メインメニューを開く

ソウルイーランドフットボールクラブは、大韓民国サッカークラブ。

ソウルイーランドFC
原語表記 서울 이랜드 FC
創設年 2014年
所属リーグ Kリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン ソウル特別市
ホームスタジアム ソウルオリンピック主競技場
収容人数 69,950(総合)
監督 大韓民国の旗 金鉉洙
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

チーム概要編集

2014年4月大韓民国の財閥、イーランドグループが、Kリーグチャレンジ(韓国サッカーリーグ2部)への加盟を目指した創立意向書を韓国サッカー連盟に提出し、2015年から同リーグへの加盟が認められた[1]

ホームタウン(縁故地)はソウル特別市で、本拠地はソウルオリンピック主競技場(あるいは 蚕室総合運動場陸上競技場; 7万人収容 1988年ソウルオリンピック主会場)だ。ただ、競技場の陸上トラックの上に可変座席を据え付けており、実際には5,216席が運用中である。

2019シーズンは蚕室総合運動場が第100回韓国全国民体育大会のため4~6月中、その後の障害者体育大会のため8月以降の競技場使用の見通しが立たず、その間のホームゲームをソウルから約80km離れた忠清南道天安市天安総合運動場にて開催することになった[2]

初代監督はスコットランド人であるマーティン・レニーが選任された。

参入初年度の2015年の選手登録機関に金永光金在成趙源熙などサッカー大韓民国代表出身受給した一方、ジャマイカ代表ライアン・ジョンソン、U-20日本代表カレン・ロバートトリニダード・トバゴ代表カルアイル・ミチェルなど以外の代表出身選手も登録した。レギュラーシーズンでは4位となったが、Kリーグクラシックへの昇降格プレーオフは勝ち抜けなかった。

2016年には6位となって得失差のため、釜山アイパークによってKリーグクラシックへの昇降格プレーオフへの進出失敗を経験した。

2017年は8位だった。

2018年シーズンは観客動員にも伸び悩み、成績も低迷。最下位に終わる。

2019年シーズン、巻き返しをするべく、蔚山現代FCにも所属歴がある元日本代表の増田誓志などを獲得。

過去の成績編集

シーズン ディビジョン 韓国FAカップ
リーグ 順位
2015 Kリーグチャレンジ 40 16 13 11 69 58 +11 61 4位 ベスト32
2016 Kリーグチャレンジ 40 17 13 10 47 35 +12 64 6位 ベスト32
2017 Kリーグチャレンジ 36 7 14 15 42 55 -13 35 8位 3回戦敗退
2018 Kリーグ2 36 10 7 19 30 52 −22 37 10位 3回戦敗退
2019 Kリーグ2

現所属メンバー編集

2018年5月30日現在
No. Pos. 選手名
1   GK キ厶・ヨンクァン
2   DF チョエ・ホジョン
3   DF カム・ハンソル
4   MF キ厶・ジュンテ
5   MF キ厶・テス
6   DF チョエ・ビョンド
7   FW チョエ・オベック
10   MF 高侘元
11   FW シム・クァンウック
14   DF クム・キョジン
15   DF チョ・ヒャンキ
16   FW 趙傑鎬
17   MF イ・ドソン
18   GK イ・サンギ
19   FW キ厶・ヒョンキュ
21   MF キ厶・ソンジュ
22   DF チョン・ミンクァン
23   MF チョエ・チウォン
No. Pos. 選手名
24   DF キ厶・ヨンス
28   DF ユ・チフン
29   FW チュ・ハンソン (大邱FCから期限付き移籍)
30   DF イ・イェチャン
31   GK アン・チヒョン
33   MF チョン・ヒウン
34   FW キ厶・ヒウォン
35   FW チョ・ヨンテ
36   DF キ厶・チフン
50   DF アン・ジェフン
55   DF キ厶・ジェヒョン
66   MF キ厶・チャンウック
70   FW アレックス
80   MF キ厶・テクァン
87   FW シム・ヨンソン
88   MF コ・ミンヒョック
93   DF チョン・キソン
監督
  •   In Chang-soo

歴代監督編集

歴代所属選手編集

出典編集

外部リンク編集