メインメニューを開く

トーマス・バッハ(Thomas Bach, 1953年12月29日 - )は、ドイツ弁護士。第9代国際オリンピック委員会 (IOC) 会長。筑波大学名誉博士[1]1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟 (DOSB) 会長を歴任。

トーマス・バッハ
Thomas Bach
14-01-10-tbh-015.jpg

任期 2013年9月10日

出生 (1953-12-29) 1953年12月29日(65歳)
西ドイツの旗 西ドイツヴュルツブルク
獲得メダル
男子フェンシング
オリンピック
西ドイツの旗 西ドイツ
1976 フルーレ団体

経歴編集

西ドイツ(のちのドイツ)のバイエルン州ヴュルツブルク出身。ヴュルツブルク大学法学部法律を学んだ。1976年モントリオールオリンピックフェンシングフルーレ団体で西ドイツチームの一員として金メダルを獲得した。

1991年にIOC委員となり、1996年に理事に就任。2000年 - 2004年2006年 - 2013年は副会長を務めた。2013年9月10日アルゼンチンブエノスアイレスで行われた第125次IOC総会で、ジャック・ロゲの後任として第9代IOC会長に選出された[2]

2016年10月20日に、筑波大学で講演した折に筑波大学の名誉博士号が授与された[1]

功績編集

脚注編集

外部リンク編集

その他の役職
先代:
  ジャック・ロゲ
  国際オリンピック委員会会長
第9代:2013年 -
次代:
現職