メインメニューを開く

トヨタ・TF106トヨタ2006年のF1世界選手権に投入したフォーミュラ1カーである。

トヨタ・TF106/TF106B
アメリカGPでインディアナポリス・モーター・スピードウェイを走行するTF106B (ドライバーはヤルノ・トゥルーリ)
カテゴリー F1
コンストラクター トヨタ
デザイナー マイク・ガスコイン
先代 トヨタ・TF105
後継 トヨタ・TF107
主要諸元
シャシー カーボンファイバー ハニカム
サスペンション(前) カーボンファイバー ダブルウィッシュボーン, カーボンファイバー製トラックロッド、プッシュロッド
サスペンション(後) カーボンファイバー ダブルウィッシュボーン, カーボンファイバー製トラックロッド、プッシュロッド
エンジン トヨタ・RVX-06, ミッドエンジン 2.4リッター V8
トランスミッション トヨタ / Xtrac製 前進7速 + 後進1速
燃料 エッソ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム パナソニック トヨタ・レーシング
ドライバー 7. ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ
8. イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2006年バーレーングランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
18 0 0 0
テンプレートを表示

開発編集

通常、新車のシェイクダウンは年明けに行われるが、トヨタは2005年シーズン閉幕から間もない11月末に早々とTF106を発表した。ウィンターテストで走行距離を稼ぎ、開幕前に新エアロパッケージを投入し、さらに前半戦にはBスペックマシンを投入するという前倒しのアップデートを計画していた。

フロントサスペンションはTF105Bを踏襲し、モノコックにシングルキールの突起を残したままゼロキール方式としている[1]。リアサスペンションの構成は改良され、ロータリーダンパーをストレートダンパーに戻したことで、過去2年悩まされていたリアの挙動を抑えることが出来た。

レギュレーション変更に伴い、エンジンは3リッターV10から2.4リッターV8にサイズダウンされた。エンジンの全長が短くなった分、シャシーとエンジンの間に100mmのスペーサーを入れて、従来と変わらないホイールベースにしている[1]

また、タイヤメーカーは参戦以来契約していたミシュランからブリヂストンユーザーに転向した。テストでは特性の異なるブリヂストンタイヤを理解することに重点が置かれた。

TF106B編集

第7戦モナコGPから投入されたTF106Bスペックでは、主に重量バランスが改善された。シャシーとエンジンの間に挟んでいたスペーサーを取り除き、燃料タンクを延長することでホイールベースの帳尻を合わせた[1]。これにより全体の剛性が強化されている。

シャシーはノーズ下部のセンターキールが撤廃され、ゼロキールの目的である気流の通過促進に見合う形になった[1]。フロントサスペンションのジオメトリーも変更され、プッシュロッドの傾斜角がきつくなった。ノーズ上面にはプルロッドのピックアップ用バルジが付けられたが、この空力的影響は小さい。

スペック編集

 
カナダGPでタンデム走行するTF106B

シャシー編集

  • シャシー カーボンファイバー及びハニカム構造
  • フロントサスペンション カーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン プッシュロッド アクティブ・ロッカー/トーションバー ダンパー及びアンチロールバー一式
  • リアサスペンション カーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン プッシュロッド アクティブ・ロッカー/トーションバー ダンパー及びアンチロールバー一式
  • ショックアブソーバー ペンスキー
  • ホイール BBS
  • 燃料タンク ATL
  • タイヤ ブリヂストン ポテンザ
  • ブレーキキャリパー ブレンボ
  • ブレーキ素材 ヒッコ (前後カーボン製)
  • エレクトロニクス トヨタ/マニエッティ・マレリ
  • トランスミッション トヨタ製メインケース/Xtrac製内部構造 シーケンシャル7速+リバース
  • 全長 4,530 mm
  • 全幅 1,800 mm
  • 全高 950 mm
  • ホイールベース 3,090 mm
  • 重量 600 kg(ドライバー、カメラ含む)

エンジン編集

  • 型式 トヨタRVX-06
  • 気筒数・角度 V型8気筒・90度
  • 排気量 2,398cc
  • 最高回転数 約 19,000 回転
  • 馬力 約 740 馬力
  • スパークブラグ デンソー
  • 燃料及び油脂類 エッソ

2006年シーズン編集

第1戦では14位と16位と不調に終わったが、第3戦ではラルフ・シューマッハが3位を取った。しかし、昨年の88ポイントにはまったく及ばず、不調のシーズンとなった。テクニカルディレクターのマイク・ガスコインはシーズン序盤にチームを去り、以後は集団指導体制での開発に方向転換した。

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ポイント ランキング
BHR
 
MAL
 
AUS
 
SMR
 
EUR
 
ESP
 
MON
 
GBR
 
CAN
 
USA
 
FRA
 
GER
 
HUN
 
TUR
 
ITA
 
CHN
 
JPN
 
BRA
 
2006 7  ラルフ・シューマッハ 14 8 3 9 Ret Ret 8 Ret Ret Ret 4 9 6 7 15 Ret 7 Ret 35 6位
8  ヤルノ・トゥルーリ 16 9 Ret Ret 9 10 17 11 6 4 Ret 7 12 9 7 Ret 6 Ret
  • ドライバーズランキング
    • ラルフ・シューマッハ 20ポイント 10位
    • ヤルノ・トゥルーリ 15ポイント 12位

脚注編集

  1. ^ a b c d TF106の進化を分析する”. F1アーカイブ. トヨタ自動車. 2012年3月7日閲覧。

外部リンク編集

  • TF106 - トヨタモータースポーツ F1アーカイブ