メインメニューを開く

テクノプラザ岐阜県各務原市に整備している先進情報産業団地(研究開発拠点)、VRテクノジャパンの中核となる施設である。

VR技術、ロボット技術などの科学技術の研究開発拠点である。21世紀型モノづくりの拠点として、岐阜県科学技術振興センター、VRテクノセンターを中心に、ITとモノづくりの融合を推進している。また、ベンチャー企業の育成をはじめ、新技術創出、モノづくり支援などのを行っている。テクノプラザ出身の企業からは上場企業(日本一ソフトウェア)も誕生している。

目次

主な施設編集

  • テクノプラザ本館
    • 1998年(平成10年)完成。設計は建築家のリチャード・ロジャース
    • 敷地面積約23,600m2。延床面積約11,400m2。南棟に隣接する丘の上に北棟があり、外観上は2つの建物であるが、階数の都合上、一つの建物の扱いをする場合がある。北棟(4階~5階)は岐阜県科学技術振興センター、南棟(1階~3階)は第三セクターのVRテクノセンターが使用する。
    • 北棟には科学技術図書館、研修室、会議室がある。南棟はVRテクノセンターを中心に、ベンチャー企業の貸オフィスがある。
  • テクノプラザ2
    • 分譲地。約15ha。 (2005年完成)
  • テクノプラザ3
    • 分譲地。約11.8ha。 (2010年完成予定)

所在地編集

  • 岐阜県各務原市テクノプラザ1-1
    • 地名変更にともない2008年1月4日付けで上記住所に。旧住所は岐阜県各務原市須衛町4丁目179-1。

交通編集

公共交通機関編集

自動車編集

関連項目編集

外部リンク編集