スコット・アンソニー・シェブラーScott Anthony Schebler, 1990年10月6日 - )は、アメリカ合衆国アイオワ州リン郡シーダーラピッズ出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。MLBシンシナティ・レッズに所属。愛称はシャブ[1]

スコット・シェブラー
Scott Schebler
シンシナティ・レッズ #43
DSC 0129 Scott Schebler.jpg
シンシナティ・レッズ時代
(2016年8月3日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アイオワ州リン郡シーダーラピッズ
生年月日 (1990-10-06) 1990年10月6日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
208 lb =約94.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト26巡目(全体802位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2015年6月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとドジャース時代編集

2010年MLBドラフト26巡目(全体802位)でロサンゼルス・ドジャースから指名され、8月16日に契約[2]。この年は傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ドジャースで5試合に出場し、打率.294・1打点・1盗塁だった。

2011年パイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版で70試合に出場し、打率.285・13本塁打・58打点・1盗塁だった。

 
A級グレートレイクス時代
(2012年4月6日)

2012年はA級グレートレイクス・ルーンズで137試合に出場し、打率.260・6本塁打・67打点・17盗塁だった。

2013年はA+級ランチョクカモンガ・クエークスで125試合に出場し、打率.296・27本塁打・91打点・16盗塁だった。

2014年はAA級チャタヌーガ・ルックアウツで135試合に出場し、打率.280・28本塁打・73打点・10盗塁だった。6月にはサザンリーグのオールスターゲームに選出されている[3]。オフの 11月20日にドジャースとメジャー契約を結び[4]40人枠入りした。シーズン終了後からアリゾナ・フォールリーグに参加し、グレンデール・デザートドッグス英語版に加入。23試合の出場で、打率.310・2本塁打・12打点と活躍し、同リーグのオールスターチームに指名打者として選出された[5]

2015年はAAA級オクラホマシティ・ドジャースで開幕を迎え、6月5日にメジャー初昇格を果たした[6]。同日のセントルイス・カージナルス戦で7番・左翼手で先発起用されてメジャーデビューし、カルロス・マルティネスから初安打を放った[7]。ロースター拡大に伴って再昇格後の9月4日のサンディエゴ・パドレス戦ではジェームズ・シールズからメジャー初本塁打を放った[8]。メジャーでは19試合で9安打を放ち、うち3本が本塁打で長打率.500をマークしてパワーの片鱗をのぞかせた。なお、AAA級オクラホマシティでは121試合に出場し、打率.241・13本塁打・50打点・15盗塁という成績を記録。

レッズ時代編集

2015年12月16日にドジャース、シカゴ・ホワイトソックスシンシナティ・レッズの間の三角トレードで、ホセ・ペラザブランドン・ディクソンと共にレッズへ移籍した[9]

2016年は、ジェイ・ブルースの途中移籍やビリー・ハミルトンの離脱等の影響もあってか、主にライト外野手の控えとして起用された。82試合に出場して、打率.265・9本塁打・40打点・2盗塁・OPS0.762という、まずまずの成績を記録。守備面ではライトに入る機会が最も多く、41試合で1失策守備率.989・DRS + 4・UZR + 0.5と、安定した右翼守備を見せた。次いで18試合でセンターに入り、ここでは1失策・守備率.969・DRS - 4・UZR - 2.4と不安定な成績だった。そしてレフトでは、13試合で1失策・守備率.944・DRS - 2・UZR - 0.7と、ここでも不安定だった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2015 LAD 19 40 36 6 9 0 0 3 18 4 2 1 0 0 3 1 1 13 0 .250 .325 .500 .825
2016 CIN 82 282 257 36 68 12 2 9 111 40 2 4 0 0 19 2 6 59 5 .265 .330 .432 .762
2017 141 531 473 63 110 25 2 30 229 67 5 3 0 5 39 5 14 125 7 .233 .307 .484 .791
2018 107 430 380 55 97 19 0 17 167 49 4 2 0 2 39 1 9 99 5 .255 .337 .439 .777
2019 30 95 81 11 10 2 0 2 18 7 0 1 0 0 14 0 0 27 3 .123 .253 .222 .475
MLB:5年 379 1378 1227 171 294 58 4 61 543 167 13 11 0 7 114 9 30 323 20 .240 .318 .443 .760
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



左翼(LF) 中堅(CF) 右翼(RF)




































2015 LAD 7 10 0 0 0 1.000 - 6 8 0 0 0 1.000
2016 CIN 13 17 0 1 0 .944 18 30 1 1 0 .969 41 89 4 1 0 .989
2017 - 15 37 0 0 0 1.000 120 188 7 5 2 .975
2018 6 12 0 0 0 1.000 16 37 0 0 0 1.000 86 141 1 6 0 .959
2019 3 2 0 0 0 1.000 24 54 0 1 0 .982 1 1 0 0 0 1.000
MLB 29 41 0 1 0 .976 73 158 1 2 0 .988 254 427 12 12 0 .973
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 55 (2015年 - 同年途中)
  • 30 (2015年途中 - 同年終了)
  • 43 (2016年 - )

脚注編集

  1. ^ Explaining Reds Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月25日閲覧
  2. ^ “Dodgers sign first-round pick Zach Lee” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2010年8月17日), http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100817&content_id=13544378&vkey=pr_la&fext=.jsp&c_id=la 2016年1月6日閲覧。 
  3. ^ Sam Dykstra (2014年6月3日). “Southern League reveals 2014 All-Stars” (英語). MiLB.com. 2016年1月6日閲覧。
  4. ^ “Dodgers add Zach Lee, Chris Reed and Scott Schebler to 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2014年11月21日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/102034796/dodgers-add-zach-lee-chris-reed-and-scott-schebler-to-40-man-roster 2016年1月6日閲覧。 
  5. ^ Vince Lara-Cinisomo (2014年12月10日). “2014 AFL All-Star Team”. Baseball America. 2016年1月6日閲覧。
  6. ^ Johnson, Jeff (2015年6月5日). “C.R.'s Schebler gets call to the major leagues”. The Gazette. 2016年1月6日閲覧。
  7. ^ Cardinals rally vs. Dodgers to back Martinez”. MLB.com (2015年6月5日). 2016年1月6日閲覧。
  8. ^ Eric Stephen (2015年9月4日). “Dodgers beat Padres in home run derby”. SB Nation. 2016年1月6日閲覧。
  9. ^ Andrew Simon (2015年12月16日). “Reds add coveted Peraza as part of Frazier deal” (英語). MLB.com. 2016年1月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集