テックビューロ株式会社は、プライベート・ブロックチェーン製品『mijin』や、NFTやFTを扱うマーケットプレイス『COMSA』など、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発し提供している[2][3]

テックビューロ株式会社
Tech Bureau, Corp.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
550-0004
大阪府大阪市西区靱本町1丁目5番18号
ミフネ本町ビル10F
設立 2014年6月16日
業種 情報・通信業
法人番号 1120001184556 ウィキデータを編集
事業内容 暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発提供するクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)
代表者 朝山貴生
資本金 4億2058万2000円(2017年03月31日時点)[1]
純利益 ▲2億4971万8000円(2017年03月31日時点)[1]
総資産 11億6401万4000円(2017年03月31日時点)[1]
決算期 3月
主要株主 朝山 貴生 76.5%
日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合 16.5%
朝山 道央 4.1%
(2016年4月27日時点)
外部リンク https://techbureau.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

  • 2017年11月6日 - タイムバンクCOMSAでのICOを合意、早ければ年内に実施を予定[4]
  • 2018年2月1日 - 社内にセキュリティ対策室を設置することによって、Zaif関連サービスの更なるセキュリティ強化とインシデント対応の迅速化を目指すことを公表[5]
  • 2018年2月9日 - テックビューロを含む数社が立入検査を受けている模様と報道あり[6]
  • 2018年7月2日 - ソフトウェア開発・販売事業を分社化し、新会社テックビューロホールディングス株式会社に承継させた[7]
  • 2018年9月20日 - 仮想通貨67億円分が流出したと発表した[8]。翌日、流出した仮想通貨が当初の発表より約3億円分多い約70億円分だったと発表する[9]
  • 2018年11月22日 - フィスコ仮想通貨取引所に暗号資産取引所である「Zaif」の事業譲渡を完了した[10]
  • 2019年8月22日 - 仮想通貨交換業の登録を返上することを発表。12月以降に交換業を廃業する予定[11]
  • 2020年5月20日 - COMSA事業を継続することを発表した[12]
  • 2021年9月1日 - テックビューロホールディングスを吸収合併した[13]
  • 2021年10月25日 - 新生COMSAのローンチとCMS:XYMトークンのエアドロップを実施する事を発表した[14]
  • 2022年1月26日 - NFTやFTを扱うマーケットプレイスである新しい「COMSA」を提供を開始することを発表した[15]
  • 2022年1月31日 - NFTやFTを扱うマーケットプレイス「COMSA」の提供を開始する[16]

事業内容編集

mijin編集

Mijinとは企業内もしくは企業間で利用するプライベートブロックチェーンであり、その開発や販売事業を行う[17][18]NEMのコア開発者と合流してmijinを開発したことで、NEMと同じAPIを利用することができるようになり、NEMとの互換性を実現している[19]。また金融機関や認証システム、電子マネーといった幅広い分野で利用される事が想定され[17]、実際に金融機関のコストを90%削減すると同時にセキュリティを強化するように設計されている[20]。2018年5月14日には「mijin」のアップデート版として「mijin Catapult (v.2)」を一般公開し[21]、2019年6月12日には製品版を公開した。それにより、異なるブロックチェーン間でのトークン交換や複数トランザクションの一括処理が可能になり、また処理速度やスケーラビリティが向上した[22][23]

mijinを使った実証実験編集

2015年12月、日本のSBI住信ネット銀行は、日本の大手研究グループであるNRIにNEMブロックチェーン技術Mijinのテストを依頼した。彼らは3ヶ月間に渡ってさまざまな取引を行い、1日に200万件を超える取引を行って2,500,000件の口座を実証テストした。ネットワークは、可用性フォールトトレランスを測定してさらにストレステストに合格した[24]

また、さくらインターネットはテックビューロと協力して、Mijinの6ヶ月の無料試用版を提供している[25]

インフォテリアはテックビューロと協力してブロックチェーン接続アダプタ「mijinアダプタ」を開発し、ミャンマーのマイクロファイナンス機関「BC Finance」の融資・貯金の基幹システムの勘定データをエンタープライズソフトウェア「ASTERIA WARP」と「mijinアダプタ」を使ってMicrosoft Azure上に配置した「mijin」に移行する実証テストを実行し、成功をした[26][27]

COMSA編集

COMSAとはNFT(非代替性トークン)やFT(代替可能トークン)を扱うマーケットプレイスであり、アセットのトークン化やトークンの取引、トークン保有を多くの人ができる事を目指す。発行できるNFTには、ユニークNFTとシリーズNFTがある。

ユニークNFT
発行数が1つのもので、世界で唯一のアセット。
シリーズNFT
発行数が複数のもので、個々に刻印やシリアル番号が付く。

また、発行できるFTには、NCーFT(Non-Circulatable FT:非循環型FT)があり、同じアセットは複数発行したものである。

マーケットプレイスにおけるアセットの販売は、オークションと二次流通の形式があり、XYMもしくはCMS:XYMを用いて取引される[15]

COMSAローンチまでの経緯編集

COMSAは当初、トークンの発行販売を用いた資金調達「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションとして初まった[28]。これは「COMSA CORE」と「COMSA HUB」の2つの製品からなりたつ。「COMSA CORE」はトークンの総量をコントロールするソフトウェアであり、「COMSA HUB」はmijinとパブリックブロックチェーンの間でトークンの残高をコントロールして価値の移転ができるソフトウェアである[29][30]

2019年時点での日本国内におけるトークンの法的位置づけや自主規制の内容が定まっていない事や[31]、2020年5月1日に施行された改正資金決済法、及び改正金融商品取引法の内容から新規ICOプロジェクトが難しくなった事で、ブロックチェーン上のトークン発行支援をするビジネスモデルに変更した[12]。2022年1月26日にNFTやFTを扱うマーケットプレイスとして提供開始することを発表し[15]、日本時間の2022年1月31日から提供を開始した[16]

提供していたサービス編集

Zaif
仮想通貨取引所「Zaif」の運営[9]
2017年9月29日に、改正資金決済法 第六十三条の二に規定される仮想通貨交換業者としての登録(近畿財務局長 登録番号00002号)を完了し、正式な仮想通貨交換業者としての営業を開始した[11]。また、女優である剛力彩芽がZaifのCMに出ていた事で話題になった[32]。2018年9月20日には仮想通貨67億円分が流出したと発表し[8]11月22日にフィスコ仮想通貨取引所(現・株式会社 Zaif)に暗号資産取引所である「Zaif」の事業を譲渡した[10]。2019年8月22日に仮想通貨交換業者を廃業することを発表した。仮想通貨交換業者が登録を返上し、廃業するのは初のケースとなる[11]


発行したトークン編集

ZAIFトークン編集

ZAIFトークンとは、2015年にZaifを運営していたテックビューロ社のブランディングを目的に発行されたトークン。COMSAのICOでは、COMSAトークンを購入する通貨に選ばれた。当初はカウンターパーティートークンとして発行されたが、ERC-20トークンへの移行およびZAIF:XYMのエアドロップを予定している[33]

COMSAトークン編集

COMSAトークン(CMS)とは、COMSAプラットフォームの内部通貨であり、2017年にCOMSAプロジェクトのICOによる資金調達で販売された[34]。CMSトークンの購入において、ビットコイン、イーサリアム、XEM、Zaifトークンのいずれかの暗号通貨建てで支払う形で行われ、約9540万ドル(約109億円)を調達した。COMSAトークンは発行元となるブロックチェーンがイーサリアムとNEMとSymbolで発行されている。イーサリアムで発行されるトークンは「CMS:ETH」と呼ばれ、NEMで発行されているCMSトークンは「CMS:XEM」と呼ばれ、Symbolで発行されるCMSトークンは「CMS:XYM」と呼ばれる[35]

ICOの時はイーサリアムとNEM上で発行されたが、その後「CMS:XEM」を保有している人に対して「CMS:XYM」がエアドロップされた[14]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c テックビューロ株式会社 第3期決算公告
  2. ^ テックビューロ株式会社の会社情報と資金調達 | 日経テレコン” (日本語). www.nikkei.com. 2021年10月30日閲覧。
  3. ^ テックビューロホールディングス株式会社の会社情報と資金調達 | 日経テレコン” (日本語). www.nikkei.com. 2021年10月30日閲覧。
  4. ^ “タイムバンクがテックビューロ社のCOMSAでのICOを合意、早ければ年内に実施を予定”. jiji.com 時事ドットコムニュース. (2017年11月6日10:01). https://www.jiji.com/jc/article?k=000000076.000012906&g=prt 2018年2月6日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)運営のテックビューロ、セキュリティ対策室設置”. VenterTimes. (2018年2月2日). http://venturetimes.jp/cryptocurrency/c-exchange/zaif/32550.html 2018年2月5日閲覧。 
  6. ^ “金融庁、2社への立ち入りに着手=仮想通貨取引所、順次対象を拡大”. 時事ドットコム. (2018年2月9日). オリジナルの2018年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180209182408/https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020900356&g=eco 2021年4月5日閲覧。 
  7. ^ ソフトウェア開発・販売事業の分社化に伴い、テックビューロ ホールディングス株式会社を設立”. PR TIMES (2018年7月2日). 2021年4月5日閲覧。
  8. ^ a b Zaif、不正アクセスでビットコインなど約70億円相当流出
  9. ^ a b 須藤龍也、山口博敬 (2018年9月22日). “ネットと常時接続、70億円分流出招く Zaif、管理態勢に疑問”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 9 
  10. ^ a b 株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡完了のお知らせ
  11. ^ a b c データを読む テックビューロ、仮想通貨交換業の登録業者では初の廃業へ 東京商工リサーチ 2019年8月22日
  12. ^ a b テックビューロのCOMSAが新方針、次世代NEMやmijinなど活用の「トークン発行支援事業」について” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年10月30日閲覧。
  13. ^ 合併に関するお知らせ”. テックビューロ株式会社 (2021年9月1日). 2021年11月21日閲覧。
  14. ^ a b テックビューロ、新生COMSAのサービス開始予定と「CMS:XYM」のエアドロップを発表” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年10月30日閲覧。
  15. ^ a b c テックビューロ、新「COMSA」ローンチを発表” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2022年1月27日閲覧。
  16. ^ a b テックビューロ、NFTとNCFTを扱うマーケットプレイス「COMSA」提供開始” (日本語). あたらしい経済 (2022年2月2日). 2022年2月2日閲覧。
  17. ^ a b テックビューロ ホールディングス、ネム財団との業務提携を発表|mijin CatapultはAWSに提供へ” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年10月30日閲覧。
  18. ^ 株式会社インプレス (2018年7月31日). “テックビューロHD、ブロックチェーン製品の導入支援「mijin PoCパック」を発表 〜「mijin v.1」の導入検討から検証発表までをパッケージ化したコンサルプラン” (日本語). 仮想通貨 Watch. 2022年1月2日閲覧。
  19. ^ 「2017年は日本でもブロックチェーンの実用例を見る年に」--テックビューロ” (日本語). ZDNet Japan (2017年4月27日). 2021年10月30日閲覧。
  20. ^ Brave New Coin”. bravenewcoin.com. 2021年10月30日閲覧。
  21. ^ ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開” (日本語). 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ. 2021年10月30日閲覧。
  22. ^ 次世代ブロックチェーンプラットフォーム「mijin Catapult (v.2)」製品版を一般公開、NEMパブリックチェーンとの連携強化” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年10月30日閲覧。
  23. ^ 株式会社インプレス (2019年6月12日). “テックビューロHD、「mijin Catapult (v.2)」製品版を提供開始 〜一般公開から約1年の開発・検証を経て処理速度とスケーラビリティを大幅に改善” (日本語). 仮想通貨 Watch. 2021年10月30日閲覧。
  24. ^ 日経クロステック(xTECH). “住信SBIネット銀とNRI、ブロックチェーンの銀行業務向け実証実験を開始” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2021年4月5日閲覧。
  25. ^ 日経クロステック(xTECH). “さくらインターネットとテックビューロ、ブロックチェーン実験環境を無償提供へ” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2021年4月5日閲覧。
  26. ^ インフォテリアとテックビューロが協業、「ASTERIA WARP」とブロックチェーン接続アダプタを開発”. Biz/Zine. 2021年4月8日閲覧。
  27. ^ インフォテリアとテックビューロ、マイクロファイナンスのプライベート・ブロックチェーンを実証”. Biz/Zine. 2021年4月8日閲覧。
  28. ^ 仮想通貨 コムサ(COMSA)とは?” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2022年1月5日閲覧。
  29. ^ テックビューロがCOMSA事業の方針変更を発表” (日本語). あたらしい経済 (2020年5月21日). 2022年1月5日閲覧。
  30. ^ 株式会社インプレス (2019年12月3日). “テックビューロHD、「COMSA HUB」の製品版を公開 〜仮想通貨やトークンをプライベートチェーン上で扱うICO総合基盤の一角” (日本語). 仮想通貨 Watch. 2022年1月5日閲覧。
  31. ^ テックビューロ社、COMSAのホワイトペーパー 記載事業の現状報告を公表” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2022年1月5日閲覧。
  32. ^ 女優 剛力彩芽さんが仮想通貨取引所「Zaif」のテレビCMに登場!!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年10月30日閲覧。
  33. ^ 暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説” (日本語). 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ. 2022年1月10日閲覧。
  34. ^ 日本初の大型ICO「COMSA」のトークンが12月4日上場【ICOレポート】」『Reuters』、2017年12月1日。2022年1月10日閲覧。
  35. ^ COMSA(コムサ)ってどんな仮想通貨?【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】 | 仮想通貨コラム | 仮想通貨(暗号資産)の比較・ランキングならHEDGE GUIDE” (日本語). hedge.guide (2021年11月5日). 2022年1月10日閲覧。

外部リンク編集