スピリチュアル テクノロジー

スピリチュアル テクノロジーは、通常、アメリカを代表する作家、冒険家であるL.ロン ハーバード(L.Ron Habberd)によって創設されたサイエントロジー教会の哲学体系、(ブリッジ (宗教哲学)も参照)、または、人の幸福や健康に関わる心の状態、及び能力の回復と向上を意図した広範に渡る精神的技術の総称。

経緯、その概要編集

サイエントロジーの提唱する人の精神及び心の状態を回復向上する技術は、もともと1950年にハーバード氏が執筆したダイアネティックス:心の健康に関する現代科学に示された心の構造についての詳細を述べた理論と治療に関する技術的方法論を基礎に置かれている。

心の科学としてのダイアネティックスから、人生を主題とするサイエントロジー宗教にまで発展する中で作られた膨大な技術や理論を人は道具として適用することによって、自己の人生、家族、仲間といった社会をより快適に創造していくことが出来るようになるという。 ハーバード氏のこのダイアネティックスという心の構造の発見は、他の自然科学に比して、著しく遅れをとっていた宗教哲学を含む、現代に於ける文化人類学に対して飛躍的進歩をもたらすものだと述べた。つまり、フロイトの無意識の発見以後、停滞していた心の分野に於いて、その無意識の構造と具体的な治療方法とその効果を証明した。しかし、後にダイアネティックスの所有権を米国政府への譲渡を拒否したことにより、また、ハーバード氏が自ら創設したサイエントロジー教会の管理下に置いた為に、これらの技術は、以後、心理学の分野に組み込まれることはなく、ダイアネティックスは、サイエントロジーと同様に、医療行為ではない、あくまでも、人に精神的向上をもたら宗教に関わる一つの技術として認識されるようになった。

参考文献編集

  • ダイアネティックス:心の健康に関する現代科学 (ニュー・エラー・ジャパン)
  • What is the Scientology(New Erra publications.)