メインメニューを開く
ガーデンクレス

スプラウト: Sprout)とは、主に穀類豆類野菜種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽したを食用とする。発芽野菜[1]または新芽野菜[1]ともいう。

スプラウトには生育の仕方によってモヤシなどの「もやし系」とかいわれ大根などの「かいわれ系」がある[1]

英単語のsproutに由来するが、英語での意味としては日本語のスプラウトの他に、そもそも全般や、芽キャベツを意味する事もある。

目次

歴史編集

スプラウトは古くから食用に栽培されていて、古くは5000年前の古代中国マメ科のスプラウトであるモヤシが栽培されていたといわれている。そのほか、18世紀後半に南太平洋などをエンデバー航海したキャプテン・クックは、船上で大麦のスプラウトをつくり、船乗りたちの栄養補助源としたといわれている。また、19世紀英国ビクトリア朝時代にメアリー・ジューリーという料理研究家によってマスタードクレスのスプラウトを使った料理本が残されていたり、日本平安貴族たちの食膳にかいわれ大根がのぼっていたとも伝えられ、古くから世界各地で食べられていた。

日本では、1999年に村上農園がブロッコリー、マスタード、クレス、レッドキャベツの新芽を「スプラウト」として日本で初めて発売を開始し[2]、様々な種類の発芽野菜が一般の家庭で食べられるようになった。

分類編集

生育方法によってもやし系とかいわれ系に大別される[1]

もやし系(豆型)
茎が太く種子を頭につけたまま伸びてゆくグループ[1]。暗室のみで育て、緑化させない。緑豆もやし、大豆もやし、黒豆もやし、アルファルファフェヌグリークなど
かいわれ系(アブラナ科型)
種子から芽が伸びてゆくグループ[1]。茎が伸びるまで暗室で育て、その後たっぷりをあてて緑化させる。大根ブロッコリームラサキキャベツマスタードクレス豆苗ソバカラシナシロガラシなど

なお、暗室で発芽後、緑化させた中間型もある。また、発芽後すぐにごと食べるものもある(発芽玄米リョクトウアズキケツルアズキレンズマメヒヨコマメなど)。

栄養等編集

発芽に伴う代謝の中で、種子のときには存在しなかった成分も新たに合成され、ビタミンミネラルフィトケミカルなどが含まれる[要出典]

ローフード酵素栄養学では「酵素を多く含む食材である」として重視される。

1994年アメリカのジョンズ・ホプキンス医科大学のポール・タラレー教授らによって、発芽3日目のブロッコリーの新芽・ブロッコリースーパースプラウトに含まれるスルフォラファンが強いがん予防効果を持つことが明らかにされた。この研究発表を受けてブロッコリースプラウトがアメリカでブームになった[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 伊嶋まどか 『はじめよう!キッチン野菜』 学習研究社、2011年、48頁。
  2. ^ “スプラウトが近年、急に増えてる理由”. excite.ニュース. (2007年12月25日). https://www.excite.co.jp/News/bit/00091198510629.html 2018年1月19日閲覧。 
  3. ^ Zhang, Y.; Talalay, P.; Cho, C.; Posner, G. H. Proc. Nat. Acad. Sci. USA 1992, 89, 2399–2403.

関連項目編集

外部リンク編集