ダーバーDurbar)はフランスサラブレッド。同世代の中でフランスの最強馬ではなかったが[注 2]、渡英してイギリスダービーに挑み、3馬身差で勝った。ダーバーの祖先にはイギリスの血統書に登録されていない馬が含まれていることから、その血統を巡って論争が起きた。ダーバーは第一次世界大戦のために、競走からの引退を余儀なくされた。

ダーバー
Cheval Durbar (15407622671) (cropped).jpg
フランスへ凱旋帰国したダーバー
欧字表記 Durbar
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1911年
死没 1932年
Rabelais
Armenia
生国 フランスの旗 フランス
生産 Herman B. Duryea
馬主 Herman B. Duryea
調教師 Tom Murphy
競走成績
生涯成績 13戦5勝
勝ち鞍 英ダービー(1914)
サンクルー賞[注 1](1914)
ノアイユ賞(1914)
テンプレートを表示

なおダーバーは、イギリスやアメリカに同名馬がいたので、英語文献では「ダーバーIIDurbar II)」と表記されることが多い。

背景編集

ダーバーは体高[注 3]15.3ハンド(61.2インチ≒155.45センチメートル)で、三白流星[注 4]のサラブレッドである。アメリカ人のハーマン・B・デュリエ(en:Herman B. Duryea)がフランスで生産し、デュリエがそのまま馬主となった。

デュリエはニューヨークで競走馬の生産と所有を行っていたが、1908年にニューヨーク州で賭博を禁止する法律(ハート=アグニュー法)が成立して多くの競馬場が閉鎖を余儀なくされたために、仲間とともにヨーロッパへ競馬の本拠を移したのだった[1]

アメリカ血統の流入に対抗するため、すぐにイギリスの競馬界はジャージー規則という新しい規程を設けた。これは、その馬の血統表に登場する全ての祖先馬がイギリスのジェネラルスタッドブックに収録されている馬に遡ることができなければ、その馬をサラブレッドと認めない、というもので、アメリカで成功している多くの競走馬が該当するものだった[2]。ダーバーの母アーミニア(Armenia)には血統不詳の祖先馬がいるため、ダーバーはジャージー規則に抵触し、「半血」の烙印を押されることになった[3]

競走馬時代編集

2歳時(1913年)編集

ダーバーは1913年に4戦し、いくらか能力の片鱗を見せたものの、勝ちを得られなかった。4着が2回と、この年の最終戦であるプレステージュ賞(Prix Prestige)で3着したのが最高の成績だった。

3歳時(1914年)編集

ダーバーの1914年の春シーズンは非常に使い詰めのスケジュールで、フランス国内で6戦した。

まずは2000メートルの競走を2連勝し、ラグランジュ賞に挑んだ。ラグランジュ賞(Prix Lagrange)はサルダナパルが勝ち、ダーバーは2着に入った。次にダーバーはビエンナル賞(Prix Bienniale)を勝ち、ノアイユ賞(2400メートル)も勝った。次走は距離が短くなって1600メートルのプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)に出たものの、スタートで後手を踏んで着外に敗れた。

このあと、ダーバーはイギリスダービーを目指してエプソム競馬場へ向かった。ダービーには、史上最多の部類になる30頭が出走し、ダーバーの単勝馬券は21倍になった。出走馬がこれほど増えたのは、「ダメもと[注 5]」で登録した馬の登録料の合計が巨額になったからで、それを狙って「ダメもと」で出走するものが多かったからだと、当時の新聞は伝えている[4][注 6]

前年(1913年)のダービーでは、女性参政権論者エミリー・デイヴィソンが競走中に乱入し、最終コーナーで国王所有のアンマー(Anmer)の頭絡を掴んで落馬させるという事件が起きたが[注 7]、1914年のダービーも女性参政権論者のエイダ・ライス(Ada Rice)の妨害によってスタートが大幅に遅延した[6]。この女性参政権論者は、ダービーの発走寸前に、走路を警備していた警官の足を銃撃した。空砲だったが、警官の制服が焦げ、警官は軽傷を負った。このために発走が20分以上も遅れた。2000ギニーの優勝馬でダービーでも本命になっていたケニーモア(Kennymore)は気性の荒い馬で、さんざん待たされたせいでイレ込んでしまい、他馬を蹴り始めた[1]

ダーバーの騎手は、フランスを本拠とするアメリカ人騎手のマット・マクギー(Matt MacGee)だった[7]。マクギー騎手は、道中半ばでダーバーを先頭に立たせると、そのまま3馬身差で逃げ切った[8]。2着と3着にも人気薄のハプスブルグ(Hapsburg、単勝34倍)とピーターザハーミット(Peter the Hermit、単勝101倍)[9]が飛び込んで大波乱となり、競馬場の大観衆は声も出せずに固まったままだった。勝ったダーバーはフランス産馬でフランス調教馬だったが、馬主がアメリカ人だったので、アメリカではアメリカ馬が優勝したかのように沸き返った[10]

エプソムでの勝利の後、ダーバーはフランスへ帰国して2度出走したが、ダーバーは優れた馬であることは示したものの、フランスの最強クラスには劣るという印象を固めることになった。というのも、シャンティイ競馬場でのフランスダービーではサルダナパルの前に4着に敗れ、続くロンシャン競馬場でのパリ大賞典ではサルダナパルとラファリナの前に3着に沈んだのである[11]。パリ大賞典当日(1914年6月28日)、貴賓席で観戦中のフランス大統領レイモン・ポアンカレのもとに、1通の電報が届き、それを見た大統領は執務室に戻ると、貴賓席には戻らなかった。その電報はボスニア・ヘルツェゴビナの外交官から送られてきたもので、この日、オーストリア=ハンガリー帝国皇太子夫妻が暗殺されたこと(サラエボ事件)を急報してきたのである。まもなく第一次世界大戦が始まり、フランス国内の競馬は取りやめになった。ダーバーもこれが最後の出走になった。

ダーバーは、アフリカ系アメリカ人の馬丁に護られてパリからノルマンディーへ避難した。ダーバーは星条旗に身を包み、次のような但し書きが添えられていた。

英国ダービー優勝馬ダーバーである。本馬は中立である。(This is Durbar II, the English Derby winner. He is neutral)[12]

評価編集

ジョン・ランダル(John Randall)とトニー・モリス(Tony Morris)の共著『チャンピオンの世紀(A Century of Champions)』では、ダーバーはイギリスダービー馬としては標準的な部類に入ると評価された[13]

種牡馬時代編集

ダーバーは、ひとまずノルマンディー地方のヌヴィー=オー=ウルム(Neuvy-au-Houlme)にある、馬主のデュリエが所有するギャゾン牧場(Haras du Gazon[注 8])に繋養された。1924年にアメリカへ送られ、ケンタッキー州パリスにあるクレイボーンファームに移動した。1931年に再びメリーランド州ベル・エアにあるプロスペクト・ヒル牧場(Prospect Hill Stud)に移った。

ダーバーのヨーロッパでの代表産駒には、レビアRebiaフランス1000ギニー優勝)、ダーバンDurbanヴェルメイユ賞)、スカラムッシュ(Scaramouche、フォレ賞)がいる。このうちダーバンはトウルビヨンを産み、トウルビヨンは種牡馬として大成功した。スカラムッシュは牡馬の中では最も活躍した産駒で、フランスでフォレ賞、ラロシェト賞など8勝(獲得賞金393,310フラン)をあげ、種牡馬としてパンタロン(Pantalon)を出した。パンタロンは南米で種牡馬として成功し、なかでもタロン(Talon)はアルゼンチンでブエノスアイレスジョッキークラブ賞を勝ち、のちにアメリカに渡ってサンタアニタハンデサンアントニオハンデに勝った[14]

アメリカに渡ったあとのダーバーはこれといった活躍馬は出さないまま、21歳で死んだ[14]

血統表編集

ダーバー血統セントサイモン系 (血統表の出典)

Rabelais
アイルランド産 1900年生
父の父
St.Simon
1881
Galopin Vedette
Flying Duchess
St.Angela King Tom
Adeline
父の母
Satirical
1891
Satiety Isonomy
Wifey
Chaff Wild Oats
Celerrima

Armenia
アメリカ産 1901年生
Meddler
1890
St. Gatien The Rover
St. Editha
Busybody Petrarch
Spinaway
母の母
Urania
1892
Hanover Hindoo
Bourbon Belle
Wanda Mortemer
Minnie Minor F-No.A4


脚注編集

参考文献編集

  • 『ダービー その世界最高の競馬を語る』アラステア・バーネット、ティム・ネリガン著、千葉隆章・訳、(財)競馬国際交流協会刊、1998
  • 『サラブレッドの世界』サー・チャールズ・レスター著、佐藤正人訳、サラブレッド血統センター刊、1971

注釈編集

  1. ^ サンクルー大賞典とは異なるので注意。
  2. ^ 同世代には、フランスの歴史的名馬サルダナパル(Sardanaple)やラファリナ(La Farina)がおり、ダーバーはこれらには敵わなかった。
  3. ^ ウマの肩の上までの高さ。首から上は含めない。
  4. ^ 「流星」は、ウマの顔の額から鼻にかけて白い模様があるもの。「三白」は四本の脚のうち、三本の脚先が白いもの。
  5. ^ ボストンイブニング紙の原文は「forlorn hopes」
  6. ^ この世代で、後世によく知られた馬はザテトラークである。ザテトラークは2歳の時に7戦無敗の強さをみせたが、3歳になると2000ギニーもダービーも怪我で出走できないまま引退した。
  7. ^ この1913年のダービーで「アンマーが乱入者に引き倒されたこと」はアクシデントの半分に過ぎなかった。最後の直線の混戦の中で、酷い進路妨害があったのだが、決勝審判は独断で加害馬(大穴)と被害馬(本命馬)を入れ替え、加害馬が優勝と判定した。その結果、本命馬の馬券は紙くずになり、100倍の大穴が勝利となってブックメーカーは大儲けをした。主催者はその場で判定を「確定」と宣言してしまったために、あとになって真相がわかっても判定は覆らなかったが、この事件以降、イギリスの競馬主催者は「確定」という表現を使わなくなった。[5]
  8. ^ フランス語のgazonは「芝」というような意味。

出典編集

  1. ^ a b THE TURF”. Paperspast.natlib.govt.nz (1914年5月29日). 2014年11月19日閲覧。
  2. ^ Half-Bred Foundation Mares”. Tbheritage.com. 2014年11月19日閲覧。
  3. ^ Durbar II”. Tbheritage.com. 2014年11月19日閲覧。
  4. ^ Investigate Derby scandal”. Boston Evening Transcript. 2014年11月19日閲覧。
  5. ^ 『ダービー その世界最高の競馬を語る』p83-88「もっとも不運な牡駒」
  6. ^ A SPECTACULAR POINT OF VIEW”. Paperspast.natlib.govt.nz (1914年5月29日). 2014年11月19日閲覧。
  7. ^ Horseracing History Online - Person Profile : Matthew MacGee”. Horseracinghistory.co.uk. 2012年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月19日閲覧。
  8. ^ ENGLISH DERBY”. Paperspast.natlib.govt.nz (1914年5月29日). 2014年11月19日閲覧。
  9. ^ Duryea's colt, Durbar II wins English Derby race”. Warsaw Union. 2014年11月19日閲覧。
  10. ^ American Nag wins the English Derby”. Telegraph-Herald. 2014年11月19日閲覧。
  11. ^ FRENCH RACING”. Paperspast.natlib.govt.nz (1914年6月29日). 2014年11月19日閲覧。
  12. ^ Wraps American flag round two race horses”. Reading Eagle. 2014年11月19日閲覧。
  13. ^ Randall, J and Morris, T. Portway Press, 1999, p. 205
  14. ^ a b 『サラブレッドの世界』p285-290「1914 ダーバーII」

関連項目編集