メインメニューを開く

テニス日本リーグ(テニスにほんリーグ、英語: Tennis Japan League)は、公益財団法人日本テニス協会が主催するテニスの実業団チームによる日本最高峰の団体戦でありトップリーグである。

テニス日本リーグ
横浜国際プール.jpg
競技 テニス
主催 公益財団法人日本テニス協会
開始年 1986年
参加チーム 男子:16
女子:12
日本の旗 日本
前回優勝 男子:エキスパートパワーシズオカ
女子:島津製作所
公式サイト 公式サイト

概略編集

1987年1月24日に第1回日本リーグが開幕。本大会は毎年12月から1月ないし2月にかけて開催される。 最多優勝は、男子がNECの8回、女子がワコールの7回である。

会場編集

試合方式編集

2シングルス・1ダブルスによる対抗戦。 2ブロック制の1st・2nd ステージ(2つの期間)で決勝トーナメントを目指す。男子16チーム(8チーム2ブロック)、女子12チーム(6チーム2ブロック)が出場しラウンドロビン方式(総当たり戦)で展開。2つのブロックを「レッドブロック」と「ブルーブロック」と呼ぶ。

決勝トーナメントには男子6チーム、女子4チームが進出しノックアウト方式で優勝を争う。

各ブロックの1st・2nd下位2チームは全国実業団対抗テニストーナメントへ降格となる。

予選編集

日本リーグ出場へは、実業団対抗都道府県大会、地域大会を勝ち抜き、全国実業団対抗テニストーナメントに進出する必要がある。

全国実業団では日本リーグからの降格チームも加え、上位チームが日本リーグ昇格となる。

チーム編成編集

部長、監督、トレーナー、マネージャー各1名他合計8名以内、選手4名以上9名以内とし、プロアマは問わない(各チームの連絡担当者は、メンバー登録者に限る)。

ただし、JTA登録のない外国籍選手の出場は、1対抗につき、1ポイント以内とする。 3年以上在住するアマチュアの外国籍選手については出場制限をしない。

出場チーム編集

歴代優勝チーム編集

年度 男子 女子
1 1886 朝日生命 朝日生命
2 1887 朝日生命 朝日生命
3 1888 朝日生命 ワコール
4 1889 朝日生命 朝日生命
5 1990 朝日生命 ワコール
6 1991 日本電気 ワコール
7 1992 NEC NEC
8 1993 NEC NEC
9 1994 NEC ワコール
10 1995 NEC NEC
11 1996 NEC 豊田自動織機
12 1997 三基商事 豊田自動織機
13 1998 NEC ワコール
14 1999 北日本物産 NEC
15 2000 NEC ワコール
16 2001 三基商事 北日本物産
17 2002 北日本物産 ワコール
18 2003 北日本物産 北日本物産
19 2004 ミキプルーン 荏原製作所
20 2005 ソニー 北日本物産
21 2006 ミキプルーン 北日本物産
22 2007 ミキプルーン 北日本物産
23 2008 ミキプルーン リビック
24 2009 ソニー リビック
25 2010 リビック リビック
26 2011 ライフ・エヌ・ピー リビック
27 2012 イカイ リビック
28 2013 イカイ 島津製作所
29 2014 三菱電機 島津製作所
30 2015 エキスパートパワーシズオカ 島津製作所
31 2016 エキスパートパワーシズオカ 島津製作所
32 2017 三菱電機 橋本総業ホールディングス
33 2018

表彰編集

優勝チームにはJTAより賞状、優勝旗、優勝杯(以上持ち回り)が授与。また個人賞はMVP・最優秀選手男女各1名、優秀選手・敢闘選手は男女各最大4名決定。また最優秀新人も男女各1名選出。

関連項目編集

外部リンク編集