折茂 武彦(おりも たけひこ、1970年5月14日 - )は、日本の元男子プロバスケットボール選手。埼玉県出身。ポジションはシューティングガードBリーグレバンガ北海道代表。

折茂 武彦
Takehiko Orimo
Orimo takehiko levanga.jpg
レバンガ北海道 CEO
役職 球団社長
永久欠番  9 
ポジション(現役時) SG
身長(現役時) 190cm (6 ft 3 in)
体重(現役時) 77kg (170 lb)
血液型 A型
足のサイズ 29.5cm
基本情報
本名 折茂 武彦
愛称 オリモ、タケちゃん
ラテン文字 Takehiko Orimo
誕生日 (1970-05-14) 1970年5月14日(50歳)
日本の旗 日本
出身地 埼玉県の旗 埼玉県上尾市
(生まれは現さいたま市
出身 日本大学
ドラフト  
選手経歴
1993-2007
2007-2011
2011-2020
トヨタ自動車アルバルク
レラカムイ北海道
レバンガ北海道

来歴編集

学生〜トヨタ自動車編集

現在のさいたま市で生まれ、蕨市を経て小学4年から上尾市に移り、兄の影響を受け中学でバスケを始める[1]埼玉栄高校から日本大学に進み、4年次にはインカレ優勝に貢献した。卒業後の1993年トヨタ自動車に入社。同年全日本入りを果たし、広島アジア大会1998年世界選手権など、国際大会を数多く経験した。トヨタでも中心選手としてタイトルにも貢献する。正確な3Pは日本一と称される。

2006年世界選手権では4年ぶりに全日本のメンバー入りを果たし、最年長としてチームを支えた。

レラカムイ北海道編集

2007年、折茂は14年間在籍したトヨタから新たに設立されたレラカムイ北海道に移籍した。チームを率いる東野智弥は折茂のトヨタ時代のアシスタントコーチでありながら同学年である。レラカムイ北海道ではSGとして、いまだその正確な3Pは健在であり、桜井、ニュートン、ウィリアムズとともにBIG4を形成。チームに大きく貢献している。

レラカムイ移籍後のホーム開幕戦で勝利をおさめ、北海道の熱狂、歓迎ぶりに折茂は「バスケを長年やってきて、ホームでの勝利がこんなにいいものだと初めて知った」と語った。また、レラカムイに骨を埋める意志も見せており、初代「ミスターレラカムイ」とも呼ばれている。

長年、職業欄に「プロ」と書くのが夢だったとレラカムイ移籍後に明かしている。

シュートリリースの際、中指ののばし気味の爪に引っ掛けリリースする。 2007年シーズン終了後のファン感謝イベントの紅白戦でプレーした際、「爪切っちゃったからシュートが入らない」とコメントしたことがある。

3Pに注目がいきがちだが、そのディフェンス力や稀に見せる非凡なパスセンスもなかなかのものがあり、スクリーンの使い方はJBL屈指といわれる。

2010年1月31日、対東芝戦(月寒アルファコートドーム)においてリーグ史上初の通算6000得点を達成した。

レバンガ北海道編集

2011年、チーム運営会社のJBLからの除名処分や東日本大震災で候補となった新規運営会社が撤退した事を受けて自らが一般社団法人を設立、同時に新チーム、レバンガ北海道を創設する。理事長に就任し、国内プロ団体球技では異例の選手兼代表となった。

JBL2011-2012シーズン

2011年11月5日、対リンク栃木ブレックス戦(福島県福島市・あづま総合体育館)においてリーグ史上初の通算7000得点を達成。

JBL2012-2013シーズン

2013年3月2日、対三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ戦(愛知県名古屋市・愛知県体育館)においてリーグ史上初の通算8000得点を達成。

NBL2013-2014シーズン

2013-2014シーズンのNBLオールスターに選出されている[2]

B.LEAGUE2016-17シーズン

2016年11月28日、対千葉ジェッツ戦(北海道札幌市・北海きたえーる)において国内トップリーグ日本人選手初の通算9000得点を達成。

B.LEAGUE2017-18シーズン

2017年9月27日、Bリーグ理事就任。

2017年11月4日、対琉球ゴールデンキングス戦(沖縄県宜野湾市・宜野湾市立体育館)において3ポイントシュート国内トップリーグ通算成功数1000本を達成。

B.LEAGUE2018-19シーズン

2019年1月5日、B1リーグ第18節第2戦の対シーホース三河戦(愛知県刈谷市・ウィングアリーナ刈谷)において国内トップリーグ日本人選手初の通算10000得点を達成。

B.LEAGUE2019-20シーズン

9月30日、今季限りでの引退を発表した。

2020年1月18日、Bリーグオールスターに出場し14得点を挙げてMVPを獲得した。引退後の9月にオールスターゲーム最年長MVP獲得(49歳249日)としてギネス世界記録に認定された[3]

引退後編集

2020年10月3日、自身の背番号「9」が永久欠番になることが発表された[4]

人物編集

  • 兄の折茂輝文も東洋大学から実業団でプレーした元バスケットボール選手で、現在はレバンガ北海道職員を務める[5]

経歴編集

代表歴編集

  • 1994年アジア大会
  • 1995年男子アジア選手権
  • 1997年東アジア大会
  • 1997年男子アジア選手権
  • 1998年男子世界選手権
  • 1999年男子アジア選手権
  • 2002年アジア大会
  • 2006年男子世界選手権
  • 2009年東アジア選手権

出演編集

  • SPOCK&折茂武彦の“TIP OFF Radio”(FMおたる、2016年 - 2017年)

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

Bリーグ編集

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
B1 2016-17 北海道 60 12 19:18 43.7 44.4 82.4 1.2 1.2 0.4 0.1 1.2 8.9
B1 2017-18 60 3 18:34 40.2 36.3 79.8 1.2 1.3 0.4 0.0 0.9 7.9
B1 2018-19 59 2 16:24 37.9 38.6 86.4 1.0 0.9 0.3 0.1 1.1 6.4
B1 2019-20 19 0 7:17 32.4 40.0 100.0 0.4 0.4 0.1 0.1 0.4 1.5

ポストシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
残留PO 2018-19 北海道 3 0 15:39 21.4 11.1 0.0 1.0 1.3 0.0 0.0 0.7 2.3

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集