メインメニューを開く

セブン・イヤーズ・イン・チベット』(Seven Years in Tibet)は、1997年アメリカ映画ジャン=ジャック・アノー監督作品。

セブン・イヤーズ・イン・チベット
Seven Years in Tibet
監督 ジャン=ジャック・アノー
脚本 ベッキー・ジョンストン
製作 ジョン・H・ウィリアムズ 他
製作総指揮 デヴィッド・ニコルズ 他
出演者 ブラッド・ピット
デヴィッド・シューリス
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ロベール・フレース
編集 ノエル・ボワソン
配給 松竹富士
日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年10月8日
日本の旗 1997年12月13日
上映時間 139分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
中国語
チベット語
製作費 $70,000,000
興行収入 $37,900,000 アメリカ合衆国の旗
配給収入 15億5000万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

アイガー初登頂で知られるオーストリアの登山家ハインリヒ・ハラーの自伝の映画化。彼がチベットで過ごした7年間、彼と若きダライ・ラマとの交流を描く。

目次

ストーリー編集

1939年秋、登山家ハインリヒ・ハラーは世界最高峰ヒマラヤ山脈への登山に向かった。時悪く、第二次世界大戦のためにインドイギリス軍の捕虜となってしまった彼は脱獄し、チベットへと行き着く。チベットの首都ラサで生活をしていたハラーは、当時14歳で好奇心旺盛なダライ・ラマ14世と出会い、親しく交流する。ラサでの日々がハラーの荒んだ心に変化をもたらした。しかし、その生活も中国共産党人民解放軍によるチベット国への軍事侵略によって終わりを告げることとなるのだった。

キャスト編集

スタッフ編集

原作編集

原作は、ハインリヒ・ハラー自身による1952年の著書 Sieben Jahre in Tibet. Mein Leben am Hofe des Dalai Lama で、日本語訳は1955年昭和30年)に『チベットの七年』 (近藤等 訳、新潮社) 、1981年(昭和56年)に『チベットの七年 ダライ・ラマの宮廷に仕えて』 (福田宏年 訳、白水社)がある。映画の公開に合わせて福田宏年訳が、1997年平成9年)10月に白水社から新装復刊され、同年11月には『セブン・イヤーズ・イン・チベット チベットの七年』に改題され角川文庫から刊行された。

なお、映画化の際には脚色が加えられている[2]

映画に対する中国の反応など編集

『セブン・イヤーズ・イン・チベット』の公開後、中華人民共和国政府は、映画の中で中国人民解放軍士官が意図的に無礼で傲慢な人物として描かれている、また中国人民解放軍兵士チベット人に対し虐殺したかのような演出がされたとして強く非難した。このため『セブン・イヤーズ・イン・チベット』は中国で上映禁止となった(言論統制)。また、映画の監督および主演者のブラッド・ピット及びデヴィッド・シューリスは中華人民共和国支配地域への立ち入りを無期限で禁止されたが、ブラッド・ピットは2016年11月に出演作の宣伝のため中国を訪問している[3]

中国に入国できなかったため、映画の大半はアルゼンチン撮影された。しかし映画の公開から2年後、監督ジャン=ジャック・アノーは2名のクルーが中国支配下のチベットに潜入し、一部の映像を撮影していたことを明らかにした。中国政府の強い反応にもかかわらず、ジャン=ジャック・アノーは映画に20分ほどのチベットで撮影された映像を加えていた。また、一部の映像はチベット近隣のネパールで撮影された。

なお、1997年は香港返還の年であり、ダライ・ラマ14世伝記映画クンドゥン』も1997年の映画である。

エピソード編集

関連事項編集

参照編集

外部リンク編集