メインメニューを開く

チャド・ビリングズリー

チャド・ライアン・ビリングズリーChad Ryan Billingsley, 1984年7月29日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州ディファイアンス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在はフリーエージェント

チャド・ビリングズリー
Chad Billingsley
フリーエージェント(FA)
ChadBillingsley.JPG
ドジャース時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ディファイアンス
生年月日 (1984-07-29) 1984年7月29日(35歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト1巡目(全体24位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2006年6月15日
年俸 $1,500,000(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

ビリングズリーは2002年シェルブルックで行われたIBAF世界ジュニア選手権で3試合に投げ3勝0敗・防御率2.45という成績でアメリカ代表の銅メダル獲得に貢献[1]、デファイアンス高校時代の2003年には11試合で6勝1敗、防御率1.49で113奪三振という成績を残す。また56回を投げ四球は16個だった。

ドジャース時代編集

2003年MLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから1巡目(全体24番目)指名を受け、137万5000ドルで契約。ドラフト指名後、ルーキーリーグのオグデン・ラプターズで投げ5勝4敗・防御率2.83の成績でプロ1年目を終えた。

2004年はA級ベロビーチ・ドジャースに昇格し7勝4敗、防御率2.35。

2005年はAA級ジャクソンビル・サンズで13勝6敗・防御率3.51だった。

2006年シーズン開幕前にベースボール・アメリカ誌は、ビリングズリーをドジャースの最高若手有望株と評価した[2]。同年、AAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、6月15日ペトコ・パークでのサンディエゴ・パドレス戦でメジャーリーグデビュー。5.2回を投げ6安打、3奪三振、2失点という内容だった。またこの試合では初めての打数で2点タイムリー安打を放ち(初打席は死球)、自らの負けを消した。結局この試合はドジャースが7対3で勝利したがビリングズリーには勝利は付かなかった。この年は18試合(うち16先発)に登板して7勝を挙げた。

2007年の開幕時はブルペンで迎えることとなった。しかしジェイソン・シュミットが故障者リスト入りしたため、6月21日からは再び先発に回ることとなり[3]規定投球回未満ながら12勝を挙げた。

2008年は開幕から先発ローテーションを任され、7月30日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦では5安打、8奪三振、1四球という内容で自身初の完封勝ちを記録した。この年は200.2回を投げ16勝10敗、リーグ5位となる201奪三振、防御率3.14を記録した。9月6日にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスブランドン・ウェブと投げあい、ビリングズリーは14勝目を挙げ、この勝利でドジャースは地区首位に浮上しそのまま地区優勝を果たした[4]。ポストシーズンでは3試合に先発し、初先発となったシカゴ・カブスとのディビジョンシリーズ第2戦では、6.2回を1失点に抑え勝利。しかし残る2試合ではフィラデルフィア・フィリーズとのリーグチャンピオンシップシリーズの第2戦で2.1回を投げ8失点(自責7)で敗戦投手となり、第5戦でも2.2回を3失点と活躍を見せることが出来なかった。

シーズンオフの2008年11月21日レディングの自宅郊外で氷の上で転倒し腓骨を骨折した[5] 。しかし、春季キャンプ開始までに回復し大事には至らなかった。

2009年は開幕から5連勝を記録し、オールスターに初めて選出された。しかし、閉幕にかけて5連敗でシーズンを終え、プレーオフでは先発から外れ、リリーフとして起用された[6]

2010年は31試合を投げ、前年と同じ12勝11敗でシーズンを終えた。

2011年スプリングトレーニング期間内に総額3500万ドルの3年契約を結んだ。6月5日シンシナティ・レッズ戦で自身初の本塁打をトラビス・ウッドから放った。

2012年7月7日のダイヤモンドバックス戦で通算1000奪三振を記録。9月5日に肘関節の尺側側副靱帯損傷のため残りのシーズンを休養に回した。本来トミー・ジョン手術で治療する怪我だったがビリングズリーはPRP療法を選択し、手術を回避した。

2013年のスプリングトレーニングでは右肘の違和感なく過ごしていたが、4月19日に右肘の圧迫感・痛みを訴え、4月20日にMRI検査で靭帯の損傷が明らかになり、翌日故障者リスト入りした。4月24日にトミー・ジョン手術を受け、2013年の残りシーズン全てをリハビリに費やすことになった[7]

2014年は、プレーする事は無かった。オフに契約オプションを破棄され、10月30日FAとなった。

フィリーズ時代編集

2015年1月29日にフィリーズと1年150万ドルで契約を結んだ[8]。フィリーズでは2年ぶりにメジャーのマウンドに登り、7試合に先発登板した。しかし、防御率5.84・2勝3敗・WHIP1.65という成績に終わり、往年の実力を取り戻す事は出来なかった。同年11月2日にFAとなった[9]

選手としての特徴編集

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2006 LAD 18 16 0 0 0 7 4 0 0 .636 403 90.0 92 7 58 3 3 59 5 0 43 38 3.80 1.67
2007 43 20 1 0 0 12 5 0 3 .706 623 147.0 131 15 64 3 3 141 5 0 56 54 3.31 1.33
2008 35 32 1 1 1 16 10 0 1 .615 859 200.2 188 14 80 6 8 201 10 0 76 70 3.14 1.34
2009 33 32 0 0 0 12 11 0 0 .522 823 196.1 173 17 86 7 7 179 14 0 94 88 4.03 1.32
2010 31 31 1 1 0 12 11 0 0 .522 817 191.2 176 8 69 7 10 171 4 0 82 76 3.57 1.28
2011 32 32 1 0 0 11 11 0 0 .500 829 188.0 189 14 84 4 7 152 5 0 98 88 4.21 1.45
2012 25 25 0 0 0 10 9 0 0 .526 634 149.2 148 11 45 2 5 128 5 0 66 59 3.55 1.29
2013 2 2 0 0 0 1 0 0 0 1.000 49 12.0 12 1 5 0 0 6 0 0 4 4 3.00 1.42
2015 PHI 7 7 0 0 0 2 3 0 0 .400 165 37.0 53 5 8 0 1 15 2 0 26 24 5.84 1.65
MLB:9年 226 197 4 2 1 83 64 0 4 .565 5202 1212.1 1162 92 499 32 44 1052 50 0 545 501 3.72 1.37
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 58 (2006年 - 2013年)
  • 38 (2015年 - )

脚注編集

  1. ^ Gurnick, Ken (2007年6月20日). “Notes: Pierre's numbers improving” (英語). MLB.com. 2010年7月22日閲覧。
  2. ^ Dodgers rated No. 1 in Baseball America Minor League talent rankings” (英語). MLB.com (2006年2月21日). 2010年7月22日閲覧。
  3. ^ Gurnick, Ken (2007年6月19日). “Notes: Billingsley's opportunity knocks” (英語). MLB.com. 2010年7月22日閲覧。
  4. ^ 2008 Los Angeles Dodgers Schedule, Box Scores and Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2010年7月22日閲覧。
  5. ^ Associated Press (2008年11月23日). “Dodgers ace Billingsley has surgery after breaking leg in fall at home”. ESPN.com. 2008年11月24日閲覧。
  6. ^ ESPN.com news services (2009年10月14日). “Lefty Kershaw starting Game 1” (英語). ESPN.com. 2010年7月22日閲覧。
  7. ^ [Chad Billingsley injury: Dodgers RHP needs Tommy John surgery, out for year http://www.truebluela.com/2013/4/23/4257314/chad-billingsley-injury-dodgers-elbow-surgery]
  8. ^ Phillies sign RHP Chad Billingsley”. ESPN (2015年1月30日). 2015年2月7日閲覧。
  9. ^ Transactions | phillies.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集