セリバシオガマ

セリバシオガマ(芹葉塩釜、学名Pedicularis keiskei Franch. et Sav.[1])は、ハマウツボ科シオガマギク属分類される半寄生[2]多年草の1[3]。種小名(keiskei )は、伊藤圭介を意味する[4]和名のセリバ(芹葉)は、葉の形態がセリに似ていることに由来する[5]

セリバシオガマ
花を付けたセリバシオガマ、木曽山脈の木曽駒ヶ岳の亜高山帯(長野県木曽郡木曽町)にて、2016年8月10日撮影
花を付けたセリバシオガマ、2016年8月
木曽山脈木曽駒ヶ岳長野県木曽郡木曽町)の亜高山帯
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類I euasterids I
: シソ目 Lamiales
: ハマウツボ科 Orobanchaceae
: シオガマギク属 Pedicularis
: セリバシオガマ P. keiskei
学名
Pedicularis keiskei Franch. et Sav.[1]
和名
セリバシオガマ

目次

特徴編集

は根元で枝分かれして[6]、高さは30-50 cm[4]、無毛でとともに軟弱[7]。葉は長さ4-8 cm、幅2-4 cmの卵状長楕円形で羽状に全開し、上部まで[8]対生する[9]。葉の裂片はさらに羽状に中裂する[9]葉柄は長さ0.4-1 cm[9]小葉はまばらにつく[3]。上茎葉は小形となり、すべて対生し、花期に根出葉はない[4]。上部の葉腋に白いを1個ずつ付け[9]、枝の頭部にも3-5対まばらに総状に花を付ける[4]花冠は左右非相称[3]、長さ約2 cmで、筒部は薄緑色[9]。上唇は先がくちばし状に細長く尖る[9]。下唇葉浅く3裂し、中裂片はごく小さい[9]雄蕊は4本、雌蕊は1本[4]は無毛[2]、卵状の筒形で長さ約4 mm[4]。花期は8-9月[3][6]蒴果は3角状狭披針形で、先が尖り、長さ12 mm、幅3 mmで、萼の約3倍[7]種子は紡すい形で突起が付く[4]

分布と生育環境編集

日本固有種[9]本州中部地方[6]秩父山地金峰山飛騨山脈南部、八ヶ岳木曽山脈赤石山脈)のやや狭い範囲に[4]分布する[3][9]基準標本御嶽山のもの[3][9]ヒマラヤから中国西部にかけて分布する同の種(Pedicularis gracilis)と類縁であると見られていて、古くに日本に渡来して分化した種である[7]

 
深山の亜高山帯針葉樹林の林下に生育するセリバシオガマ

[6]亜高山帯針葉樹林の林下に生育する[9]

種の保全状況評価編集

日本では以下の都道府県レッドリストの指定を受けている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “セリバシオガマ”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2017年12月31日閲覧。
  2. ^ a b 前沢 (1970)、136頁
  3. ^ a b c d e f 清水 (2014)、329頁
  4. ^ a b c d e f g h 小野 (1987)、27頁
  5. ^ 久保田 (2007)、78頁
  6. ^ a b c d 林 (2009)、188頁
  7. ^ a b c 佐竹 (1981)、116頁
  8. ^ 佐竹 (1981)、115頁
  9. ^ a b c d e f g h i j k 豊国 (1988)、183頁
  10. ^ レッドリストあいち2015ダウンロード(PDFファイル) (PDF)”. 愛知県. pp. 9. 2017年12月31日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集