トウカエデ(唐楓[2]学名Acer buergerianum)は、ムクロジ科カエデ属[注 1]の落葉高木である。中国名は三角楓(三角槭)[1]ともよばれ、英語圏では trident maple (トライデント・メイプル)、漢字名は「唐楓」とされる。よく街路樹や公園樹などにされる。

トウカエデ
Acer buergerianum1.jpg
トウカエデ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
: ムクロジ目 Sapindales
: ムクロジ科 Sapindaceae
: カエデ属 Acer
: トウカエデ A. buergerianum
学名
Acer buergerianum Miq.[1]
和名
トウカエデ(唐楓)
トウカエデの実
成熟した種子

特徴編集

中国南東部・台湾原産[3][2]。日本へは18世紀初期に渡来した[3]。道路の街路樹や、公園などでよく見かける[2]

落葉広葉樹の高木[3]。成長は早く強健であり一般に高木になる。樹形は立性で、ふつうに育てば丸い樹形になるが、街路樹で見かけるものは刈られて全体に細いものが見られる[2]樹皮は灰色っぽい褐色で、成長とともに縦に裂けて、ささくれたように短冊状に剥がれて、特徴的な外観になる[3][2]。一年枝は淡褐色や赤褐色で皮目が多い[2]

対生してよく茂り、葉身の長さは4 - 8センチメートル (cm) で、薄く光沢がある[3]。先の方が浅く3裂し[3]、裏面に白粉がある。秋は黄葉紅葉が美しい[3]

開花時期は春(4 - 5月)[3]雄花両性花をつけ[3]、淡黄色5弁で、散房状につける。

果実は2枚の翼果で。平行または鋭角に開き[3]、秋に結実する。紅葉よりも大きい。

冬芽は長卵形で、淡褐色から褐色をした多数の芽鱗が若干開いて重なり、芽鱗の縁には毛がある[2]。枝先につく頂芽は頂生側芽を伴い、側芽は枝に対生する[2]。冬芽のわきにある葉痕はV字形や倒松形で、維管束痕が3個つく[2]

園芸品種として、葉がピンクから白、黄緑、緑、赤に変化する花散里(メープルレインボー)や斑入り品種などがある。 フウにとても似ていてあまり見分けがつかない。

利用編集

大気汚染に強く、暖地では街路樹によく植えられている[3]。日本では庭木の他、公園樹街路樹としてよく用いられており、盆栽にもされる[3]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ APG体系ではムクロジ科に分類されるが、古いエングラー体系クロンキスト体系ではカエデ科に分類されていた[1]

出典編集

  1. ^ a b c 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Acer buergerianum Miq.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年10月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 112.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 138.

参考文献編集

  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、112頁。ISBN 978-4-416-61438-9
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、138頁。ISBN 4-522-21557-6

関連項目編集

外部リンク編集

トウカエデ青木繁伸