2011年4月29日閲覧。
  2. ^ Richard Eden (2010年12月12日). “Royal wedding: Prince William asks the Queen not to make him a duke”. The Telegraph. 2010年12月12日閲覧。
  3. ^ Titles announced for Prince William and Catherine Middleton”. Official wedding website (2011年4月29日). 2011年4月29日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 59798. p. 10297. 2011年6月1日2018年6月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集