メインメニューを開く

チャタヌーガ・ルックアウツ

チャタヌーガ・ルックアウツChattanooga Lookouts)はアメリカ合衆国テネシー州チャタヌーガに本拠地をおくマイナーリーグの野球チーム。

チャタヌーガ・ルックアウツ
Chattanooga Lookouts

テネシー州チャタヌーガ
創設: 1885年
所属リーグ
  • Double-A (1885 - )
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • チャタヌーガ・ルックアウツ (1885 - )
歴代本拠地

収容人員: 6,340人

  • エンゲル・スタジアム (1930 - 1999)
  • クラントン・ボウル (1943)
獲得マイナーリーグタイトル
リーグ優勝 1932・1939・1952・1961
1988
地区優勝 1988・1992・2014
オーナー: フランク・バーク, ダニエル・バーク, チャールズ・エシュバック
GM: リッチ・モジンゴ
監督:

メジャーリーグミネソタ・ツインズ傘下AA級チームで、サザンリーグに所属している。2008年まではシンシナティ・レッズ傘下だった。2009年からロサンゼルス・ドジャース傘下となった。本拠地球場はAT&Tフィールド。チーム名はテネシー州南部にあるルックアウト山(Lookout Mountain)にちなむ。

1931年4月2日、エキシビジョン試合でニューヨーク・ヤンキースと対戦。当時17歳の女子野球選手ジャッキー・ミッチェルJackie Mitchell)がルックアウツの先発投手として登板し、ベーブ・ルースルー・ゲーリッグから三振を奪ったことで有名になった。

歴史編集

2014年9月17日にミネソタ・ツインズと4年契約を結んだ[1]

脚注編集

  1. ^ Chattanooga Lookouts, Twins announce four-year player development agreement”. MLB.com Twins Press Release (2014年9月17日). 2014年12月23日閲覧。

外部リンク編集