メインメニューを開く

スーパードリームゲーム2000(Super Dream Games 2000)は、2000年9月3日から6日に渡って行われたバスケットボールの国際大会である。

目次

概略編集

埼玉県与野市(現:さいたま市中央区上落合にて開業したさいたまスーパーアリーナのこけら落としとして企画されたイベントで、米国スペインそれぞれのナショナルチームを招待し、日本と合わせた3チーム総当りを戦った。

大会概要編集

[1]

結果編集

出場選手編集

備考編集

  • シドニーオリンピック直前の開催であり、企画された当時はアジア予選の前だったため、1998年に世界選手権出場を果たして24年ぶり五輪出場も期待されていた日本男子の五輪前哨戦を想定した大会として構想を練られていた。しかし、日本は出場権を逃したため本来の開催意義が失われてしまった。
  • この大会の6年後には同じさいたまスーパーアリーナで2006年バスケットボール世界選手権が開催されたが、優勝したのはSDG2000に参加したスペインであり、決勝戦はスペインvs日本からちょうど6年後の2006年9月3日に行われた。

脚注編集

外部リンク編集