第54回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞

第54回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(だい54かいダヴィッド・ディ・ドナテッロしょう)の授賞式は、 2009年5月8日ローマで行われた。

ノミネートは2009年4月9日に発表された。『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』が最多16件のノミネートを獲得し、『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』と『ゴモラ』がそれぞれ最多7部門で受賞した。

受賞とノミネート一覧 編集

太字が受賞者。

作品賞 編集

監督賞 編集

新人監督賞 編集

  • ジャンニ・ディ・グレゴリオ(『Pranzo di ferragosto』)
  • マルコ・アメンタ(『運命に逆らったシチリアの少女』[5]
  • ウンベルト・カルテーニ(『Diverso da chi?』)
  • トニー・ディアンジェロ(『Una notte』)
  • マルコ・ポンテコルヴォ(『パ・ラ・ダ』[5]

脚本賞 編集

プロデューサー賞 編集

主演女優賞 編集

主演男優賞 編集

助演女優賞 編集

助演男優賞 編集

撮影監督賞 編集

作曲賞 編集

オリジナル歌曲賞 編集

  • Herculaneum - 歌:ロバート・デル・ナジャ、ニール・ダヴィッジ(『ゴモラ』)
  • Il cielo ha una porta sola - 歌:ビアージョ・アントナッチ(『恋するローマ 元カレ/元カノ』)
  • Piangi Roma - 歌:Baustellefeat、ヴァレリア・ゴリーノ(『ジュリアは夕べに出かけない』)
  • Per fare a meno di te - 歌:ジョルジア(『ただ、ひとりの父親』)
  • Senza farsi male - 歌:カルメン・コンソーリ(『L'uomo che ama』)

美術賞 編集

衣装デザイン賞 編集

メイクアップ賞 編集

ヘアスタイリスト賞 編集

編集賞 編集

  • マルコ・スポレティーニ(『ゴモラ』)
  • エスメラルダ・カラブリア(『ジュリアは夕べに出かけない』)
  • ルチアーナ・パンドルフェッリ(『恋するローマ 元カレ/元カノ』)
  • クリスティアーノ・トラヴァリオーリ(『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』)
  • チェチーリア・ザヌーゾ(『人生、ここにあり!』)

録音賞 編集

特殊視覚効果賞 編集

  • ニコラ・ズガンカ、ロドルフォ・ミリアリ(Vision)(『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』)
  • EDI(『Come Dio comanda』)
  • Frame by Frame(『I demoni di San Pietroburgo』)
  • ジュゼッペ・スクイラチ(『Italians』)
  • Proxima(『見わたすかぎり人生』)

長編ドキュメンタリー賞 編集

  • Rata nece biti (La guerra non ci sarà)(監督:ダニエーレ・ガリャノーネ)
  • 211: Anna(監督:ジョヴァンナ・マッシメッティ、パオロ・セルバンディーニ)
  • Come un uomo sulla terra(監督:アンドレア・セグレ、ダグマウィ・イマー、リッカルド・ビアデーネ)
  • Diario di un curato di montagna(監督:ステファノ・サヴェリオーニ)
  • Non tacere(監督:ファビオ・グリマルディ)

短編映画賞 編集

  • レフェリー L'arbitro(監督:パオロ・ズッカ)
  • L'amore è un gioco(監督:アンドレア・ロヴェッタ)
  • Bisesto(監督:ジョヴァンニ・エスポジート、フランチェスコ・プリスコ)
  • Cicatrici(監督:エロス・アキアルディ)
  • La Madonna della frutta(監督:パオロ・ランディ)

EU映画賞 編集

外国映画賞 編集

ヤング・ダヴィッド賞 編集

  • 人生、ここにあり! Si può fare(監督:ジュリオ・マンフレドニア)
  • 恋するローマ 元カレ/元カノ Ex(監督:ファウスト・ブリッツィ)
  • パ・ラ・ダ PA-RA-DA(監督、マルコ・ポンテコルヴォ)
  • 運命に逆らったシチリアの少女 La siciliana ribelle(監督:マルコ・アメンタ)
  • ただ、ひとりの父親 Solo un padre(監督:ルカ・ルチーニ

ダヴィッド特別賞 編集

脚注 編集

  1. ^ イタリア映画祭2009上映時タイトルは『イル・ディーヴォ』。 http://www.asahi.com/italia/2009/works.html
  2. ^ イタリア映画祭2010上映時タイトルは『元カレ/元カノ』。 http://www.asahi.com/italia/2010/works.html
  3. ^ イタリア映画祭2009上映時タイトルは『やればできるさ』。 http://www.asahi.com/italia/2009/works.html
  4. ^ イタリア映画祭2009上映時タイトルは『ジョヴァンナのパパ』。 http://www.asahi.com/italia/2009/works.html
  5. ^ a b イタリア映画祭2009にて上映。 http://www.asahi.com/italia/2009/works.html
  6. ^ イタリア映画祭2010にて上映。 http://www.asahi.com/italia/2010/works.html
  7. ^ イタリア映画祭2008にて上映。 http://www.asahi.com/italia/2008/works.html

外部リンク 編集