メインメニューを開く

ザラスシュトラ

ゾロアスター教の開祖
ゾロアスターから転送)
ラファエロ作『アテナイの学堂』(部分)。天空儀を持っている人物がザラスシュトラ

ザラスシュトラアヴェスター語Zaraθuštraペルシア語: Zartošt ,زرتشت‎、紀元前13世紀?~紀元前7世紀?は、ゾロアスター教の開祖。古代アーリア人の宗教の神官。その生涯については謎が多い。

ニーチェツァラトゥストラはこう語った』の影響で「ツァラトゥストラ」としても有名だが、これはペルシア語での呼称をドイツ語読みしたものである。日本語では英語名の転写ゾロアスターZoroaster)の名で知られるが、これは古代ギリシア語での呼称であるゾーロアストレースΖωροάστρης, Zōroastrēs)に由来する。

経歴編集

ザラスシュトラはハエーチャスパ族の神官一族スピターマ家に生まれた。しかしいつどこで生まれたのか、詳しい事は分かっていない。アヴェスタ語の言語年代学からは前1750年から前1500年にかけて、また前1400年から前1200年にかけて、イランの伝統では前570年頃、パールシーでは前6000年より以前[1]古代ギリシアの歴史家の伝聞記述では前660年[2]の誕生ともされる。出生地についてはアゼルバイジャン説・シスターン説・中央アジア説があり、定かではない[3]。ギリシア人はアケメネス朝ペルシアの知識人を通じてザラスシュトラを知って文献記録を残したが、これは紀元前4世紀頃の段階での伝承が確認できるもので史料価値が高い[4]

ザラスシュトラは「原イラン多神教[3]」とも呼ばれる宗教の神官階級として呪文に精通していたと見られている。20歳のときに原イラン多神教に反旗を翻し、一族を離れて旅に出た。いたるところで原イラン多神教の神官たちから嫌われ、一箇所に定住することができず、部族から部族を行き巡ったという[5]

放浪生活で唯一回収させることができたのは従兄のマドヨーイモーンハだけだった。しかし42歳の時、オラナタ族の王カウィ・ウィーシュタースパによって取り立てられ、世俗権力の後ろ盾を得た。これによって原イラン多神教の神官団は追放され、ザラスシュトラは生活の糧と宗教権力を手に入れた。さらにザラスシュトラは宰相フラシャオシュトラの娘を娶り、フラシャオシュトラの弟ジャーマスパに自分の娘を嫁がせ、権力基盤を固めた[5]。このようにして行われたザラスシュトラの「宗教改革」によって、新たに倫理観に裏付けされた二元論・終末論を軸とした一神教的な「原ゾロアスター教」と呼ばれる信仰体系が誕生した[3]。周辺の部族はオラナタ族が怪しげな新興宗教に改宗したことに反発し、何度か戦争が行われたが、オラナタ族が勝利してザラスシュトラの正しさが証明されたとされる。その後、ザラスシュトラは礼拝中に暗殺されたとも伝えられている。既存の宗教・政治勢力を覆したため恨みを買う要素は大いにあったと思われる。ザラスシュトラの死後も教団は世俗権力の後ろ盾のもと、娘婿のジャマースパに引き継がれた。ジャマースパは原ゾロアスター教の急進的な教義をより原イラン多神教寄りに修正した[5]

教え編集

ザラスシュトラの本来の教えは、イランの神話的聖典である『アヴェスター』内の「ガーサー英語版(韻文讃歌)」部分の記述がそれに相当すると考えられる。インドの『リグ・ヴェーダ』などとの言語学的比較から、ガーサー[6]紀元前15世紀頃から紀元前13世紀頃に成立したと考えられる。ここからメアリー・ボイス英語版などは、ザラスシュトラの生存した年代をこの期間のいずれかに比定している。

一神教を最初に提唱したともいわれるが、ゾロアスター経典の中には古代アーリア人に共通する多くの神々が登場する。したがって、正確には「数多くの神々の中から、崇拝に値する神をアフラ・マズダーだけとした」人物である。その教えは、ユダヤ教キリスト教などに影響を及ぼした。

ザラスシュトラの教えは、後にゾロアスター教としてまとまった宗教体系となるが、ザラスシュトラの教えが述べられているとされる聖典『アヴェスター』が文字で記録されたのは後3世紀サーサーン朝ペルシアの時代である。この時代には、ペルシア語は中世ペルシア語となっており、アヴェスター語とも呼ばれる古代ペルシア語はこの当時すでに解読が困難であった。特にその最古層に属するガーサー部分は、今日でも解釈に異論があり確かなことが分からない。ザラスシュトラ自身の教えの言葉が含まれるとされるガーサーは古代ペルシア語の方言で記されており、一層解読に問題がある。

ザラスシュトラの教え自体は生前すでに大きな影響力を持ち、口伝で『アヴェスター』及びその教えや儀式は伝わっていった。アケメネス朝ペルシアの王たちはアフラ・マズダーに帰依したが、その帝国住民に強制することはしなかった。このような状態は、アケメネス朝を滅ぼしたアレクサンドロス大王の後のギリシア人の王朝であるセレウコス朝シリア、そして再びペルシア人自身の王国となったアルサケス朝ペルシア(パルティア)においても同様であった。ただ、アルサケス朝では、国教化への準備とも言える、『アヴェスター』の文字化や儀式・祭礼の文書化などが試みられていた。

アルダシール1世による突然のアルサケス朝の転覆と、それに続くサーサーン朝ペルシアの成立においてマニ教を弾圧した大神官キルディール(カルティール)などの活躍により、3世紀半ばになってゾロアスター教はサーサーン朝の国教となった。400年後、イスラム教の成立とイスラム帝国の勢力拡大によりサーサーン朝は滅び、ゾロアスター教はイスラム教に取って代わられる。しかし、ザラスシュトラの教えはイスラム教内部にも浸透しており、シーア派などにもザラスシュトラの教えとされる思想が認められる。

ザラスシュトラ伝説編集

ゾロアスター教の衰退後、ザラスシュトラへの崇敬はイスラム教徒に引き継がれた。ゾロアスター教の狭義とは異なる隠された「光の叡智」を唱えた神秘的な存在として、大いにイスラム教徒たちの間で尊敬された。この虚構のイメージは東ローマ帝国やルネサンス期の西ヨーロッパに伝わった[7]

ルネサンス期、新プラトン主義者にとっては、ゾロアスターはプラトン主義哲学とキリスト教信仰の源流となる人物であるとされた。さらに2世紀の偽書もゾロアスターの著作とされたことで、「バビロニア占星術の大家、プラトン主義哲学の祖、キリスト教の先駆者、マギの魔術の実践者」という荒唐無稽なイメージが付与されることとなった。このようにオカルト化されたゾロアスター像は肥大化し、様々な知識の最高の体現者とみなされ、人智学にも影響を与えた。18世紀、パールシーたちの伝えてきた文献がヨーロッパにもたらされたことで、知識人たちはゾロアスターの叡智が垣間見えると期待したが、そこには古代の呪文しか書かれていなかった。これによりザラスシュトラの実像に迫ることができるようになったが、その後もゾロアスター像は変遷を遂げ、フリードリヒ・ニーチェが自著『ツァラトゥストラはこう語った』に自らの思想を仮託したり、ナチスがアーリア民族の偉人として位置づけるなど、様々な立場から利用された。これらの見方は日本人のザラスシュトラに対するイメージに大きな影響を与えている[8]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ Boyce, Mary (1975), History of Zoroastrianism, Vol. I, Leiden: Brill Publishers
  2. ^ 『物語 イランの歴史』p.46 宮田律 中公新書 2002年9月25日刊
  3. ^ a b c 原イラン多神教と嘴形注口土器
  4. ^ ただし「5千年以上前にバビロンピュタゴラスに秘教を伝授した」等の神話的な異説も混在しておりすべてが正確なわけではない。
  5. ^ a b c 青木健『ゾロアスター教』講談社〈講談社選書メチエ〉、2008年3月。ISBN 4062584085 38-40ページ。
  6. ^ サンスクリット語では、「ガーター」(諷頌)がこれに対応する
  7. ^ 青木(2008)p.176-180
  8. ^ 青木(2008)p.188-199

参考文献編集

関連項目編集