メインメニューを開く

古田 悟(ふるた さとる、1971年8月3日 - )は、愛知県出身のバスケットボール選手、指導者である。選手としては1994年から2005年にかけて三菱電機に、2005年から2011年までトヨタ自動車アルバルクにそれぞれ所属。また1994年から2006年までバスケットボール男子日本代表に選出され、2001年からは主将を務めた。ポジションはフォワードセンター

古田 悟
Furuta Satoru
Furuta satoru 20150103.jpg
アースフレンズ東京Z HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) センター / フォワード
身長(現役時) 199cm (6 ft 7 in)
体重(現役時) 95kg (209 lb)
血液型 B型
基本情報
ラテン文字 Furuta Satoru
誕生日 (1971-08-03) 1971年8月3日(47歳)
日本の旗 日本
出身地 愛知県
出身 愛知工業大学名電高校
日本体育大学
ドラフト  
選手経歴
1994-2005
2005-2011
三菱電機
トヨタ自動車
指導者経歴
2011
2012-2013
2013-2014
2014
2015-2017
2017
2017-2018
2018-
日本代表男子U-22(コーチ)
江戸川大学(アシスタントコーチ)
江戸川大学
秋田銀行女子バスケットボール部
羽田ヴィッキーズ
横浜ビー・コルセアーズ(アソシエイトコーチ)
横浜ビー・コルセアーズ(ヘッドコーチ)
アースフレンズ東京Z
トヨタ時代

引退後は指導者に転身し、2015年から2017年までWリーグに所属する羽田ヴィッキーズのヘッドコーチを務めた。2017年4月よりBリーグ横浜ビー・コルセアーズのアソシエイトコーチを務め、2017年-2018年シーズンはヘッドコーチを務めた。

目次

来歴編集

選手時代編集

愛知工業大学名電高校では同期の天野佳彦らとともに3年のインターハイウインターカップでいずれも決勝まで進む。インターハイでは長谷川誠擁する能代工に敗れるも、ウィンターカップ決勝でリベンジを果たし初優勝メンバーとなる。

卒業後は日本体育大学を経て、三菱電機に入社しバスケットボール部に所属。ユニバーシアード準優勝メンバーとなる。

1998年には全日本のメンバーとして世界バスケに出場。

2005年トヨタ自動車アルバルクに移籍。

2006世界バスケでは主将を務めた。また、この年に年間ベスト5賞を獲得した。

2011年引退。

指導者編集

引退後は全日本男子U-22のコーチを務め、2012年から江戸川大学男子バスケットボールチームを指導する。

2014年、秋田銀行女子バスケットボール部HCに就任[1]

2015年、秋田銀行HCを退任し羽田ヴィッキーズHCに就任[2]

2017年3月、羽田HCを退任し横浜ビー・コルセアーズのアソシエイトコーチに就任[3]。オフにヘッド昇格。

2017年12月、4勝15敗と成績不振のため退任。2018年6月、アースフレンズ東京Zのヘッドコーチに就任[4]

経歴編集

  • 愛工大名電 - 日体大 - 三菱電機(1994年〜2005年) - トヨタ自動車(2005年〜2011年)

日本代表歴編集

  • 1995ユニバーシアード
  • 1998世界選手権
  • 2006世界選手権

参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ “新ヘッドコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 秋田銀行, (2014年6月10日), http://www.akita-bank.co.jp/news/news_release/26060901.htm 2017年4月7日閲覧。 
  2. ^ “ヘッドコーチ契約合意のお知らせ” (プレスリリース), 羽田ヴィッキーズ, (2015年4月6日), http://vickies.jp/?p=6011 2017年4月7日閲覧。 
  3. ^ “アソシエイトコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), 横浜ビー・コルセアーズ, (2017年4月5日), https://b-corsairs.com/news/team_20170405-1.html 2017年4月7日閲覧。 
  4. ^ “古田悟ヘッドコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), アースフレンズ東京Z, (2018年6月19日), https://eftokyo-z.jp/news/180619-01.html 2018年6月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集