メインメニューを開く

ダニエル・デビッド・ノリスDaniel David Norris, 1993年4月25日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州ジョンソンシティ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBデトロイト・タイガース所属。

ダニエル・ノリス
Daniel Norris
デトロイト・タイガース #44
Daniel Norris (39980571260) (cropped).jpg
デトロイト・タイガース時代
(2018年4月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ジョンソンシティ
生年月日 (1993-04-25) 1993年4月25日(26歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト2巡目(全体74位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2014年9月5日 ボストン・レッドソックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

ブルージェイズ時代編集

 
トロント・ブルージェイズ時代
(2015年4月10日)

2011年MLBドラフト2巡目(全体74位)でトロント・ブルージェイズから指名され、8月15日に契約。

2012年アパラチアンリーグのルーキー級ブルーフィールド・ブルージェイズ英語版でプロデビュー。11試合に登板し、2勝3敗、防御率7.97だった。8月にA-級バンクーバー・カナディアンズへ昇格。2試合に登板し、0勝1敗、防御率10.57だった。

2013年はA級ランシング・ラグナッツで23試合に登板し、1勝7敗、防御率4.20だった。8月にA+級ダニーデン・ブルージェイズへ昇格し、1試合に登板した。

2014年はA+級ダニーデンで開幕を迎え、13試合に登板。6勝0敗・防御率1.22と好投し、6月にAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツへ昇格。AA級では8試合に登板し、3勝1敗、防御率4.54だった。8月にAAA級バッファロー・バイソンズへ昇格。5試合に登板し、3勝1敗・防御率3.18だった。8月31日にブルージェイズとメジャー契約を結び、9月2日にメジャーへ昇格[1]9月5日ボストン・レッドソックス戦でメジャーデビュー。1点リードの7回裏2死から登板し、デビッド・オルティーズを三振に抑え、初ホールドを記録した[2]。その後もリリーフとして登板し、シーズン最終登板となった9月25日シアトル・マリナーズ戦では初先発を果たした。しかし4回表に一・二塁のピンチを招き降板した[3]。この年は5試合に登板し、防御率5.40だった。

2015年は5試合に先発登板し、防御率3.86・1勝1敗という成績を残した。

タイガース時代編集

2015年7月30日にデビッド・プライスとのトレードで、マット・ボイドハイロ・レイバート英語版と共にデトロイト・タイガースへ移籍[4][5]。タイガース移籍後は8試合に先発登板し、防御率3.68・2勝1敗という成績に加え、移籍前より約0.50低いWHIP1.01をマークした。2チーム計の成績は、13試合の先発登板で防御率3.75・3勝2敗・19四球・45奪三振という内容だった。

2016年は14試合中13試合に先発登板した。防御率3.38・4勝2敗・奪三振率9.2という好成績を残し、スターターとして前年よりレベルアップしている事を証明した。

2017年は22試合中18試合に先発登板したが、防御率5.31・5勝8敗・WHIP1.61と前年から大きく成績を落としてしまった。

人物編集

贅沢な物は必要ないという考えから、家やガレージは持たずに、ドラフトで手にした契約金で購入したフォルクスワーゲンのバンにソーラーパネルやベッドを設置し生活している[6]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2014 TOR 5 1 0 0 0 0 0 0 1 ---- 30 6.2 5 1 5 0 0 4 0 0 4 4 5.40 1.50
2015 5 5 0 0 0 1 1 0 0 .500 103 23.1 23 3 12 0 2 18 2 0 11 10 3.86 1.50
DET 8 8 0 0 0 2 1 0 0 .667 148 36.2 30 6 7 0 0 27 1 0 20 15 3.68 1.01
'15計 13 13 0 0 0 3 2 0 0 .600 251 60.0 53 9 19 0 2 45 3 0 31 25 3.75 1.20
2016 14 13 0 0 0 4 2 0 0 .667 302 69.1 75 10 22 0 0 71 1 0 30 26 3.38 1.40
2017 22 18 0 0 0 5 8 0 0 .385 460 101.2 120 12 44 3 3 86 1 0 64 60 5.31 1.61
2018 11 8 0 0 0 0 5 0 0 .000 200 44.1 46 8 19 0 2 51 2 1 28 28 5.68 1.47
2019 32 29 0 0 0 3 13 0 0 .188 610 144.1 154 25 38 0 4 125 5 0 75 72 4.49 1.33
MLB:6年 97 82 0 0 0 15 30 0 1 .333 1853 426.1 453 65 147 3 11 382 12 1 232 215 4.54 1.41

年度別守備成績編集



投手(P)












2014 TOR 5 0 2 0 0 1.000
2015 5 0 5 0 0 1.000
DET 8 3 3 0 1 1.000
'15計 13 3 8 0 1 1.000
2016 14 4 4 1 0 .889
2017 22 3 14 0 0 1.000
2018 11 2 2 0 0 1.000
2019 32 6 14 2 0 .909
MLB 97 18 44 3 1 .954
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 32 (2014年 - 2015年途中)
  • 44 (2015年途中 - )

脚注編集

  1. ^ Blue Jays Roster Moves”. MLB.com Blue Jays Press Release (2014年9月2日). 2015年1月10日閲覧。
  2. ^ Scores for Sep 5, 2014”. ESPN MLB (2014年9月5日). 2015年1月10日閲覧。
  3. ^ Scores for Sep 25, 2014”. ESPN MLB (2014年9月25日). 2015年1月10日閲覧。
  4. ^ ブルージェイズがまた電撃トレード!! タイガースからD.プライスを獲得”. ISM (2015年7月31日). 2015年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月2日閲覧。
  5. ^ Tigers trade David Price to Blue Jays”. ESPN (2015年7月30日). 2015年8月1日閲覧。
  6. ^ 川崎の同僚投手の車上生活が話題に 「贅沢なものは必要ない」”. Full-count (2015年2月7日). 2015年5月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集